みなさんおはようございます!

スイカの美味しい季節になりましたね☆私は今年に入って初めてスイカを食べました。

スーパーで6分の1カット、400円で売っていたので☆

実は私、スイカが大好きなんです‼︎

 

夏生まれの私は、子供の頃「ケーキよりもスイカがいい!」と言って誕生日にスイカを丸ごと買ってもらい、母と一緒に中身をくり抜いて、くり抜いたスイカと缶詰めのフルーツを混ぜ合わせて、フルーツポンチにして、ケーキ代わりにしていました。

 

スイカの切り口を母に包丁でギザギザにアレンジしてもらうと、さらにオシャレに見えて、毎年、誕生日にこのフルーツポンチを食べるのが楽しみで、誕生日が待ち遠しかったものです☆

(今は誕生日が近づくたびにため息ですが。笑)

 

娘にも、もう少し大きくなったらこのフルーツポンチを作ってあげようと思います。

 

子供の頃は、ただ「好きだから」という理由で食べていたスイカ。

 

大人になってからの私は、好きという理由以外にも、スイカが美容効果を高める効果がある事を知り、その魅力にひかれ、食べています。

 

今日はスイカの効能と、スイカの「皮」を使ったレシピをご紹介します☆

 

スポンサーリンク

スイカには女性に嬉しい「美容成分」が含まれている!

スイカはほとんどが水分で、むくみの原因になりそうだし、大して栄養もなさそうだから食べない。という人…

もったいないです‼︎

 

確かにスイカは約90%が水分と言われていますが、実は女性に嬉しい美容成分もしっかり含まれていますので、おやつ代わりや小腹が空いた時に食べる物として、オススメの食べ物なのです。

 

スイカに含まれる美容成分のうち、ぜひとも知って頂きたいのは

  • リコピン
  • カリウム
  • βカロテン
  • シトルリン

この4つです。一度は耳にしたことのある言葉もありますよね?

 

リコピンといえば、トマトに多く含まれ、老化の原因になる体内の酸化(サビ)を予防・改善するのに効果的とされ、アンチエイジングが望めるという事で、一時期、スーパーでトマトジュースが売り切れになる事もありました。

 

私はもともとトマトジュースが好きで、ただ飲みたいという理由で、スーパーにあった最後のトマトジュース1本を購入しようと手に取った瞬間、大量買いしていたおばさまに「チッ」と舌打ちをされてしまった事がありました。

 

なぜかそこから若干、トマトジュースに対してトラウマができ、あまり飲まなくなってしまった私…(臆病者。笑)

 

話はそれましたが、トマトに多く含まれるとされるリコピン。なんとスイカにはトマトの約1.4倍ものリコピンが含まれているのです‼︎

 

そして、むくみの予防・改善に効果的なカリウム、肌の調子を整えてくれるβカロテンも一緒に摂る事ができます

 

そしてもう1つ、「シトルリン」についてなのですが、あまり聞いた事ないですよね。

 

このシトルリンは、1930年に日本でまさに!スイカから発見された成分で、血流を良くする作用があり、冷えやむくみに効果があるのはもちろん、血流が良くなる事で体の隅々まで栄養が届くようになるので、美肌効果も期待されています

 

スイカが美味しい季節だからこそ、ぜひ、おやつ代わりに美容効果が高いスイカを食べてみてください。

 

スーパーにもし、カットされているスイカがあれば、価格もお手頃で、食べきりサイズなので、無駄にしてしまう心配がある方は、カットのスイカがオススメです。

 

カットされているスイカも、赤い実の部分だけのものと、皮がついてカットされているものがありますが、私は皮付き派‼︎という方。

 

ぜひ「皮」も食べてみてください!

 

美味しくないし嫌だよ…と思いましたよね。実はこの「皮」にも栄養が含まれているので、赤い実の部分を食べたらハイ終わり!ではもったいないんです。

(緑の部分はちょっと固いので、すいかの皮の白い部分を食べましょうね)

 

スポンサーリンク

スイカの「皮まで」食べられる!驚きのレシピ

スイカには血流を良くする「シトルリン」が含まれていると先ほどご紹介しましたが、このシトルリン、なんと皮の方に多く含まれているのです!

 

「ジョブチューン」という番組でも、最近、「冷え性が改善する」とすいかの皮が話題に取り上げられていました。

 

つまり、スイカ丸ごと栄養があり、捨てるところがないんです。

 

スイカの皮をかじると、なんとなくキュウリのような味がしませんか?

スイカもキュウリも「ウリ科」なので、同じ味でも不思議はないんですよね。

 

という事は、キュウリと同じように調理すれば美味しく食べられるという事です☆

 

手抜きで簡単!「スイカの漬物」

日本人は漬物、大好きですよねー。

私の家では毎食、必ず何かしらの漬物が食卓に並びます☆

 

我らが愛する「漬物」は、スイカの皮(白い部分)と塩さえあれば簡単にできてしまうのです☆

 

【作り方】

1.ピーラーなどで緑の固い部分を取ったスイカの皮を食べやすいサイズに切ります。

 

2.ジップロックに、切ったスイカの皮と塩を適量入れて、振ったりもんだりして塩をなじませます。

 

3.できるだけ、ジップロック内の空気を抜いて冷蔵庫で30分冷やせば完成です!

 

塩加減はそれぞれのご家庭で好みがあると思いますので、まずは少なめから試してみて、塩加減が足りないと感じたらまた少し塩を足していく…という方が、失敗は少ないです。

 

もっと手抜きでいくとすれば、お店に売っている「浅漬けの素」でモミモミして作る方法もあります☆

 

甘酸っぱさがたまらない!「酢の物」

私は酢の物が大好きなので、スイカの皮でも作ってみました。暑い夏にはサッパリする酢の物が最高です!

 

ズボラな私は、いつも分量を計る事をせず、食べたい量に対して味をつけていくタイプなので、分量はお好みで…という感じです、スミマセン。

 

☆材料☆

  • スイカの皮(白い部分) 
  • 乾燥ワカメ
  • ハム
  • 砂糖
  • 醤油

味付けは酢と砂糖と醤油がメインですが、だいたい3:1:1くらいの割合が美味しいです。

 

【作り方】

1.スイカの皮を食べやすい大きさに切ったら、塩をふって、スイカの皮がしんなりして、水分が出てくるまで置いておきます。

 

2.その間に、乾燥ワカメを水に戻して食べやすい大きさに切り、ハムも冷やし中華に乗せる時のような、短冊切りにしておきます。

 

3.塩をふって水分が出てきたスイカの皮の水気をしぼり、ワカメ、ハム、酢、砂糖、醤油を混ぜ合わせて完成です!

 

スイカの皮は今まで捨てるものとしてきましたが、ひと手間加えれば、皮もちゃんと食べられるんですよね☆

 

食べ物を無駄にする事なく、赤い実の部分はデザートとして、皮の部分はおかずとして食べられ、しかも食べる事で美容にも良いとなれば、スイカは注目すべき食べ物ですね。

 

ただし、食べ過ぎは逆に体を冷やしてしまう恐れがありますので、スイカに限らず言える事ですが、食べ過ぎには気をつけてください。(食べるのが好きで、産前の体重に戻せていない私が言うのもなんですが。)

 

私もあと3kg、体重を落としたいので、この夏、スイカと共にどこまでできるか、ダイエットしてみたいと思います!

 

スポンサーリンク