我が家には茶トラネコの「ターボ」君がいます。

こんな事を言ったら親バカと言われるかもしれませんが、手足が長くて顔が整っていて、しっぽもスッと伸びていて、本当にイケメン猫ちゃんなんです。

 

ただ、家族以外にはすごく警戒して、キバを向くので、あまり人に懐かず、ちょっぴり損をするタイプの性格です。

 

私がなぜ、ターボと一緒に暮らす事になったのか。それは5年前の7月、友人からの相談LINEがきっかけでした。

 

私は小学生の時に猫を5匹飼っていた事があります。我が家に出入りしていた親猫が5匹の子猫を産んだ後、交通事故にあい、子猫を残したまま天国に行ってしまったので、なんとか家族にお願いをして、5匹の子猫を育てました。

 

子猫を育てていくにあたって、完全室内猫ではなかったので、ケガをして帰ってきたり、どこかにいなくなってしまったり、病気をもらってきてしまったり、いろいろ見てきました。

 

子猫が成長するとともに、出産や天国に行く場面も見届ける事があり、その度に号泣していたのを覚えています。

 

でもその経験は本当に宝で、猫たちに人生を学ばせてもらったって20年近く経った今もすごく思うんです。

 

スポンサーリンク

もう悲しい思いは嫌だから、動物は飼わない!と決めていた私にまさかの「子猫をもらってくれませんか?」LINEが届く。

 

もう飼わないと決めていたし、旦那は猫より犬派だから無理だ、お断りしよう。そう心に決めて、友人にごめんなさいとLINEを返そうとしたその時、子猫の写真が遅れて届き…

 

なんだこの子は‼︎と衝撃を受けるほどの可愛さに自分でも驚くほど惹かれ、なぜか運命を感じました。

 

よくよく話を聞いてみると、友人が朝、職場に出勤すると、ダンボールがポンと置いてあり、中には生まれて間もない小さな子猫と「拾ってください」と書いてある紙が添えられていたようです。

 

友人は既に猫ちゃんを飼っており、職場の人達も飼えない事情があった事から、私に話がきたようなのですが、もし私が飼えなければ、保健所に行ってしまう可能性が高いとの事でした。

 

子猫を捨てた方に、どうしても飼えない事情があった事は仕方ないのかもしれませんが、生まれてすぐ人間に捨てられて、人間の手で保健所に…なんて、せっかくこの世に生を授かったのに、そんな悲しい思いはさせたくありませんでした。

 

1日、時間をもらい、私が出した答えは「子猫を育てる」。

 

まさに5年前の7月12日、決意をし、友人にその事を伝えると「やっぱりそう言ってくれると信じていた!本当にありがとう!」と言われました。

 

最初から私なら引き取ってくれるはずだと思っていたそうです。笑

 

ただ、まだ小さすぎて、人の手で育てるのは困難だという事で、知り合いの動物病院で病気がないかチェックをしてもらい、少し大きくなるまで預かって頂ける事になりました。

 

そして9月に我が家に来た「ターボ」。

今はイケメンですが、我が家に来た時は、こんなに小さくて、こんなに可愛かったんです‼︎

 

もう私はメロメロ。ただ…猫が好きではない夫を押し切った形で強行突破した事もあり、夫婦間は完全にギクシャクでした。

 

でも、夫は大人でした。

 

我が家に来た以上、責任を持つと言って、苦手な猫のお世話を一緒にしてくれました。

 

私は仕事柄、12時間程、家を開ける時間があるので、ターボを引き取る時に寂しい思いをさせないか、この事がとてもネックだったんです。飼うなら完全室内になるので外に散歩もできないし…。

 

それでも小さな命を無視できないという気持ちの方が強く、一緒に暮らす事を決めたのですが、初めの数ヶ月は案の定、私が仕事に行こうとするとニャーニャー泣いて追いかけてきて、すごい時には背中にジャンプしてしがみついてきたりもしました。

 

ご飯をあげて、食べている間に静かに家を出てきたり、玄関からおもちゃを投げて追いかけて行った隙に家を出たり、毎日あの手この手で、どうにか仕事に行っていました。後ろ髪ひかれる思いで時々、泣きながら仕事に向かう事もありました。

 

寂しくないように、ぬいぐるみをあげたり、テレビも電気もつけたまま仕事に行ったり、エアコンで温度調整も徹底しました。

 

そのおかげでターボがきてから我が家の電気代は3倍近くあがりましたが。苦笑

 

休み日はずっと一緒にいようと、一緒に布団でゴロゴロしたり、車に乗せてドライブしながら外の景色を見せたりしました。朝のゴミを捨てに行く際にも、車に乗せて一緒に行きました。

 

ターボは約1年くらい、夜中から朝方にかけて大きな声でニャーニャー泣いていて、私の睡眠時間がほとんどなくなる事が続いていたのですが、きっと母猫や兄弟猫を思って泣いているんだろうなと思うと切なくて、抱っこしながら外に出て、子守唄をいつも歌っていました。

 

お風呂に入る時も、お風呂のフタを半分閉めて入り、そのフタの上にターボを乗せて入っていました。笑

 

誰かがその場面を見たらビックリでしょうね。

 

夜中だし抱っこしているのが赤ちゃんではなく、子猫だし。笑

お風呂も一緒だし。笑

 

スポンサーリンク

実は私たち夫婦には子供がなかなか授からず、授かったと思ってもお腹の中で赤ちゃんが無事に育つ事ができず、赤ちゃんが欲しい気持ちとなかなか授からない気持ちが葛藤して、泣き明かした日もありました。

 

だからターボには赤ちゃんと同じようにとまではいかなくても、ミルクを飲ませたり抱っこしたり、唄を歌ってあげたり一緒に寝たり…全力で育てようと思ってやってきました。

 

不妊かどうかの検査を産婦人科でしても、異常がないのになぜ授からないのかと考え続けていた私ですが、ちょっと気持ちを一休みさせようと、赤ちゃんの事は一旦、心の隅に置いて、ターボとの時間を大切にして、リフレッシュがてら、女性専用フィットネスに通ってみました。

 

そしてなんと、結婚して7年目にようやく娘が授かり、無事に生まれてきてくれました。

 

ターボの存在が、気持ちにゆとりを持たせてくれたのはもちろんですが、フィットネスに通ってから2ヶ月後の妊娠だったので、通い始めてすぐ退会することになってしまいました。笑

 

このフィットネスでの経験も、どこかでお話していきますね!

 

家族以外にはキバを向く事もあるターボ。

 

子供が授かった時に正直、大丈夫かなと不安になりました。赤ちゃんに爪を立てたりしないかな…乗っかったりしないかな…と。

 

お腹の大きくなった私の事などお構いなしで、横になっていればお腹の上にあがってきたりしていたターボに、伝わるかわかりませんが「もうすぐ赤ちゃんが生まれるの。赤ちゃんは1人じゃ何もできないから、赤ちゃんにつきっきりでターボに迷惑かけるかもしれないけれど、許してね」と毎日、伝え続けました。

 

娘が生まれ、娘とターボのドキドキ初対面の日。

 

玄関までお迎えに来てくれた後、娘の頭の匂いをかぎ、クサっ‼︎みたいなリアクションをとってどこかに行ってしまいました。笑

 

その後も娘が泣くと近づいて、私にどうにかしろと言わんばかりに、娘と私の顔を交互に見ながらオドオドしていたり、ターボなりにお世話してくれたようで、何事もなく、2年が過ぎました。

 

むしろ今は娘がターボを嫌いで、めったに近づかない、お菓子やおもちゃを取られそうになると背中を鷲掴み、もしくは「ママー‼︎たちゅけてー(助けて)!ダミなのー(ダメなの)‼︎」と言います。笑

 

ターボにとって我が家に来た事が良かった事なのかと、時々、考える事もあるのですが、人間の手によって捨てられてしまったターボに、同じ人間の手で1つでも幸せを与えていけたら良いなと思っています。

 

今、お昼寝しているターボを見ながら、5年前の今日を振り返っている私でした。

 

バイバイまたねー☆

※我が家に来て間も無く、手のひらの上で寝てしまったターボです。

 

スポンサーリンク