みなさんは「唇の日焼け対策」していますか?

普段、顔の日焼けを意識する事はあっても、唇の日焼けを意識し、UV対策をしている人は少ないのではないでしょうか。

 

私もその1人で、長年、唇がカサカサして皮がむける事に悩んでいたにも関わらず、唇が日焼けしているとは思いもせずに、リップクリームで保湿しながら、なんとなくやり過ごしてきました。

 

しかし、ここ数年で下唇の一部にシミができている事に気付き、これ以上、唇にシミは増やせないと焦り、やっと唇の日焼け対策をするようになりました。

 

冬でもないのに唇がカサカサして皮がむけたり、リップクリームなどで保湿をしても繰り返す唇の荒れは、もしかしたら「唇の日焼け」が原因かもしれません。

 

これ以上、唇の日焼けを許す訳にはいかない!と思い立った私が、今お気に入りのUV専用リップ「オルビス リップサンスクリーン(R)」をご紹介します☆

 

スポンサーリンク

シンプルな大人デザイン

唇が小さめな事にずっとコンプレックスを感じていた私は、今までリップクリーム、口紅、グロス、唇に関するアイテムは、可愛らしいデザインに惹かれてから興味を持つ、という選び方を長年してきました。

 

ただ、年齢を重ねるごとに、デザインよりも機能性、かつシンプルデザインを重視するようになり、たどり着いたのがこの「オルビス リップサンスクリーン(R)」です。

 

落ち着いた色合い、シンプルなデザインが職場でのメイク直しの際に、大人の女性の雰囲気を作りだしてくれます。(…と私は思って使っていました。笑)

SPF22 PA++だから丁度イイ

日焼け止めを選ぶ際、SPFの数値が高ければ高いほど、「良いもの」と思って購入してきた私。

 

確かに、SPFの数値が高いものほど、シミやソバカスの原因を作り出す紫外線B波からの防御力は高くなるのですが、その分、肌への負担も少なからずあり、敏感肌の私は、肌が赤くかぶれた状態になった事があります。

 

それからの私は、SPFの数値がある程度低いものを選ぶようになったのですが、この「オルビス リップサンスクリーン(R)」は、SPF22なので、肌質などにより個人差はありますが、唇が日焼けして赤く炎症を起こすまでの時間を約7時間、遅らせる事ができます。

(日焼けして赤く炎症を起こすまで、人はだいたい15分〜20分と言われていますので、20分×22(SPFの数値)=440分)

 

長時間、外でレジャーを楽しむ場合などはSPFの数値が高い方が良いのですが、私のように肌が弱い人は、SPFの数値がある程度、低いものを選んで塗り直しする方が良いかもしれません。

 

また、PAにおいても、後に続く+が多いほど(最大は++++)、シワやたるみの原因を作り出す紫外線A波を防止する効果がありますが、++でも、かなり防止効果があるとされる段階なので、私は満足しています。

 

今のところ、痛みや皮がむけるなどの唇のトラブルが起きる事なく、使用できています。

唇の潤いが続く

この「オルビス リップサンスクリーン(R)」を使用する前に、少しの期間、UVカット効果のあるリップクリームを3種類、試した事がありました。

 

しかし、リップ自体が少し固めで塗りづらかったり、独特な香りがしたり、潤い効果がほとんどないなど、継続して使っていくのは難しいと感じるものだったので、使うのを断念しました。

 

「オルビス リップサンスクリーン(R)」は、UV専用リップでありながら、塗り心地がなめらかで、塗ったあとも乾燥する事なく、潤いが持続します。

 

かさつきや、唇へのダメージを防ぐ保護成分として、シャクヤクエキス、テンニンカエキスの2つの植物性成分を配合しているのですが、植物の独特な香りもなく、ほぼ無臭です。

 

また、酸化しやすい油分を含んでいないので、私のように唇が荒れやすい人でも、使いやすいリップだと思います。

スポンサーリンク

自然な赤みだからいつでもつけられる

初めてこのリップの色を見た時は、正直「濃くない⁈」と思ったのですが、いざ塗ってみたら薄づきで、日頃お出かけ以外はBBクリームで過ごしている私の肌に、しっかり馴染んで違和感のない色でした。

 

ただ、ご注意頂きたいのが、塗った瞬間の色と数分経ってからの色が少し変わってくる事です。

 

使い始めて間もない頃、リップが薄づきだから3往復くらい塗っていたのですが、数分経ってくると、普段、手抜きメイクの私の顔が、唇だけがしっかりメイクのように見えて自分の顔に違和感を感じました。

 

それからは、このリップの色が合わないんだ…と思い、口紅を塗る際の下地として、バッチリメイクの時にしか使わないようになってしまった私。

 

でもせっかく買ったし、普段使いにこそ、このリップは使いたいなと思い、よく考えた結果、自分に合った塗り方をすれば良いのだなと気づき、1往復塗りにしてみたら、普段のナチュラルメイクにもバッチリ馴染みました。

 

お財布に優しいお手頃価格

UV対策をしながら、ナチュラルメイクの時はそのまま塗る事で肌が明るく見えたり、バッチリメイク時は口紅の下地として使う事で、潤いがキープできたり。

 

どれも女性としては欲しい機能ばかりですが、価格が高ければ、いくら機能が良くても続けるのは難しいですよね。

 

「オルビス リップサンスクリーン(R)」は、税込1,080円です☆

 

私は1本で約3ヶ月もつのですが、3ヶ月で1,080円だったら、お財布にも優しいと思いませんか?

 

それでも、普通のリップクリームに比べたら、ちょっと高いかもしれませんが、上品な見た目と機能性を考えたら、この価格は妥当だなと思っています。

唇はとってもデリケート。だからこそUV対策を

唇は皮膚がとっても薄く、他の皮膚とは違い、毛穴がないので、毛穴から皮脂を分泌する事ができません。

 

皮脂を分泌できないという事は、潤いを保つ事や、外からの刺激に対しても皮膚を守る力がないので、ダメージを受けやすくなります。

 

だからこそ、デリケートな唇を紫外線から守ってあげる必要があります。

 

春頃から夏にかけての紫外線の強い時期、UV対策を意識する事は大切な事ですが、年中、紫外線は降り注いでいますので、外に出る事が多い人、室内にいる事が多い人でも、窓際で日の光に当たる事があるのであれば、秋も冬も唇のUV対策する事をおすすめします。

 

唇がツヤツヤ・プルプルしている女性は、やはり同じ女性から見ても魅力的に見えますよね☆

唇の日焼け対策をどうしたら良いのかわからない、もしくはどのUV専用リップを選んだら良いのか迷っている、という方の為に、肌の弱い私でもトラブルなく使用できている「オルビス リップサンスクリーン(R)」をご紹介させて頂きました。

 

1人でも多くの方の参考になれば、嬉しいです☆

スポンサーリンク