私には離れて暮らす、おじいちゃんおばあちゃんがいます。

 

どちらも今年で85歳になりましたが、病気もせず、まだまだとっても元気で、旅行も大好きです。

 

そんなおじいちゃんおばあちゃんが長年、食べ続けているものがあります。

 

それは「酢たまねぎ」です。

 

ご飯の時も、そうじゃない時も、いつでも食べられるように、容器に入れた酢たまねぎをテーブルに置いています。

 

「酢」も「玉ねぎ」も、血液をサラサラにする働きがあり、肥満・動脈硬化・高血圧など、生活習慣病を予防する効果があるといわれていますが、私も、元気で長生きしてくれているおじいちゃんとおばあちゃんのようになりたいので、今日から早速「酢たまねぎ」始めたいと思います。

 

長生きのおじいちゃん・おばあちゃん直伝!「酢たまねぎ」の作り方

【準備するもの】

玉ねぎ    中くらいの3個

・塩   少々(切った玉ねぎにもみこむ)

・酢    400mlくらい(容器に玉ねぎを入れてその玉ねぎがヒタヒタになるくらい)

・はちみつ   大さじ1くらい(お好みで。入れる時は甘くなりすぎない程度に)

・容器    フタ付きで保存できるならなんでもOK!

※おじいちゃんの家では、キムチが入っていた容器(フタ付き)を洗って、それに「酢玉ねぎ」を入れています。

 

【作り方】

1.皮を剥いた玉ねぎの、上下を切り落として半分に切ったら、厚さ2mmくらいの薄切りにします。

私はズボラ主婦なので、スライサーでやっちゃいました。

 

2.薄切りした玉ねぎに、塩をふりかけてモミモミしたら、そのまま30分くらい放置しておきます。

 

3.玉ねぎを容器にうつし、玉ねぎがヒタヒタになるくらいまで酢を入れます。

 

4.ちょっと酢だけではキツイ…という時、はちみつを入れると酸っぱさが和らぎ、美味しくなります。

はちみつを入れたら、よく混ぜて完成です!

 

おじいちゃん・おばあちゃんからのワンポイントアドバイス(方言バージョン)

・「容器なんぞ、なんでもいいんでがすと!」

 

解説→酢たまねぎを入れる容器は、こだわらなくてもなんでも良い。わざわざ買うまでもないからね。

 

・「な〜に、玉ねぎなんぞ、ザグザグど切って、ただ塩でもめばいいがらね⁈」

 

解説→玉ねぎは薄く切れなくても大丈夫。塩でもめばなんとかなるから。

 

・「普通の酢(ミツカン)で酸っぺくてわがんねがったら、リンゴ酢なんかでもいいんでがすと!」

 

解説→ミツカンの酢を使って酸っぱすぎて大変なら、リンゴ酢とかでもいいんだよ。

 

・「甘けぇのは、あんまりいらねんでがすと!すこすでいいがらね、あんだ!」

 

解説→甘いのはほどほどにしてね。少しでいいからね、あなた。

 

だそうです。

聞き慣れている言葉でも、文字にするとなんかスゴイですね。笑

しかも「ワンポイント」どころかいっぱいあるし。笑

 

スポンサーリンク

「酢たまねぎ」はこんな食べ方もできます

おじいちゃんとおばあちゃんの家でご飯を食べた時、テーブルに常備してある「酢たまねぎ」を、ちょっとアレンジして食べていました。

 

【アレンジ方法】

・納豆にかける

・豆腐にかける

・醤油と鰹節をプラスして、ご飯にのせる

・そうめんや、そばの上にのせる

・野菜にドレッシング代わりとして使う

 

おじいちゃんがご飯の上に酢たまねぎをのせた時、「どうしたどうした⁈」と思ったのですが、酢たまねぎに醤油をかけて、鰹節を加えると、サッパリしていながらご飯がすすむ味で、意外でした。

 

話はそれますが…すごく美味しい「玉ねぎスープ」のご紹介

おじいちゃんとおばあちゃんは、「酢たまねぎ」に限らず、玉ねぎ自体が好きで、畑でもいっぱい育てているんです。

 

私は、玉ねぎがそれほど得意ではなかったのですが、おじいちゃんに旅行のお土産でもらった「淡路 たまねぎスープ」を飲んでから、玉ねぎが好きになりました。

 

私の中で、この玉ねぎスープはリピート決定で、ネットで購入しようと思ったのですが、その当時はネット販売されていなくて、兵庫県のお店に電話をして注文するスタイルでした。

 

それでも良かったのですが、商品代金よりも送料の方が高くて、何回か注文して途中でやめちゃったんです。

 

最近、久しぶりにこの玉ねぎスープを思い出して、ネットで検索してみたら、なんと!ネット販売が始まっていました☆

 

淡路島産の玉ねぎスープはいろいろな種類が販売されていますが、私が惚れ込んでいるのは「淡路 たまねぎスープ」です。

※ちなみに私は「島と暮らす」というところから購入しています。

 

スポンサーリンク

早速、購入して玉ねぎ好きのおじいちゃんとおばあちゃんにも送りました。

 

届いたからと私に電話をくれたおばあちゃん。

 

「あんだ送ってけだやづ、ずいぶんめぇにお土産でやったやづが⁈こいづうめぇどな!ありがどさん。」

 

だそうです。せっかくなので、最後にまた解説しますね。

 

解説→あなたが送ってくれた玉ねぎスープ、ずいぶん前にお土産であげたやつかな?これ、おいしいよね。ありがとさん。

 

みなさんも機会があったら「淡路 玉ねぎスープ」をぜひ飲んでみてください☆

 

そして、「酢たまねぎ」で一緒に健康な体づくりを始めましょう!

 

長生きするぞ〜!!

 

スポンサーリンク