9月1日は「防災の日」ってみなさんご存知でしたか?

 

私はお恥ずかしながら、2011年の東日本大震災を経験するまで、この「防災の日」をよくわかっていませんでした。

 

ただ、自分が生きている間に、1,000年に1度と言われる東日本大震災を経験したり、異常な大雨、大雪、巨大台風、などを経験していくうちに、人ごとではいられないんだと、改めて自分に喝を入れる日にしよう!と自分の中で決めました。 

 

「防災の日」ってどんな日⁇

「防災の日」の歴史は意外と長く、実は1960年(昭和35年)に内閣の閣議了解により、制定されたもので、

地震・津波・台風などの災害について1人1人が認識を深め、災害にどう対処するべきかなど、心構えと準備をするための日

なのだそうです。

 

常に災害に対して、どう対処するべきかなど意識する事は大事なのですが、どうしてもその意識は日々の生活の中に埋もれて、薄れてしまうんですよね。

 

だからこんな風に「防災の日」というものがあると、ちょっと立ち止まって考えたり、振り返って思う事があったり、いろいろと見つめ直せる機会ができて良いですよね。

 

さらに私が生まれた1982年(昭和57年)から、9月1日の「防災の日」を含む1週間を「防災週間」と定め、翌年以降は毎年8月30日〜9月5日までを「防災週間」としています。

 

 

なぜ防災の日は9月1日なのか

日本にはたくさん「○○の日」と制定された日がありますが、この防災の日はなぜ「9月1日」に制定されたのでしょうか?

 

実はこの9月1日という日付に制定されたのは、1923年(大正12年)の9月1日に発生し、多くの死者や行方不明者を出した「関東大震災」に由来しているといわれています。

 

8月・9月は台風が多いのも理由の1つ?

その他にも、ニュースなどを見て感じている人もいると思いますが、8月から9月にかけて、台風の接近や上陸が多いんですよね。

 

私も、また台風が接近しているというニュースを見て、「またかよ」と思いつつ、気象庁のHPで台風に関する情報を見ていたのですが、少なくとも私が生まれた年(1982年)から2017年までの、台風上陸数は

 

【8月 台風上陸数】34回

【9月 台風上陸数】33回※2017年9月のデータは現段階では無し。

 

こんなにあるんですよね。

8月に台風が多いのは、なんとなく季節的な事もあって理解できるのですが、9月も同じくらいの数の台風が上陸しているのは意外でした。

 

あくまで「上陸」の数なので、「接近」も合わせたらすごい数になりそうです。

 

このように、9月に台風が多いにも関わらず、あまり認識されていない気もするので、9月1日の「防災の日」は、注意喚起の意味でも良いのかもしれません。

 

町は「防災の日」モード!…になってない

私がよく行くスーパーでは、去年まで「防災の日コーナー」があって、そこには長期保存できる水や食品、ラジオや簡易ライトなど、災害に備えておくべきものがたくさんあったのですが、今年はナシ。

 

普通にお菓子が並んでいました。

 

どうした2017年「防災の日」!!と思いながら、今年はコーナーを設置しないんですか?とお店の人に聞いてみたところ

 

「東日本大震災後の2、3年は反響があったものの、それ以降はちょっと反響が少なくて…。今年はコーナーを設置しない方向になりました」

 

と言われました。

 

確かになぁ…。それは私も感じていました。というか、私自身も災害を意識している日を数えた方が早いくらい、防災に対しての意識が薄れている。

 

「また大きな地震がくるぞ!」「最大級の台風がくるぞ!」と言われ、身構えているものの、何度か空振ると「どうせこない」という認識に変わっていくんですよね。

 

この気持ちこそが落とし穴なのに。

 

感じ方は人それぞれ。だけど悲しかった事

人それぞれ感情があるので、感じ方も様々。それは当たり前の事だと思います。

 

ただ、災害に対して危機感がなくなる事や、過去の記憶が薄れていく事で、怖いと感じる事や、悲しいと感じる事もありました。

 

私の住んでいる地域は、震災後も何度か津波警報が発令され、その時は職場にいる事が多かったのですが、社内ルールとして、「津波警報が出たら、お客様を安全な場所に避難させ、スタッフはお店を閉めて高台へ避難」とあったにも関わらず、「お客様を優先」したが為に避難が1時間以上、遅れたという事が何度かありました。

 

私達がお客様に避難する事を促しても、「そんなこといいから手続きして!」「どうせ津波なんて来ないから早くやって」と、避難よりも手続きを優先するように言われ、避難する頃には道路も渋滞して身動きとれない状態だったり…。

 

こちらがお客様の命を守りたくて避難を促しても「そんなこと」と言われてしまうと、いくら意識の違いといえども悲しくなりました。

 

それともう1つ。

震災後、私が働いていたお店では、毎年3月11日の午後2時46分に黙祷をささげていました。

 

震災から2、3年の間は、この時間になるとお店には誰も来なくて、皆それぞれがそれぞれの思う場所で黙祷をささげているんだなと思いながら私も黙祷していました。

 

しかし、4年目以降は黙祷をささげる時間など関係なく混み、黙祷できる状態ではなくなりました。

 

さらに、お客様が少なくなってきた時に、私達と一緒に黙祷をお願いした事があったのですが、ある時、私達が黙祷している様子が「ウケる」からと、笑いながらお客様に動画を撮られた事がありました。

 

別に黙祷は義務ではないですし、するもしないも個人の自由なのですが、記憶が薄れる事や、災害に対しての意識の違いは悲しくも怖いものだと思いました。

 

災害から得た「学ぶべき人の温かさ」

東日本大震災の時、当たり前だった今までの生活ができなくなって、電気や水道も1ヶ月半もの間、使えなくて、本当に先が見えませんでした。

 

そんな中、食料や飲み物、服や下着などの物資をたくさん頂いたり、遠くからタンクに入れてガソリンを持ってきてくれる人、炊き出しをしてくれる人、本当にたくさんの人に救われました。

 

そして、励ましの言葉をくれる方もたくさんいました。

 

東日本大震災の時だけではなく、大雪で玄関のドアが開かないくらい雪が積もった時、大雨が降ってひざ下まで道路が冠水した時なども、たくさんの人に助けられ、笑える状況じゃないのに、励ましあって笑えたり。

 

人が人を助けたい、励ましてあげたい、と思う気持ちと行動って、例え言葉がぶっきらぼうでも温かさを感じるんですよね。

 

私の地域は方言やら、なまりがすごいので

「いいがらおめぇ!おいやっから!あぶねぇがら中さへってろ!」

なんて災害の時に大声で言われる事もあったのですが、文字だけ見ると怖い感じがしますよね。笑

 

でも実はこれ

「あなたはいいから。私がやるから。危ないから中に入ってなさい。」

という優しいお言葉なのでした☆

 

こうやって人の温かさに触れていくと、自分も何か1つくらい恩返しがしたいとか、誰かに優しくしたい、助けたい、そう思う気持ちが自然に出てきて、周りから見たら大した事ないことでも、自分なりの大きな行動ができたりするんですよね。

 

私もこれから、今よりもっともっと自分なりに「人の温かさ」を誰かに伝えていけたらいいなー。

 

「防災の日」に私がしたこと

これだけ長々と熱く語って、私が「防災の日」にした事は、防災バッグの中身整理です。笑

 

賞味期限切れの飲み物や食料は、期限内のものと入れ替えし、上着も秋・冬物にチェンジし、ホッカイロを追加して、LEDライトもちゃんと点灯するかチェックしました。

 

あとはほとんど子供の物ですね。

小さめの毛布とか、オムツ、お尻拭き、飲み物、お菓子、服など…。

 

それから、意外と忘れがちなのですが、女性は生理用ナプキン重要です!

 

私、震災の時に生理予定日でもないのに、ショックからか生理がきてしまい…。

でも家にも買い置きがほとんどなくて、物資でも食料が優先なので、なかなか届かず…。

 

荒れたお店の中から商品を外に出して販売しているお店もあったのですが、生活必需品とされる物だけが販売されており、生理用ナプキンがないか店員さんに聞いた所、すごく面倒くさそうな顔をして、荒れた店内から取ってきてくれました。

 

あまり重要視されないものなのかもしれませんが、他にも生理が来て困っていた人がいたので、やはり女性にとって生理用ナプキンは重要だと思います。

 

誰かに配る分も想定して、防災バッグに多めに備えています!

 

「防災の日」に私がした事は、たったこれだけなのですが、習慣づいている事が1つあります。

 

「安全な場所確認」

 

普段、子供と散歩する時も、どこかに遊びに行く時も、周りに安全な場所があるか、災害が起きたらどこに避難するか、じっくり…とまではいかなくても、だいたいこうしよう!というプランは立てます。

 

「防災の日」が、改めて災害に対して自分はどう考え、どう行動するべきなのかを見つめ直せる日になると良いな、と願っています。