学生の頃、マックシェイクを片手に街を歩いている女性の姿を見ると、なぜだかとても可愛いらしく見えて。

 

私も真似したいな〜と思っていたものの、当時、家の近くにあったマクドナルドではマックシェイクの扱いがなく。苦笑

 

私の手にはいつも、テリヤキバーガーと烏龍茶。

もしくは、肉まんとカフェオーレの組み合わせ。

 

 

時々、ちょっと家から離れた所にあるマクドナルドに行って、マックシェイクを購入できた時は嬉しくて、すごく美味しく感じました。

 

でも、歳をとるに連れて、マックシェイクの甘々な感じに「甘っ!」と顔をしかめるようになってしまい、いつの間にか買わなくなってしまい…。

 

そんな私ですが、マックシェイクのコラボ企画は大好きで、新しい味が発売される時だけは、ワクワクしながらシェイクを買いに行っています。

 

北海道メロン、沖縄パイン、紫いも、カルピス、巨峰、キウイ、もも、ミックスベリー、森永ミルクキャラメルなど、これまでに様々な味を楽しませてもらいましたが、

 

2018年3月28日(水)から4月下旬(予定)までの期間限定で、

「マックシェイク×カフェオーレ」

が販売されます!

 

 

私、カフェオーレが昔から大好きなんです。

 

もちろんすぐに買いに行きました。

 

期間限定といわず、これからも「カフェオーレ味」をメニューに!

グリコのカフェオーレ好きからすると、既にこのパッケージからして、たまらない。

 

マックシェイクから、コーヒー系の味が発売されるのは、なんと約11年ぶりとの事。

 

私はSサイズを飲んだのですが、このSサイズのみ、数量限定販売なのだそうです。

 

ちなみにお値段は

Sサイズ120円(税込)、Mサイズ200円(税込)

となっています。

 

カフェオーレが大好きなら、Mサイズ買えばいいじゃん!と思うかもしれませんが、このサイズ感とパッケージに惹かれてしまい。

 

 

私の友達も、この商品を購入したのですが、そもそもカフェオーレを今までに飲んだ事がなくて、「パッケージが可愛いから」という理由で注文していました。

 

 

味は正直、カフェオーレの程よい苦味が好きな私にとっては、カフェオーレがマックシェイクのクリーミーさに押され気味で、埋もれてしまっている気もしたので、

結果的にSサイズで良かった!と思ったのですが、商品としては常にメニューにあって欲しいと思うくらい美味しいです。

 

カロリーがSサイズで166kcalあろうが、Mサイズで271kcalあろうが、気にならないくらい美味しい。

 

期間限定なんてもったいない。

 

 

この「マックシェイク×カフェオーレ」のコラボ企画の前に、マックシェイクが「チェルシー」とコラボした時がありました。

 

マクドナルドは私の青春の味を知っているのか、と思うほどコラボ企画がツボをついてきます。

 

学生の頃、いつもチェルシーをカバンに入れて持ち歩いていた私。

 

箱も包み紙もデザインが可愛い上に、コンパクトで持ち運びもラクで、口さみしい時にスッと取り出して友達にもあげられるスマートさが大好きでした。

 

チェルシーには「バタースカッチ」「ヨーグルトスカッチ」「コーヒースカッチ」など、様々な味がありましたが、私はパッケージの緑色と、爽やかな酸っぱさが特徴の「ヨーグルトスカッチ」が当時のお気に入り。

 

だから、マックシェイクとチェルシーがコラボすると知った時、青春を共に過ごしたチェルシーを思い出し、嬉しくなって、コラボする味は「ヨーグルトスカッチ」だといいなぁ!とワクワク。

 

ま、結果、コラボしたのは「バタースカッチ」だったので、正直「そっちかー!!」と思いましたが、やっぱりチェルシーとのコラボが嬉しかったので、買いに行きました。

 

 

「マック」と「チェルシー」は同い年同士の夢のコラボ

2017年9月13日から10月上旬までの期間限定で、日本マクドナルドと明治の「チェルシー」が初めてコラボした商品、「マックシェイク チェルシー」が発売されました。

 

実は、マクドナルドと明治のチェルシーには、コラボするのにふさわしい理由があり、

マクドナルド日本第一号店がオープンし、その時に「マックシェイク」を販売を開始したのが1971年。

明治の「チェルシー」が誕生したのも1971年。

 

日本で「マックシェイク」が初めて販売された日と、明治から初めてチェルシーが販売された日が一緒という事が今回のコラボのきっかけのようなのですが、確かに「同い年」ってなんか親近感が湧く時ありますよね。笑

 

同じ学校じゃなくても、初めてお友達になる時に同い年だと、なんか意気投合しちゃう事があるので、マクドナルドさんと明治さんもそんな感じだったんですかね。

 

「同い年⁈じゃぁコラボしちゃお⁈」みたいな。

 

あのオシャレで可愛い「チェルシー」のデザインが、Sサイズのみ数量限定でパッケージに採用されていたのですが、パッケージを見ているだけで明るい気持ちになれるような、そんな華やかさが素敵。

 

味はというと…

チェルシーそのまんま!!

 

濃厚でコクのあるバター味や甘さが、飴で食べるチェルシーそのまんまの味でした。

 

甘いことは甘いのですが、「うわ…甘い…」となる手前の、嫌味のない甘さです。(伝わりますか?笑)

 

冷たい「マックシェイク」に、「チェルシー バタースカッチ」が入ったシロップを溶かしたものを使用して、このシェイクは作られているようなのですが、本当に、飲んだ瞬間「チェルシーじゃん!」と言いたくなる商品でした。

 

こちらもSサイズ120円(税込)、Mサイズ200円(税込)だったのですが、「やっぱりチェルシー。美味しいな!」で終われる量はSサイズだと思いました。

 

カロリーも標準製品重量194gに対して218kcalと、決して少ないわけではなかったので…。

 

スポンサーリンク

 

定番のシェイクもまだまだ人気

マックシェイクのコラボ期間中に店頭に行くと、マックシェイクはこれだけだ!と言わんばかりの見せ方がされており、パッケージもいつも可愛いので、どうしても目がいくし、買いたくなるのですが…

 

定番のマックシェイクバニラが好きな夫は、マックシェイクが何とコラボしようが関係ないようで、私がコラボシェイクにワクワクしている横で、毎回、冷静な顔でバニラ味を注文します。

 

母はストロベリー味。

父はチョコレート味。

 

コラボシェイクに飛びつく私とは真逆で、「やっぱり定番が美味しい。ハズレがないもんね。」と言いながら、夫も父も母も私を「チャレンジャー」と呼びます。

 

マックシェイクのコラボ企画が好きなだけで、特に「これは当たりかな?ハズレかな?」というようなチャレンジをしているつもりはないのですが。

 

でも、こういうコラボ企画があるからこそ、新しい味も定番の味も生きてくる気がします。

 

こんなコラボシェイクはいかがでしょう?

「チャレンジャー」と言われている私が、最近、ぜひともコラボして欲しいと考えているのが、

・キリン「午後の紅茶」

・伊藤園「ほうじ茶ラテ」

 

午後の紅茶は、グリコのカフェオーレと同じくらい長い間、大好きで飲んでいて、伊藤園のほうじ茶ラテは最近ハマり始めたのですが、ホッとする味なんです。

 

これからも、マックシェイクのコラボ企画に期待しちゃいます。

 

スポンサーリンク