2017年9月14日、午前8時15分より放送された「あさイチ」で気になる話題が。

 

9月4日、ドライブレコーダーが発火事故を起こしたとして、8万5千個がリコール対象となったという話題だったのですか、燃えてしまった車内の映像を見て驚きました。

 

ドライブレコーダーを設置していた部分が激しく燃えた様子で、さらにはエアコンやギアの部分など、広範囲に渡って内部が溶けてしまっていました。

 

さらに驚いたのは、こうした各企業から出されるリコールは毎月100件ほどあるそうで、リコール対象と知らずに私達が使用しているものもたくさんあるという事。

 

中にはベビーカーやベビーチェアなど、赤ちゃんに関わる商品もリコール対象になっており、我が家では幸い、子供に関するものでリコール対象の商品は使用していませんでしたが、ちょっと怖いですよね。

 

「発火の恐れがあるもの」は優先してリコール情報の確認を!

毎月、約100件ものリコール対象があるとなれば、1つ1つ私達が対象商品を確認していくのは時間も労力もかかってしまいますよね。

 

そこで、この膨大なリコール情報の中から、優先して調べて欲しいという、家庭内にある身近な商品がいくつかあげられましたので、ご紹介します。

 

 ・モバイルバッテリー

 ・ノートパソコン

 ・扇風機

 ・エアコン

 ・室外機

 ・電気ストーブ

 

これらは熱を発する事や、発火する事でヤケドや火事につながる恐れがありますので、身を守る為にもまずは優先して調べてみましょう。

 

「リコール情報サイト」を活用しましょう

今使っているこの商品は、リコール対象かな?と気になったら、まずは消費者庁の「リコール情報サイト」を確認してみましょう。

 

回収、返金、無料点検、改修など、リコール対象商品に対してどのようにすべきなのか、詳細が確認できます。

 

【消費者庁 リコール情報サイト】http://www.recall.go.jp/

 

スポンサーリンク



我が家も以前、リコール対象の洗濯機を使っていました…

我が家では1日2回、洗濯機を毎日使用しているので、ある程度、壊れやすい事は覚悟しているのですが、以前、購入したばかりの洗濯機が何度もエラー停止してしまう事がありました。

 

その都度、メーカー保証で修理に来てもらったり、新しく同じ洗濯機と交換してもらった事もあったのですが、新しく交換してもダメだったんです。

 

なんだかんだ、この洗濯機に関して5回ほど修理対応してもらったりしたのですが、エラー停止は改善されず、洗濯が完全に終われなくて…。

 

洗濯にはノータッチだけれど、購入費用は負担した父が、とうとう怒ってしまい

 

「なんでこんなに故障が多いんだ⁈洗濯機なのに洗濯できないっておかしいだろう!」

 

とメーカーに言ったら、また無料修理に来たものの、使い方が悪いのでは?という話になったんです。

 

でもそこから数年後、リコール対象の洗濯機だとわかり「やっぱりな」と。

 

しかも発火の恐れが…って。

 

危なすぎ。

 

結局、リコール情報が出てから、また無料修理に来て頂いたのですが、そこからは調子が良くて、その洗濯機を10年以上、使っています。

 

毎日使う、身近なものだからこそ、リコール情報はチェックしてみるべきだと思います。

 

化粧品も意外とリコール多いんですね…

発火する恐れがあるものをチェックする事も大事ですが、そのまま使い続ける事で、肌トラブルや健康被害を起こしかねない、化粧品も要チェックですね!

 

大手の有名な化粧品も、リコール情報サイトを見ていると対象になっているものが多くて、最近では資生堂の「インテグレート キラーウインクジェルライナー」が、リコール対象となり、商品回収と返金を行うというニュースを見ました。

 

リコール理由が

「製造段階の不備により、アイライナーの芯に本体プラスチックの小片が混入した商品があることが判明し、使用の際に眼の周辺に思わぬケガをする恐れがあるから」

という事でした。

 

今の所、健康被害の報告はないとの事ですが、インテグレートの商品は人気があるので、使っている人、結構多いのではないでしょうか…。

 

私の化粧ポーチにも対象商品が入っていた

実は私、この資生堂のインテグレートのニュースを見た時に

「あれっ?もしかして…」

と思って、化粧ポーチの中を見たら、リコール対象商品ありました。笑

 

産後、ガッチリ化粧する機会が極端に減ったので、アイライナーもしばらく使わない事も多いんです。

 

しかも、ちょっと前にアイライナーをインテグレートの別な種類のものに買い替えていたので、リコール対象のアイライナーは使っていませんでした。

 

それでも、手元にある商品は回収・返金するという事だったので、資生堂の回収受付フォームから手続きしました。

 

後日、ヤマト運輸さんが梱包用資材を持参して、集荷に来てくれるそうで、その後、現金書留で返金されるとの事。

 

今、使っていない商品なので申し訳ないな…とは思ったのですが、資生堂さんのご好意に甘える事にしました。

 

でも化粧品って判断、難しいですよね。

特に女性はホルモンバランスでも肌の状態が大きく変わるし、「自分の肌には合わないから使うのやめた」で済ませる事が多いと思うんです。

 

少なくとも私がそんな感じなので、これからは何かおかしいなと思ったら一旦、使用をやめて相談窓口に問い合わせて、私と同じ症状の人はいないかなど、聞いてみたいと思います。

 

そういう声があった方が、調査や改善にも早めに取り組んでもらえるでしょうし、自分以外の人が健康被害に悩む事も防げるかもしれないですし。

 

安全に安心して使う為に身近なものからチェックしてみましょう

ザッと大まかにですが、電化製品や子供のイス、化粧品に関してはリコール情報をチェックしたので、私がこれから改めてチェックしてみようと思っているのは、「子供のオモチャ」です。

 

今、ベビーカーやベビーチェアよりも、ままごとなどでオモチャを使う事が増えているので、早速、チェックしてみようと思います。

 

あれはどうだ⁈これは⁈と気持ちに余裕がなくなるくらい、リコール対象商品に縛られる事はないのですが、子供のものに関しては「何かあってからでは遅い」と思うので…。

 

意外と身近な商品が対象商品で、自分の家にもそれがあるかもしれませんので、みなさんも時間がある時に、ぜひ「リコール情報サイト」を活用してみてください。

 

 

スポンサーリンク