いつも自分の事より人の事、仕事も一生懸命な夫に、昨日プレゼントしたものがあります。

 

それは「週刊少年ジャンプ」42号(集英社)です。

 

えっ?と思った人もいると思いますが、このプレゼント、すごく喜ばれました。笑

 

物欲もなく、これといって特に趣味もない夫が唯一、好きなものがマンガで、その中でも「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が大好きで、単行本も最終200巻まで全部持っています。

 

200巻もあると、だいぶ置き場所に困り、立派な本棚を買うにもお金がかかるので、引き出し付きのプラスチックの衣装ケースを保管場所にしています。

(いっぱい入るし、読む時に引き出しを引いて取り出せるので便利ですよ☆)

 

今回、なぜ週刊少年ジャンプをプレゼントしたか。

 

それは、2017年9月16日(土)発売の「週刊少年ジャンプ」42号(集英社)に、夫が大好きな「こちら葛飾区亀有公園前派出所」こと「こち亀」の新作エピソードが掲載されているからです。

 

多くのファンに惜しまれつつも掲載終了した「こち亀」

約1年前の2016年9月17日に、連載40年を持って掲載終了した「こち亀」。

 

連載40年ってスゴイですよねー。

 

しかもその40年というのが、1976年9月の連載開始から1度も休載せずに続けてきた40年というから驚きです!

 

それだけ長い年数、休まずに続けてきたらいい加減、ネタ切れになるんじゃない⁈と思ってしまうのですが、作者の秋本治さんは記者会見で

 

「いつまでもずっと描きたい気持ちはもちろんあるし、こち亀のネタはまだまだ沢山あります」

 

とおっしゃっていました。

 

まだまだネタが沢山あるなんて…恐るべし秋本さん。

 

じゃぁ、なんで惜しまれつつも連載を終わらせたのかというと

 

「主人公の両さんは、お祭りごととかお祝いが大好きなので、40周年でみんなに祝ってもらっている時に、スッと消える感じが両さんの引き際としていいと思ったから」

 

だそうです。

 

なんかカッコイイですねー。

 

記者会見で発表があった、2016年の9月3日は、夫の誕生日だったのですが、ため息混じりの落胆ぶりがハンパなかった。笑

 

「こち亀ロス」を間近で見ました。

 

スポンサーリンク



「こち亀」はギネス世界記録認定されている

2016年9月17日に最終200巻が発売された事により、最も発行巻数が多い単一漫画シリーズ「Most volumes publishedfor a single manga series」200巻として、「こち亀」はギネス世界記録TMに認定されました。

 

1巻から200巻まで、日本国内でのコミックス累計発行部数はなんと1億5,000万部にも上るそうです。

 

「こち亀」すげぇ…。

 

スポンサーリンク

集英社の「りぼん」を親しんできた私も「こち亀」読んでみた

こち亀の出版元の集英社といえば、私は集英社の少女マンガ誌「りぼん」が大好きで、りぼんの中でお気に入りのマンガがあると、その単行本も揃えて買っていました。

 

「こち亀」の存在はもちろん知っていたのですが、少女マンガを読む私にとっては、どうも手が出しにくいというか、「男性向け」だと決めつけて、ずっと読んだ事がありませんでした。

 

でも、夫が好きで単行本を集めていた事、その単行本を面白いと読む小学校6年生の甥っ子の様子を見ていたら、なんだか読んで見たくなって、やっと去年くらいから読み始めたんです。(遅っ。笑)

 

「社会現象」を面白おかしく、でもわかりやすく教えてくれる

私、昔から歴史を覚える事がすごく苦手で…。バスガイドの入社試験に歴史もあるって聞いた時、完全に不合格だって確信したくらい苦手で。

 

何年に誰がどんな事をしてどうなったか、というのを結びつけるのが難しくて。

 

バスガイドの入社試験は、歌とどんなバスガイドになりたいかの作文と、ちょっとだけ国語と歴史の問題が出されたのですが、歴史も本当に適当で

「生類憐みの令を制定したのは誰か」

 

という問題で、答えの選択肢に徳川家光・綱吉・慶喜の名前があっても全然わからず

「確か、犬とか動物系の法令だったから…犬=綱でいいか。よし!綱吉にしよう!」

みたいなノリで答えたくらいです。

 

バスガイドになってからは、やはりお仕事として歴史を覚える事が多くなったので、少しだけ苦手は克服しましたが、今のニュースを見ていて、特に政治系はなんとなく理解できても、結局どういう意味?って思う事ありませんか?

 

「こち亀」はその時に起こっている「社会現象」をわかりやすく、主人公の両さんや仲間たちが体を張って教えてくれるんです。

 

だから読んでみて「あっ!あのニュースってそういう事だったの⁈」とか、「これはこうだからこうなったのか!」って気づいたり理解できたりする事が多くて。

 

私、単行本を10冊くらい読み終えた時に、思わず「作者の秋本治さん天才じゃない?教科書みたい。」と夫に伝えました。

 

警官なのにぶっ飛びすぎなギャグも交えつつ、伝えるべき事はちゃんと伝えてくれて、次々、読みたくなるのも理解できました。

 

少女マンガに慣れていると、「こち亀」を読む事に抵抗があるかもしれませんが、私は読んで良かったと思っています。

 

夫は時々、うんちくを教えてきたりするのですが、全部「教科書(こち亀)」から得たものです。

 

こち亀を読む前の私には、そのうんちくも通用していましたが、今となっては心の中で「こち亀で読んだやつだ」と私に思われています。笑

 

新作エピソードもやっぱり面白い

発売したばかりの「週刊少年ジャンプ」42号は、1年間の有給休暇から戻ってきた両さんが派出所に出勤するという設定内容だったのですが、そこから繰り広げられるエピソードは、相変わらずの「両さん節」が炸裂。

 

なんだか「こち亀」が入るとより一層、「週刊ジャンプ」も華やぐ感じがします。

 

これからも時々、週刊ジャンプに「こち亀」が登場して、両さんが暴れてくれたら嬉しいなぁ☆

 

スポンサーリンク