子供の誕生日やクリスマスなど、特別な日に何かをプレゼントする時、私はよく「トイザらス」を利用します。

 

広い店舗内に、オモチャやベビー用品がたくさんあって、大人の私も見ていて楽しいし、飽きないからです。

 

ただ、たくさんありすぎてワクワクする反面、正直、どの商品が新作でどれが人気があるものなのか迷う時もあるんです。

 

そして、広いが故に商品の管理も大変なのでしょうが、箱が壊れているオモチャや、箱だけ残って中身がなくなっているオモチャも見かけた事があります。

 

そういったものを見かけた時には、店員さんに知らせるのですが、「こういうのが多くて困ってるんです…」と暗い表情でお話されていました。

 

宮城県には2017年9月時点で、トイザらスは3店舗(石巻矢本店・仙台泉大沢店・名取りんくうタウン)あるのですが、大きなオモチャ屋さんを求めて、この3店舗に来客が集中すると、商品を購入するお客様側も、商品を管理するお店側も大変ですよね。

 

間も無く、クリスマスシーズンを迎えるので、その時には混雑具合もお店の忙しさもピークになるかと思うのですが、なんと!そのクリスマスシーズンを迎える前に、宮城県にトイザらスがさらに1店舗、新規オープンする事が決まりました!

 

「トイザらスの小型店舗」がついに東北にオープンします

成長拡大を目的とし、2016年11月から「トイザらスの小型店舗」が札幌市や茨城、ひたちなか市で展開されています。

 

その「トイザらスの小型店舗」が2017年10月19日(木)に、東北で初めて「トイザらス仙台長町店」として、新規出店されます。

 

なぜトイザらス「小型店舗」なのか

「トイザらス=大きなオモチャ屋さん」というイメージが強い中、店舗サイズを平均的な売り場面積の約3割〜5割に収めた小型店舗として新規オープンする理由として、

 

「従来は出店したくても立地条件などの問題により、店舗をオープンする事が困難だった所に、お店の規模を小さくして店舗をオープンすることで、新たなお客様の開拓につながる」

 

という事があげられます。

 

スポンサーリンク



確かに大きなお店を構えようと思えば、いろいろな立地条件やら問題がでてくる事もあるでしょうね…。

 

小型店舗といえども、新しくトイザらスが増える事で、お客様が分散されて、購入する側も快適になって、商品を管理するお店側の負担も少なくなれば良いですよね。

 

同じトイザらス同士でも、売り上げを競い合う場合は、ライバル店の新規オープンにより、これまでの店舗は売り上げ維持するのに大変かもしれませんが…。

 

トイザらス「小型店舗」の魅力

小型店舗に並ぶ商品は、人気商品や定番商品に限定され、もしお店で取り扱いがない商品が欲しい場合は、タブレット端末を使用して、オンラインショップで購入できるそうです。

 

冒頭でお話ししたように、広い店舗にたくさん商品が並ぶ様子は、ワクワクする反面、どの商品が新作でどれが人気があるものなのか迷う時があるので、私は小型店舗のように、人気商品や定番商品を限定して店舗に並べて欲しい派です。

 

娘のクリスマスプレゼントを選ぶ時は、「トイザらス仙台長町店(THEMALL仙台長町 内)」を見てみようかなと思っています。

※仙台長町店に続き、10月20日(金)には関西初の「トイザらス堺鉄砲町店(大阪府堺市イオンモール堺鉄砲町 内)」もオープンします☆

 

そして、店舗が小型化される事で、お店側も商品管理にもっと目が向けられるようになれば良いなと願います。

 

箱が壊れていたり、中身がない商品を見かける度に心が痛んで、ワクワクしていた気持ちが一気に暗くなってしまうので…。

 

海外のトイザらスが経営破綻した事による日本への影響は?

トイザらスの小型店舗が新規オープンするという話題が出ている中、心配なニュースが。

 

アメリカの大手おもちゃ販売チェーントイザらスは、アメリカ国内で800店舗以上を展開し、さらには日本を含む38カ国に進出していますが、アメリカとカナダの事業で2017年9月18日、日本の民事再生法にあたる連邦破産法11条の適用を申請し、経営破綻したと発表されました。

 

ネット通販に押されて売り上げが減少した事が原因のようです。

 

実はこのニュースが発表される前に、宮城県に東北初のトイザらス小型店舗がオープンするという記事を書いており、このニュースを聞いた時に

「あれっ…?日本のトイザらスは大丈夫?新規オープンもできるの…?」

と思って一旦、ブログの更新をせずにいました。

 

しかし、現時点では日本の事業に影響はないようで、あくまで破産法の適用を申請するのはアメリカとカナダの事業のみのようです。

 

ネット通販にはない手から手への優しさを感じたい

私はまだ、宮城県内のトイザらス3店舗にしか行った事がないのですが、トイザらスは平成3年に日本で初出店されてから、どんどん店舗数を増やし、現在では160店舗に上っているそうです。

 

確かにネット通販は便利で手軽なのですが、個人的にはオモチャを見たり触れたりする事で、「楽しい」とか「可愛い」とか、いろいろな事を子供に感じて欲しいです。

 

そして、ネット通販にはない、店員さんの手から子供の手へ、「手から手」の優しさや温かさなども感じて欲しいと思っています。

 

だからこそ、子供も大人も夢中にさせるオモチャを扱うトイザらスには、まだまだ頑張ってもらいたいのです。

 

最後に、熱く語っておいてなんですが、我が娘はトイザらスに行ってもオモチャは見るだけで満足して、帰り際にガチャガチャ(ガシャポンですかね)をして大喜びしています。

 

トイザらスでガチャガチャだけして帰ってくるんです。笑

 

「手から手の優しさや温もりを…」なんて言っておきながら、娘がトイザらスでその優しさや温もりを感じたのは、ガチャガチャが途中でつまって出てこなかった時、店員さんに取ってもらって手渡された時だけです。笑

 

姪っ子の誕生日やクリスマスプレゼントを購入するのに、よくトイザらスは利用していましたが、最近は全然、トイザらスに貢献できていないです…。

 

クリスマスまでに、娘がどんな物を欲しがるのか、高いのはチョットごめんなさいですけど、極力、希望のオモチャをトイザらスで買ってあげたいなと思っています。

 

スポンサーリンク