私は1年前、「シャンプーするのが面倒」「イメチェンしたい」という単純な理由から、髪の毛を25cm切りました。

 

美容師さんは切る前に「もったいないね〜。いいの?」と、私がバッサリ切る事に対して、ためらっている様子でしたが、私は「どうせまた伸びるからバッサリ切っちゃってください」とお願いしました。

 

でも今は、あの時25cmもバッサリ切ってしまった事を後悔しています。

 

私が長い髪に対して「シャンプーが面倒」とか、「イメチェンしたい」と感じていた事、「どうせまた伸びるから」という思いを持っている事は、決して当たり前の事ではなく、そうしたくてもできない、そう思いたくても思えない人がいるという事に気づいたからです。

 

自分の髪を寄付する事ができて、その事で誰かが喜んでくれるなら、迷わず寄付したかった。

 

私、次こそ「ヘアドネーション」します。

 

「ヘアドネーション」とは

病気や不慮の事故などが原因で、髪の毛を失い、ウィッグを必要としている18歳以下の子供や女性の為に、寄付された人毛で医療用ウィッグを作り、無償で提供する活動です。

 

最近では、芸能人の方々も続々と「ヘアドネーション」した事で注目を浴び、「自分の髪の毛を役立てたい!」と希望する人が、子供から大人まで、徐々に増え続けています。

 

私は以前、この活動が海外で積極的に取り組まれているという事を、テレビで知ったのですが、その時はあくまでも海外の話であって、日本ではまだ、この取り組みは行われていないものだと思い込んでいました。

 

しかし、日本でごく最近、注目され始めた「ヘアドネーション」。

実は2009年から「NPO法人 JHDAC(ジャーダック)」さんがいち早く活動に取り組んでおり、その活動が髪を寄付した方々により広められ、今ではこの取り組みに賛同する美容室も、全国に点在するようになりました。

 

スポンサーリンク



きっかけは「もったいない」

切った後の髪の毛が、美容室の床に散らばっているのを見た時、口に出さなくても「もったいない」と心の中で思った事が1度はありませんか?

 

そしてその髪が美容室の方によって、ほうきでサッサッと片付けられている様子を見ると、なんだか自分のゴミを片付けさせているようで、申し訳なく思う時も…。

 

この活動のきっかけは、まさにそれで「切ってゴミになるのはもったいないから、世の中の役に立つように」と考えられた事が始まりなんです。

 

「ヘアドネーション」に賛同する美容室が増えたとはいえ、ここ数年で私がお付き合いを含めて伺った美容室3店舗では、この活動についての話をされた事もないですし、店舗に案内が貼ってある様子もありませんでした。

 

自分から美容師さんに聞きにいくくらいの知識を、自分自身が持ち合わせているのが望ましいとは思うのですが、もっと積極的に「ヘアドネーション」に取り組んでくれる美容室が増えてくれる事を願います。

 

「ヘアドネーション」できるのはどんな髪?

自分の髪の毛を寄付しよう!と決めた時に、でも私の髪はくせ毛だし、寄付できるのかな?大丈夫かな?など、疑問に思う人もいると思うのですが

引っ張ると切れてしまうくらいのダメージがなければ、基本OK!

 

髪質は問われず、パーマやカラーリングをしていても、髪を寄付できるんです。

 

 

そして気になるのが、寄付できる髪の長さですが、これまで「31cm以上」と言われてきましたが、最近では

15cm以上であれば寄付できる

ようになりました。

 

人の髪が伸びるスピードは、だいたい1ヶ月で1cmと言われているので、31cmも伸ばすとなると、約2年半かかりますが、15cmだったらなんとかできそうな気がしませんか?

 

私は今、この「15cm以上」の寄付に向けて、今すぐ切りたい!という衝動を抑えています。

 

鎖骨まで伸びた中途半端な長さが、思い切り似合わない私。

顔が老けて見える、顔が大きく見える、家族から私の見た目に対しての意見が飛び交っていますが、別にいいんです!

 

今の私の目標は「ヘアドネーションする事」なのだから!

 

※「ヘアドネーション」を受け付けている所により、カラーしてある髪はNG、髪の長さは何cm以上、などの条件が変わってくるので、事前に要確認です。

私は今回、「JHD&C」さんと「つな髪」さんを参考にさせて頂いております。

 

長い髪(50cm以上)は常に不足しているそうです…

今回、私の目標は「15cm以上」の長さの髪を寄付する事なのですが、常に不足しているのは、ロングヘアのウィッグを作るために必要な、「50cm以上」の髪の毛だそうです。

 

15cm以上】…部分ウィッグや髪の毛付きインナーキャップウィッグ

 

31cm以上】…医療用ウィッグ

 

50cm以上】…ロングヘアウィッグ

 

主に髪の長さ別で、作られるウィッグの種類が変わってくるのですが、確かに常に不足していると言われている「50cm以上」は、すごくハードルが高い感じがしますよね。

 

でも、ロングヘアに憧れる女の子や女性の気持ちはすごくわかるので、だからこそ、私は1年前に、25cmもの長さの髪をゴミにしてしまった事を、とても後悔しています。

 

15cmからでも髪の活用法があるなら、25cm切った私の髪だって、誰かの役に立ったかもしれない。

 

もしくはあの時に切らないで、今も伸ばし続けていたら、50cmだって夢じゃなかったかもしれない。

 

いつまでも後悔していても何も進まないので、今はすぐに誰かに届けられる長さの「15cm」を目指して

・髪質…普通

・クセ…なし

・カラー…黒髪(7年前から染めるのを辞めました)

・白髪…恐らく今のところナシ

の私。できるだけ寄付する髪の状態を良くする為に、「髪へのいたわり」始めます。

(いつもヘアケアは適当すぎるので…)

 

ヘアドネーションの基本的な流れ

1.髪全体の毛量によって、毛量が少なめの方は3束、多めの方は4〜5束ずつ髪を分けて、輪ゴムでしっかり留めます。

 

2.輪ゴムで留めた部分の1cm上をハサミでカットします。

 

※束にする際、ハサミを入れる1cm下のところを輪ゴムでしっかり留めましょう。

1本に束ねて切ると、バラバラになりやすいので、3〜5束に分けてハサミを入れるようにしましょう。

 

3.カットしたそれぞれの髪の束を、さらに1つにまとめてゴムで留めます(必ず)。

 

4.梱包して指定の場所へ発送します。

 

※発送する際は、カビなどが発生しないよう、シャンプー前の「よく乾いた髪」を送ります。

また、「ヘアドネーション」を受け付けている所によっては、事前に申請が必要だったり、発送方法に決まりがあるところもありますので、よく確認してください。

 

スポンサーリンク



ウィッグが求める人の手元に届くまで

毛髪の仕分けと選別が行われた後、工場で丁寧な化学処理がほどこされ、ウィッグが作られるのですが、

・ウィッグにする前に、ウィッグを求めている人の頭の型を取る

・ウィッグができた後に、求めている人の要望に合わせてカットする

など、その行程は様々です。

 

私が「ヘアドネーションしたい」と改めて思ったきっかけというのが、NHKの番組(再放送)で、ヘアドネーションの特番を見た事なのですが、長い間、ウィッグを待ち望んでいた女の子の嬉しそうな顔。

 

そしてウィッグをつけて、綺麗にメイクした時の美しさ。

 

もともと顔立ちの整った綺麗な女の子でしたが、ヘアドネーションにより提供されたウィッグをつけたら、より美しくなって、つい見入ってしまいました。

 

まだまだウィッグを求める人はたくさんいます

ヘアドネーションが徐々に認識され始め、髪の毛を寄付してくれる人も増えていますが、1つのウィッグを作るのに、約30人分の髪の毛が必要なのだそうです。

 

ウィッグが欲しいと希望していても、手元に届くのには時間がかかるようで、私がテレビで見た女の子も、1年待ってようやく手元に届いていました。

 

それでも「待つ期間よりも、いっぱいヘアアレンジしたり楽しみの方が強いから」と心待ちにしていたようです。

 

100%人毛のウィッグは、購入するとなると数万円〜数十万円しますので、悩みを抱えてウィッグを必要としても、なかなかすぐに購入するのは難しいです。

 

自分にとっては、切った後の髪は不要なものでも、それを必要としてくれる人がいる。

 

寄付ってお金や物だけじゃないんですね。

 

ヘアドネーション(15cm)は第1目標!

もともと31cm以上がヘアドネーションの条件だったように、私も本当ならもっと髪を伸ばして、長い髪を寄付すべきなのかなと迷う事もあるんです。

 

実際、長い髪のウィッグを求める方が多い中、15cm以上でもOKになった事で、短い髪の寄付が多くなっている…というのも耳にした事があるので。

 

ただ、15cm以上でもヘアドネーションできる(「つな髪」さん)と知った時の嬉しさと、寄付させて頂きたい!という強い思いを薄れさせたくないんです。

 

まずは第1目標15cm以上!第2目標31cm!というように、目標のハードルを上げて取り組んでいきたいなと、勝手ながら思っています。

 

余談ですが、髪を切った後って伸びるペース早くなりませんか?

 

一時期、頻繁に髪を切っていた時があったのですが、その時に美容師さんに「普通の人は1ヶ月に約1cm伸びるのに、1.5cm〜2cm伸びてますね」と言われた事があって。

 

第2の目標である31cmまでにかかる時間は、平均して約2年半かかるといわれていますが、1ヶ月に2cmも伸びたら、約1年3ヶ月で達成できるんですよね。

 

今、ヘアドネーションの目標を持つ事で、私は毎日ワクワクしています。

 

勤めていた頃は、売り上げだなんだの目標に縛られてすごく嫌だったのに。

 

今はヘアドネーションの目標に向けて、誰かが喜ぶ姿を想像しながら、早く髪が伸びるように、シャンプーとトリートメントを念入りにしたり、しっかり睡眠をとるようにしたりしています。

 

久しぶりに目標を持つ事の楽しさを、ヘアドネーションに教えてもらいました。本当に感謝です。

 

まずは第1目標15cmを達成し、次のステップ(31cm)に臨んでいきたいと思います!

 

お近くのヘアドネーション賛同店をチェック

私がヘアドネーションしたいと思った時に、参考にさせて頂いた「JHD&C」さんと「つな髪」さんをご紹介させて頂きます。

 

JHD&Cさん

https://www.jhdac.org/hairdonation/hair.html

 

つな髪さん

http://www.organic-cotton-wig-assoc.jp/

 

自分で切って、もしくは家族や友達に切ってもらって直接、送る方法もありますが、ヘアドネーション賛同店の美容室であれば、切った髪を代わりに郵送してくれます。

 

「JHD&C」さんでは、ヘアドネーション賛同店の検索もできますので、ご興味がある方はぜひ検索してみてください。

 

私の住む地域にも数店舗、賛同店があったので、 15cmでも受付てくれるのかどうか、事前に確認をしてから行ってみたいと思います。

(美容室によっては、ヘアドネーションは「31cm以上」と決まっている所もあるようなので…)

 

もし、バッサリ切ってしまおう!と思っている方がいたら、ぜひ一度、ヘアドネーションはどうだろう?と考えてみて欲しいです。

 

私の周りはまだまだ認知されていないので、押し付けるつもりは全くないのですが、もし周りの人に「髪をバッサリ切ろうと思うんだけど、どう思う?」と聞かれたら、ヘアドネーションの話をしてみたいと思っています。

 

私の妹と姪っ子がロングヘアなのですが、心の中で「バッサリ切ってくれ」と願っている私。

 

目標に対してメラメラ燃えすぎて、ちょっとガツガツしちゃってますね。笑

 

気をつけます。笑

 

 

スポンサーリンク