みなさんは辛い事があったり、思い悩んだ時、どうしていますか?

 

私はよく、静かな場所で夜空を見上げて、月や星を眺めていました。

 

それだけで心が浄化されるというか、自分の悩みがちっぽけなものに感じてくるというか。

 

そんな時に、ふと流れ星を見つけた時は、願い事をする余裕はなくても、なんだか幸せな気持ちになって、明日から何か良い事があるかも!と思えるんです。

 

流れ星なんて見た事がないよという人。

 

毎年、1年のうちに何回か「流星群」が活動している期間があり、その期間はいつもよりも多く「流れ星」が見られます。

 

つまり、その期間に明かりの少ない場所で夜空を眺めていると、今まで流れ星を見た事がない人も、流れ星を見つけて願い事ができるチャンスがあるという事です!

 

今回、毎年10月から11月にかけて、東の空でよく見られるとされる「オリオン座流星群」が、2017年10月21日(土)に観測ピークを迎えますので、まさに流れ星が見られるチャンス日なんです!

 

スポンサーリンク

流星群の中でも「オリオン座流星群」は確認しやすい

実は流星群は、ほぼ1年を通して見られ、主要な流星群として

・春(4月)「4月こと座流星群」

・夏(7月・8月)「ペルセウス座流星群」

・秋(10月・11月)「オリオン座流星群」

・冬(12月・1月)「しぶんぎ座流星群」

などがあげられます。

 

主要な流星群の中でも、「オリオン座流星群」は2番目に流星の速度が速く、明るい流星が多いといわれていますので、肉眼でも見つけやすく、確認しやすい流星です。

 

普段なら、流れ星を見るために夜空と数時間はにらめっこ…という状態ですが、オリオン座流星群の観測ピーク時には、1時間のうちに10個以上もの流れ星を見る事ができる可能性があります。

 

「オリオン座流星群」観測ピーク時間

2017年のオリオン座流星群が観測ピークを迎える時間は

10月21日20時から22日の明け方にかけて

と言われています。

 

しかもこの日は、月と太陽がほぼ同じ方向にある「新月」にあたるので、月明かりの影響で流星群が見えない!という心配もほぼなく、観測条件は「最良」との事。

 

流星群は、タイミングによっては昼間だったり観測しづらい時間帯になる事もあり、月の状態や観測ピークを迎える時間帯で、ここまで条件が揃うのは、あとしばらくないそうです。

 

「オリオン座流星群」観測条件「最良日」は台風第21号が…

10月12日の時点では、沖縄・奄美は雨の可能性があり、観測は難しいとされながらも、広いエリアで「オリオン座流星群」がハッキリ見えそう、もしくは雲間から見えそうと言われていました。

 

ぜひとも観測条件「最良」と言われる時に、綺麗な「オリオン座流星群」を見たかったのですが、10月19日の時点では、観測できるであろうエリアが、だいぶ狭い範囲に限られてしまいました…。

 

オリオン座流星群が見られるチャンスがあるエリアとして

・北海道の太平洋側

・東北地方(雲の隙間から)

があげられており、宮城県に住む私はなんとかギリギリ、チャンスがありそうですが、台風の進路状況によってはわかりませんよね…。

 

楽しみにしていただけに、ニュースで台風情報を見るたびにガッカリします。

 

スポンサーリンク

ガッカリするのはまだ早い!

私を含め、「オリオン座流星群を見たかったのに〜!」という方に朗報です。

 

2017年10月21日の21時から23時まで、星空が綺麗だと言われるハワイ島から、「オリオン座流星群」が生中継されます。

 

台風の影響により、肉眼でオリオン座流星群を観測するのは難しい状況ですが、この生中継を見ることで、リアルプラネタリウムが楽しめますね!

 

生中継は、ウェザーニュースのWebサイトの他にも

・ニコニコ生放送

・YouTube Live

・LINE LIVE

・Periscope

・FRESH!

・Facebookライブ動画

などの各種動画サイトで視聴できるようになっています。

 

天候によっては、中継時間が変更になる可能性もありますので、興味のある方は、ウェザーニュースのWebサイトをチェックしてみてください☆

https://weathernews.jp/s/star/orion/

 

11月に見頃を迎える「しし座流星群」に期待

私は2001年に、約33年の周期で見られるという、「しし座流星群」の大出現を友達と見たのですが、何これ大丈夫?!と思うほど流れ星を見る事ができ、あの感動は15年以上経った今でも忘れられません。

 

それもそのはず。2001年は日本でも1時間に約1,000個以上の流星群が観測されたのです。

 

残念ながら2003年以降は、しし座流星群が減少傾向にあるようで、また2001年のように、1時間の間にたくさん流れ星が見られるのは、当分先になると言われています。

 

それでも、2017年はしし座流星群の大出現とまではいかないにしても、

11月17日19時から18日の未明が観測ピーク

と言われており、月明かりなどの明かりが少ない場所で、天気にも恵まれれば、どの方向からでも観測できる可能性があるようです。

 

11月中旬で、さらには深夜となると、かなり寒さが厳しくなります。

 

流星群の観測は、見えるまで根気勝負になりますので、安全な場所で防寒を忘れずに、流星群の観測を楽しんでください。

 

ちなみに私は2001年にしし座流星群が大出現した際、周りに他の家も街灯もない友達の家の庭でブルーシートを敷いて、ニット帽とマフラー、さらには毛布をかぶり、自動販売機で買った缶のコーンポタージュを飲みながら見ていました。

 

大出現の時ですら、たくさん流れ星が見られるまで2時間近くかかり、それまでは本当に数個の流星しか見られなくて、「なんだこれだけか」と途中で諦めそうになったんです。

 

でも、深夜になったらビックリするくらいの流れ星を見る事ができて、友達とアラジンの「A Whole New World」を両手を広げながら歌っていました。

(今思うとなかなか恥ずかしいですね。笑)

 

みなさんはこんな事せずに、11月のしし座流星群が見られる際には、しっかり願い事してくださいね!

 

星と月には不思議な力があると思う理由

辛い事や悩み事がある時、静かな場所で月の光を浴びながら、星を眺めていると、泣きたい気持ちとか嫌な思いがスーッと吸い取られていって、心が浄化されるのを私は感じます。

 

よく、パワーストーンの浄化方法にも、月の光が当たる場所に置いて「月光浴」させるという方法がありますが、これも月が持つ神秘的なパワーが、石を元気にしたり、身につける人を守ったり、活力を与えるものと信じられているからなんですよね。

 

星に関しても、紀元前3世紀ごろからあるとされる「占星術」や「12星座の星占い」が昔も今も注目されているのも、やはり星が持つパワーが、私達に何かしらの影響を与えると信じられているからなのでしょうね。

 

流れ星が消えるのが早すぎて、願い事するなんて無理!と思っていても、流れ星を見た時に「すぐに願える願い事」、つまり「強い思い」を星のパワーにゆだねてみるのも良いのではないかと思います。

 

実際に私が「パワーを感じた出来事」

私が月や星に不思議な力があると思う理由の1つに、私自身が1度だけではありますが、約3年前に不思議な体験をしたからです。

 

2014年の11月5日、一生に1度しか見られないと言われる「ミラクルムーン」が171年ぶりに見えるという事で、大変な話題になりました。

 

私はこの時、長年、子供が授からずに悩んでいたピークで、検査を行ったり、治療を始めた方が良いのかどうか考えていた時でした。

 

私は悩んだ時は夜空を見上げる事で、癒しを感じていたので、すごく明るい光を放つミラクルムーンを見た時、涙が出ました。

 

そして「授かった子供は絶対に大事にします。だから私のもとに赤ちゃんが来てくれるように、パワーをください。」と願いました。

 

その願い事を、心の中で何回か繰り返していたら、お腹の辺りがどんどん温かくなっていくのを感じて、ガッチリ固定?されたような感覚になったんです。

 

それは思わず「えっ?」と言ってしまうほどハッキリとした感覚でした。

 

その後すぐ妊娠がわかり、元気な女の子を翌年に無事出産できたのですが、私にとってあの時の体験は、今でも宝物です。

 

そんな事もあり、星や月には不思議なパワーがあるのではないかと、今でも信じている私です。

 

流星群が見られる日や、月が綺麗に見える夜など、ぜひみなさんも暖かい格好をして、夜空を見上げてみてください。

 

嫌だな…と思う気持ちが、ちょっとだけなくなるかもしれません。

 

そして、みなさんの強い願いが良い方向へ向きますように。

 

スポンサーリンク