私は財布にこだわりがなく、ノーブランドだろうがなんだろうが、すごく惹かれる財布に出会った時に買い替えるようにしています。

 

最後に「これだ!」という財布に出会えたのは、もう15年も前の話で、ここしばらくはお気に入りの財布に出会えずに、7年前に夫から誕生日プレゼントでもらった財布を使い続けていました。

 

「気にいっているから」というよりは、「せっかくもらった物だから」という思いで。

 

 

長い間、本当に気に入った財布との出会いがなかった為、財布が欲しいという欲や、買い替えようという意思はなかったのですが、2017年11月、ついに出会う事ができました!

 

「絶対にこれが欲しい!」と思える財布に。

 

お金以外に何を財布に入れていますか?

結局、私は一目ぼれしたシンプルなデザインの茶色い長財布を、約5,000円でネット購入したのですが、この買い替えを機に、財布の中を整理して綺麗に使っていこう!と決めました。

 

これまで使っていた長財布の中身を改めて確認してみると、よくこんなに入っていたな?!と思うくらい、クレジットカードやキャッシュカード、ポイントカードや診察券が出てくる出てくる…。

 

ずいぶん、財布に無理させていたなぁ。

 

他の人は財布の中に現金以外、何を入れているんだろう…とふと考え、夫の財布の中を見せてもらいましたが、

現金(小銭いっぱい)、ポイントカード、割引券、診察券などがギッシリ詰まっていて、長財布が変形していました。

 

小銭がいっぱいなのは、2歳の娘がガチャガチャをする事にハマっているので、いつでも200円取り出せるようにとの配慮からなのですが、財布が小銭で圧迫されて可哀想。

 

小銭だけ、別に小銭入れを作って、分けて管理したら?と言っても

「面倒くさいからいい。」

 

 

私は夫みたいに、小銭で財布が圧迫されてお札もカード類もクタクタになって、財布の型が変形してしまうような使い方は避けたい。

 

でも現金以外、全く財布に入れないのもなんか不安。

 

という事で、@niftyニュースで2013年10月に公開された「お金以外で財布に入れているものランキング」を参考にしてみる事に。

 

スポンサーリンク

私だけじゃなかった!女性の1位は「ポイントカード」

ポイントカードがありすぎて、お店でお会計する時に探し出せなくて、モタモタする時ありませんか?

 

私は何回もあります。

 

女性ってお得になる事が大好きなので、「ポイントカード」という響きに弱い。

(少なくとも私は)

 

@niftyニュースで2013年に公開されたランキングによると、女性がお金以外で財布に入れているもの、第1位はやっぱり「ポイントカード」。

 

1位  ポイントカード

2位  クレジットカード

       キャッシュカード

3位  割引券、クーポン

4位  レシート、領収書

5位  保険証

 

ちなみに男性の場合は

1位  クレジットカード

        キャッシュカード

2位  ポイントカード

3位  免許証

4位  レシート、領収書

5位  保険証、診察券、会員証

 

だったようなのですが、私の財布の中身は完全に男性寄りというか、男性側のランキングの物で財布の中身が構成されています。

 

むしろ夫の財布の中身が女性側ランキングそのものです。

 

免許証を財布に入れるのはおかしいの…?

夫に以前から、「免許証を財布に入れていたら落とした時に危ないだろ!」と言われているのですが、確かに、先ほどのランキングを見ると、女性で財布に免許証を入れている人って少ないのかもしれないですね。

 

夫はもともと、免許証は財布と別にしてケースに入れて、車の中に置いているのですが、私からしたらその方が危ないんじゃないかと思うんです。

 

車上荒らしにあったら…とか。

 

財布の買い替えを機に、免許証を別にしようかとも考えたのですが、財布の中にあれば、財布を落とさないように、置き忘れないように慎重になるので、財布と別に免許証を持つより、安全なのではないかと個人的には思ってしまいます。

 

しかも今、銀行での手続きやポイントカード作成の時にも、免許証の提示を求められる事が増えているので、財布の中にあった方が取り出しやすいんですよね…。

 

父も母も、免許証は別に持ち歩いていて、財布の中は危ないと言うのですが、何年も財布の中に免許証を入れて持ち歩いている私が、急に別にして持ち歩くようになったら、恐らく、免許証を失くしてしまうと思います。

 

大切なものは、自分が管理しやすいようにしておくのが1番だと思うので、私は新しい財布の中に、免許証もお引越しさせる事にしました。

 

「財布」=「自分の家」だと思うようにしたら、中身が綺麗になった

今回、15年ぶりに「これだ!」と思える財布に出会えた私。

 

この財布が壊れても、また同じ財布を購入して使い続けていきたいと思うくらい、気に入っています。

 

本当にシンプルな茶色の長財布なのですが、どこか上品さがあって、大きさも丁度良くて、中も黒色でシンプルな作りながら機能性が良く、私がもしお札だったら、心地よく居られるお財布です。

 

私がお札だったとしたら、財布は私の家だから…と考えると、傷めないように丁寧にファスナーを開け閉めしようとか、中はお金以外の余計なものを入れずに、綺麗に使おうとか、自然に扱いが丁寧になり、お財布に対して優しくなれるんです。

 

レシートも財布に入れなくなったし、カード類も、必要最低限に絞って入れました。

 

お札の向きも、きちんと揃えて入れる事で、より財布の中が綺麗になり、ポイントカード類も最低限に絞って、いつもバッグに財布を入れたまま、バッグごと床に置いていたのに、ちゃんと棚の上に置くようになりました。

 

高価な財布ではなくても、「大切にしたいと思える財布」を選ぶ事が、財布との上手な付き合い方なのかもしれないと、思いました。

 

100円ショップのカードケースが使える!

結局、お金以外のもので新しい財布の中に私が入れたものは

・クレジットカード 2枚

・キャッシュカード 2枚

・運転免許証

・健康保険証

なのですが、ポイントカードや診察券はどうしようと考えた時に、100円ショップで売っているカードケースに入れる事にしました。

 

実は前にも、ポイントカード類はカードケースに入れて持ち歩いていた事があったのですが、カード類を入れる透明の袋部分がペラペラだった為、カードが取り出しづらくて不便に感じ、結局、財布の中に戻してしまったんです。

 

だから今回は、割としっかりめ(固め)のカードケース(名刺入れタイプではないもの)を選んで購入したのですが、大正解!

 

カードケースを閉じるために、ボタンがついているものが多いのですが、私はカードを取り出す時に、ボタンを外してカードケースを開いて…という動作すら手間に感じてしまうので、今回は本当にシンプルなものにしました。

 

利用頻度の多いポイントカードが前に来るように、カードケースに入れて使用しているのですが、ポイントカードや診察券が取り出しやすくて、整理しやすくて、肝心なお財布の中もスッキリして、良い事だらけでした。

 

そして、ポイントカード類を整理するきっかけづくりにもなり、使用期限が切れているもの、もう行っていない病院の診察券など、処分できるものが何枚かあり、24枚入りのカードケースだったのに、7枚分しか使っていません。笑

 

お財布の中のカード類の整理には、100円ショップのカードケースがオススメです!

 

スポンサーリンク

風水が趣味の友達から、財布を買い替えた私へのアドバイス

スーパーで買い物をしていたら、偶然、風水とタロット占いが大好きな友達に会い、私が手に持っていた新しい財布を見て、アドバイスをくれました。

 

財布を買い替える時に、どんな財布にしたら良いかなどを、この友達に相談すればいいのですが、私は「自分が本当に惹かれたもの」を買いたいので、風水的にはこの時期に買うとか、この色がいいというのがあっても、それに合わせて選ぶ事が難しいので、あまり気にした事がありません。

 

ただ、夫は気にするタイプで、春に財布を買った方がいいとか、黒か茶色の長財布でカード類がたくさん入るもので…など限定してしまう為に、「まぁまぁ気に入った財布」を無理やり買う感じです。

 

そして物を長く使う(修理などをして)人なので、まぁまぁ気に入った財布を本当に壊れてしまうまでいつも使っているので、風水とかあまり気にしないで、本当に欲しい財布を買えばいいのにな、と私は思ってしまいます。

 

こげ茶色の長財布を選んだのは大正解!だそうです

風水が大好きな友達が言うには、私が新しく購入した茶色(暗め)の財布は、

金運・仕事・健康・恋愛など、あらゆる運気を安定させる色

のようで、さらには

お金を貯めたい人に最適な色

なのだそうです。

 

茶色は植物が成長し、生きていく為には欠かせない存在である土を表し、植物を食べる動物や人間をも育てていく、生命を維持していくのに大切なものである為、運気を育て、安定させる力もあるのだとか。

 

そして、お札が体を伸ばしてゆったりと過ごせる事で、住み心地が良い家(財布)だと感じ、財布の中にとどまって浪費を抑えてくれたり、新しい仲間を「この家(財布)、住み心地が良いからお前も来いよ!」と呼んでくれるので、お金が貯まりやすくなるそうです。

 

と、言いつつアドバイスしてくれた友達が見せてくれた自分の財布は、白地にカラフルな花模様の財布です。

茶色の要素、一切ナシ!!笑

 

財布をたまには休ませてあげてね!

友達に「家に帰ってから、財布をちゃんと休ませてる?」と聞かれ、財布を休ませるという感覚がわからないので、どういう事か聞いてみると、財布は常にバッグの中で窮屈にしていて、ストレスがたまっているのだそう。

 

家に帰ってからは、できるだけ

バッグから財布を出して、タンスの引き出しやクローゼットなどの暗いところで寝かせてあげる

のが良いそうです。

 

バッグごと床に置いていたり、火元に近い所(台所、暖房器具の近く)は金運を遠ざけてしまうからね!と。

 

あとは時々、汚れを優しく拭き取ってあげる事も大切なのだとか。

 

確かに友達の財布は、白なのにとても綺麗でした。

 

スポンサーリンク

黄色もしくは金色の鈴をつけるといいよ!

「この財布、あとは鈴をつけたら最高だね」という友達の一言。

 

鈴?!

 

うちのおばあちゃんも近所のおばあちゃん達も、確かに鈴をつけていたけれど…

それは財布を失くさない為にであって…

 

友達のアドバイスによれば、

ファスナーの部分に、小さくても良いから黄色か金色の鈴をつけると、鈴の音が「こっちに集合〜!」とお金を呼び寄せてくれたり、魔除けになって悪い気を寄せない効果

があるのだとか。

 

もし、すごく惹かれる鈴に出会えたら、財布につける事を検討してみようと思いますが、とりあえず今回の財布にはつけない方向でいきます。

 

お気に入りの財布でも、3年を目安に買い替えた方がいい

「前の財布を7年ちょっと使った」と話したら、気に入っているものは確かに長く使いたくなるけれど、

できれば財布は3年ごとに変えた方が良い

そうです。

 

なんでも、財布が劣化していくごとに、お金を導く力も落ちていくのだとか。

 

「だって、そんなに惹かれる財布にめったに出会わないから、3年ごとに替えるのは難しいんだもん。」と答えると、

 

「惹かれる財布は自分から探しに行くの!待ってちゃダメ!」と、ブルゾンちえみさんのセリフのような事を言われました。

 

友達は、常に欲しい財布があって、しばらく先まで買い替え予定の財布が決まっているそうです。

 

やっぱり財布の中は整理して綺麗にしておく事が大事!

友達が会計時に、ポイントカードの提示を求められ、私と同じようにカードケースを使っていて、そこから取り出していたのですが、店員さんに「このカードは他のお店さんのです…」と言われており。笑

 

「あれ?こっちのカードケースだったかな?」と別なカードケースを取り出して探し始め、思わず「何冊あんのよ!!笑」とつっこんでしまいました。

 

私は財布にクレジットカードやキャッシュカード、免許証や保険証を入れ、それ以外のポイントカード類はカードケースに入れているのですが、友達はお金以外、一切、財布に入れていないんです。

 

財布の中が、カード類やレシートなどでパンパンになっていると、財布が傷みやすくなるのと、お金が「入りたくないと思う」、もしくは「入る余地がない」と思ってしまい、金運を遠ざけてしまう

からだそうです。

 

だからカードケースを使っているのは正解だよ!と友達に言われたのですが、友達はカードケースの使い方に改善が必要だと思います。笑

 

混んでいる時にレジの前で、どのカードケースだっけ?カードはどこだ?と時間を取られ、最終的に違うお店のカードを出されたら、お店側と後ろに並んでいる人に、ちょっと迷惑がかかると思うので…。

 

財布を買う時期を意識するなら…

私は2017年11月8日の仏滅の日に、新しい財布と出会い、11月9日の大安に購入し、11月15日の大安から使い始めたのですが、それを友達に話したら、購入に適した時期を知っていて、あえてその時期に買ったのか?と聞かれました。

 

購入する日や使い始める日は、大安とか良い日にしよう!くらいは思いましたが、本当に欲しい財布に出会ったのがたまたまその時期で、出会っていなければ買わなかったし、夏に出会っていれば夏に買い替えていました。

 

友達によると、新しい財布を買う時期は

「春=張る」という事で、立春(2月4日ごろ)からひな祭りまで

「秋=実り」という事で、お彼岸(9月20日ごろ)から11月24日まで

が良いのだとか。

 

私は買う時期を意識していませんでしたが、実りの秋に財布を購入できていたんですね。

 

もし、今から新しい財布への買い替えをご検討中の方がいれば、1月くらいまでに下見をしておいて、2月の初め、もしくは3月の初めに購入するのが良いかもしれませんね!

 

私も新しく購入したお気に入りの財布が、「実りある財布」だと信じて、さらに大切にしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク