「2018年5月に発売される、キッズステップカートをぜひ取り入れて欲しいです。」

 

今から約1年前、ショッピングモールやスーパーにある「お客様の声コーナー」に、まるで七夕の願い事のように書かせて頂いていた私。

 

お店に貼り出されたお客様の声の中に、私が記入させて頂いたものも貼り出されており、お店からの返事は

 

「他のお客様からもお声があがれば、前向きに検討していきたいと思います。」

 

熱望してるの私だけかい。笑

 

田舎だしな…簡単に取り入れてくれって言っても店側の経費がかかる事だしな…でもいつかは取り入れてくれたら嬉しいな…

 

そんな事を思っていたら、なんと!

 

地域で1番大きなショッピングモールでもなく、地域で人気のスーパーでもなく、まさかのドラッグストア(ツルハ)一部店舗で、2019年の3月から導入されていたんです!

 

こちらがその私が求めていた「キッズステップカート」です。

このカートが発売される前に、テレビで拝見していてずっと魅力的だと思っていたので、このカートが目に入った瞬間に嬉しくなって興奮しちゃいました。

 

パパとママの声から生まれた万能な「キッズステップカート」

子供用のカートは、今やほとんどのお店で取り入れられていますが、ほとんどが対象年齢が2歳未満までのカートが多く、2歳以上が対象の可愛いキャラクターカートは大きすぎて小回りもきかず不便だったり。

 

結局、途中で子供がカートを嫌がったり邪魔になったりして、抱っこする事になったり子供の行動やペースに合わせる事で自分の買い物ができなくなる、なんて事は日常茶飯事なのではないでしょうか。

 

特にお子さんが2人いらっしゃる方は、小さい子をカートに乗せたとしても、上の子がチョロチョロしたがる年齢だと、目が離せなくて大変ですよね。

 

「キッズステップカート」は、そんな悩みを抱えているパパママの為に考案された商品で、なんとステップ台に1人立ち乗りができて、さらには幼児座席にも1人座ることができる、今までありそうでなかったカートなんです。

 

まだ歩けない、もしくは歩くのが不安定な子供を前の幼児座席に座らせて、遊びたい盛りの子供をステップ台に立たせて、1つのカートに2人乗せられるので、

目を離して迷子になったらどうしよう…人にぶつかったらどうしよう…とハラハラしながら買い物をするという事がなくなります。

 

このキッズステップカートの対象年齢は、前部分の幼児座席が生後12か月~48か月未満、ステップ台は4歳~6歳が対象です。

 

我が家はまだ娘1人なのですが、周りには2歳~4歳差のきょうだいの子が多いので、このあたりの目の付け所も素晴らしいなと思いました。

 

キッズカートなのに商品もたっぷり入れられる

子供用のカートだと、どうしてもカートのほとんどを子供が乗るスペースが占めているので、たくさん買い物したい時や、大きなものを買い物したい時に、商品がカートに入れられなくて困ったという経験がある方もいると思います。

 

大抵の子供用カートは、カゴが1つしか入れられない仕様なのですが、「キッズステップカート」はなんと上と下の2ヶ所にカゴを入れる事ができるんです。

 

我が家では、自宅用と来客用にペットボトルのお茶やジュースをカゴ2つ分、購入する事があり、その時はかなり重くなるので夫に付き添ってもらうのですが、子供が乗るカートとは別にもう1つカートが必要になります。

 

それでも苦ではないのですが、夫もカート&私もカートで同じ場所にいると、通路をふさいでしまい、他の方に迷惑をかけてしまうのではと気になる時があって…。

 

キッズステップカートのように、子供を乗せながらカートにカゴ2つ分の商品を入れられるとなると、少なくとも我が家は助かります。

 

ステップには重い商品も乗せられる

ペットボトルを箱買いしたり、お米などの重いものを買う時、カートを利用する人が多いと思うのですが、積みにくいと感じた事はないですか?私はあります。

 

重いものをカートの上に乗せようとすれば、持ち上げなきゃいけないし、カートの下に乗せようとすればカートの上部分が邪魔になって、変な体勢で重いものを乗せないといけないし。

 

特に私はカートの下部分に重いもの乗せる時が苦手で、乗せようとした時にカートだけが前に進んでいく…なんて事も何回かありました。

 

キッズステップカートは、ステップ部分に4歳〜6歳の子供を乗せられるだけあって、スペースも広くとってあり、重い商品も安定して乗せられます。

 

そして、タイヤ部分にストップレバーがついているので、私のようにカートに重い商品を乗せようとしてカートだけが前に進んでいった…なんて事もなくなります。

 

子供連れのママだけではなく、重い荷物を乗せられる事に関しては、ご年配の方が利用するのにも良いかもしれません。

 

また、荷物だけではなく子供を乗せる時や乗せた後などもこのストップレバーを使いこなせば、より安心・安全に親子で買い物が楽しめると思います。

 

掴む部分が横にあるから押しやすい&安心

今までのカートは、パパママが掴んで押す部分が正面にあるものがほとんどで、不便ではないけれど、カートの造りによっては子供を乗せた時に、子供の顔の近くに両手がくるので子供から邪魔にされたりするんですよね。

 

我が娘も2歳になる少し前に「ママ。ここに手置いてダメ!」なんて言うことがあって、じゃぁどうすりゃいいんだと思いながら、持ち手の部分ではない下の方や端の方を掴みながらカートを押していた事がありました。

 

このキッズステップカートは、持ち手の部分が同じように正面にもありますが、サイド部分にもあって、ステップに立たせた子供に正面の持ち手部分を掴ませて、その子供を包み込むようにサイド部分の持ち手をパパママが掴む。

 

カートを押す大人がシートベルト代わりになるというか、子供の安全を自分で守れるところが親として安心ポイントだなと感じました。

 

大きいのに操作がラクで視界良好

子供用のカートでキャラクターものの大きいものは特に、操作が難しいところがあると思うのですが、キッズステップカートはとにかく操作がラク。

 

カートとしては大きいサイズになると思うのですが、操作してみたら曲がりたいのに曲がれない、カート自体が重い、通路で商品にぶつかる、というような今までの不満を私は感じませんでした。

 

ちょっと狭いかな…と感じる通路をカートを押しながら通る時に、気をつけなくてはいけないという気持ちは今までと一緒ですが、視界が良好なんです。

 

キャラクターもののカートや、乗り物の形をしたカートを操作した時に、プラスチックのパーツで囲まれた部分が多すぎて、正面やサイドがよく見えない、感覚がわかりにくいと感じた事はありませんか?

 

キッズステップカートは前も横も見えやすいので、あまり大きいと感じないというか、スムーズに操作できて親の私が楽しかったです。

 

キッズステップカートを取り入れてくれるお店が増えて欲しい

小さな子供を持つ親にとって、買い物は楽しみよりも「疲れる…」と感じる事の方がもしかしたら多いかもしれません。

 

私も間も無く4歳の娘と買い物に行くときは、「あれも買いたいけど多分、無理だからあれだけ買ってこよう」と最初から諦めモードで行くので、買い物を楽しいと感じる事はあまりないです。

 

でも、キッズステップカートを利用して買い物をしたら、遊びざかりの子供の事で不安になる事もほぼなく、自分の好きなように買い物ができて、久しぶりに帰りの足取りが軽くなりました。

 

しかも、子供もステップに立って移動できるのが楽しいようで、今までいろいろなコーナーに寄り道して余計なお菓子だなんだを買おうとしていたのですが、カートに乗る事が優先になって無駄買いが減りました。

 

無駄買いしそうになったら「電車(カート)が発車しま〜す」と、ちょっと車掌さんっぽく言うと「ダメダメ!」と小走りでカートに乗り込んできて、またカートの楽しさが上回って、子供も無駄買いしそうになった事を忘れている感じです。笑

 

カートを押しての買い物が嫌いだった夫も、「このカートは楽しい!ラクだ!」とお気に入りの様子で、カートが欲しいとまで言いだしました。

 

お店にあったら買い物がラクだけど、家にあったら邪魔だわ!いらない!と言いつつも、一応、ネットで価格を調べたら1台約4万円でした。

 

消費者目線で、もっとこのキッズステップカートが普及して欲しいと思っても、導入するお店側は経費がかかる事なので、多くのお店でこのカートが見られるのはまだまだ先のような気がします。

 

でも、小さな子供がいるパパママが安心して今までよりもラクに買い物できるようになれば、パパママのストレス軽減や、買い物のほとんどをネットショッピングに頼らなくても良くなるような気もします。

 

キッズステップカートが、地域の活性化や子育て環境を良くするためのきっかけにつながってくれる事を願っています。