ガリガリ君「当たり」の確率とは!パッケージの違いも要チェック?!

先日、ガリガリ君のソーダ味が好きな娘とスーパーに買い物に行ったのですが、娘が手に持っていたガリガリ君を見てビックリ。

 

いつもは袋の中にあるはずの棒が袋の下から突き出ている。

 

もしや購入前に開けてしまったのか?!と思いきや、袋はいつものように、しっかり閉じてある。

 

この時、他のガリガリ君も同じようになっていたのか、確認すれば良かったのですが、私は

 

「きっと、袋の中でアイスが溶けた時に、手に持つ棒までベタベタになってしまうから、棒は外に出す方法に変わったんだ」

 

と勝手に解釈をして、これは新しい!と新鮮な気持ちでお会計を済ませました。

 

この日はとても暑い日で、娘は家に着くまで食べるのを我慢できず、車内でガリガリ君を食べていたのですが、娘の口元を見ていたら棒の様子がいつもと違う。

 

あ、あ、当たってるー!!

 

私は昔、ガリガリ君のグレープフルーツ味が好きでよく買っていたのですが、実は今回、初めて「当たり」を見ました。

 

そこで気になったのが「当たりの確率」

公式サイトで確認してみました。

ガリガリ君の当たりの確率は⁇公式サイトによると…

やはり気になる人が多いのか、ありました。ガリガリ君のQ&A。

 

当たりの確率に対しての質問に対しての回答は

具体的な確率については、申し上げられませんが、景表法という法律に則って、公正に調節し、その範囲内で還元させて頂いている

という事でした。

 

結局、はっきりとした事はわからなかったのですが、自分なりに調べてみました。

「景表法」という法律の範囲内とは

景表法(「不当景品類及び不当表示防止法(昭和37年法律第134号)」)は、本来、重視されるべき商品の質を下げないよう、誇大広告や過剰な景品提供を制限する法律
で、それに基づいた場合ガリガリ君の「当たり」の総額は、「懸賞に係る売上予定総額の2%」となっているそうです。

 

2%ということは…50分の1だから…

 

恐らく、50本に1本の確率で当たりが入っていると思われます。

 

今年に入ってまだ、ガリガリ君は3本しか買っていなかったので、それを考えると今回の当たりはすごい確率。

「当たり」の交換方法

スーパーの駐車場でガリガリ君を食べていて、当たりが出たので、娘と一緒にすぐ店内に交換に行きました。

 

しかしレジが混んでいて、ガリガリ君の60円だけをまた会計処理させるのは申し訳ないな…と思って、サービスカウンターに相談したところ、普通にレジを通さず交換してくれました。笑

 

もう、当たりの分はメーカー負担でお店に入れているので、店側はさらに売上計上したり、サービス分としてマイナス処理する事もしなくていいんですよね。

 

もしレジが混んでいた場合、お店によってはサービスカウンターで交換もできるようです。

箱買いすると当たりの確率さらにアップ?!

当たりで気分を良くした私は「どうせ娘も私も甥も姪も食べるし、箱買いしちゃお〜!」とYahoo!ショッピングで購入する事に。

 

すると「31本+1本」の表示。

 

まさか…31本入りを買うと1本当たりがついてくるの⁈

 

そしたら当たりの確率、50本に1本じゃなくなるじゃん

景表法の2%とかなんとかは大丈夫なの?!

 

と思ったのですが、ガリガリ君は60円シリーズだけじゃなくて、少し価格が高めの「リッチ」という商品があるので、

「当たり」の総額は「懸賞に係る売上予定総額の2%」

この配分関係で色々あるんだろうなと。

 

その辺りは私が心配しなくても、販売元の赤城乳業さんがしっかり法にのっとってやっていると思うので、深く考えるのはやめました。

2019年人気のガリガリ君ランキング☆やっぱり人気は…

ガリガリ君は期間限定の商品も含めて、本当に色々な種類がありますよね。

 

我が家では、ソーダ味をよく購入するのですが、私が昔から好きなのはグレープフルーツ味です。最近のものだとガリガリ君リッチのチョコミントも大好きです。

 

ここで気になったのが、ガリガリ君の人気ランキング。

 

gooランキングさんによると、2019年のガリガリ君人気ランキングは

☆第1位☆ソーダ

☆第2位☆チョコミント

☆第3位☆ピンクグレープフルーツ

☆第4位☆コーンポタージュ

☆第5位☆梨

 

だそうです。

失礼ながら、コーンポタージュが上位なのは意外でした。

でも確かに、甥がコーンポタージュ味がおいしいと言っていました。

 

我が家の冷凍庫に、夫が買ってきたガリガリ君のナポリタン味とたまご焼き味がずーっと入ったままなのですが…

 

なかなか食べる勇気がでません。

 

いろいろな味を考えるのも大変ですよね。頭が下がります。

「当たり」はパッケージが違う?!

ガリガリ君の当たりが出た後も、スーパーやコンビニでガリガリ君を買う機会があったのですが、どのガリガリ君も
袋の下から棒が突き出ていない。

 

そういえば、ガリガリ君が当たって交換してもらった時に渡されたガリガリ君も、いつも通りのパッケージで、棒が突き出たりしていなかった。

 

袋の中でアイスが溶けてしまっても、手に持つ棒のところはベタベタにならないように、パッケージを変えたんだと思っていましたが、多分、違う。

 

もしかして「当たり」だったから?

 

ガリガリ君の当たりは、パッケージの裏側の黒い部分が小さいとか、絵が違うとか、いろいろな噂を聞いた事があったのですが、

私の場合、当たったガリガリ君は袋から棒が突き出ているという、大胆さ。

 

当たりを探しながら買ったことはないのですが、これは目立つ。

 

当たりだったからなのか、製造の工程においてのただのミスだったのかはわからないのですが、こんな「当たり」もあるのだなと。

 

娘はいつも、スーパーでガリガリ君を買う時に、「冷たい!」と言って私に渡してくるのですが、袋から棒が突き出たガリガリ君は、持ちやすいし冷たくないしで、嬉しそうでした。

 

こんな事なら、写真撮っておけば良かったなぁと、ちょっと後悔しています。

未分類
ISHIYA KOTORAをフォローする
kotomama 〜結ぶログ〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました