2017年7月31日と8月1日の2日間、宮城県石巻市にて「2017年第94回川開き祭り」が開催されます。

 

という事で早速、行ってきました!

 

平日にも関わらず、とても賑わっていて、ダラけてしまいそうなくらい外は暑かったのですが、お祭りに来ている人達は笑顔がたえず、暑さに負けない気迫もあって、ある意味、熱かったです。

 

お店を出している人も、遊びに来ている人も、みーんな楽しそうでした!

 

まだ震災の跡は残っており、完全に復興したとは言えませんが、石巻市の人達を見ていると、未来は明るい気がしています。

 

友人が出店をだすという事で、様子見を兼ねて行ってきたのですが…

 

ありました!

 

    ☆電球ソーダ

(「話題の電球ソーダが石巻の川開きで買えます」もあわせてご覧ください。)

 

これは決して、本物の電球にソーダが入っているわけではありません。

 

「電球の形をした容器(キラキラ光るライト付き)」にサイダーとカキ氷シロップが入っているのですが、向かって左側がメロン味で、右側がブルーハワイ味です。

 

Mサイズ(500ml)500円、Lサイズ(700ml)700円だったのですが、私はMサイズを購入しました。

 

Mサイズもなかなか飲みごたえあり!

 

キラキラ光る「電球ソーダ」を持って歩いていると、すれ違う人に

「あのジュース可愛いー☆」とか「それどこに売ってるの?」

と男女問わず聞かれ、子供よりも大人が興味しんしんな感じでした。

 

 

私の2歳の娘も、電球ソーダにはあまり興味を持たず(むしろ触るのを恐れていた)、キラキラ光るオモチャや、キャラクターのバルーンばかり見ていました。

 

お祭りというだけでもテンションが上がりますが、電球ソーダのようにキラキラ光る可愛いらしい物を見ると、さらに楽しさ倍増で、しかも癒されます。

 

電球ソーダは、見た目が可愛いくてSNS映えするから、という事だけが人気の理由ではなく、甘いソーダと優しい光で、人を癒す効果があるという点も、魅力を感じるポイントなのかなと感じました。

 

飲み終わった後は、電球の形をしたプラスチック容器になってしまいましたが、100円ショップで材料を揃えて、可愛いらしい置物を作ろうかな。

 

カラフルな砂を入れたり、小さな植物を入れてもオシャレかもしれないですね☆

 

電球ソーダの容器を持っていると、改めて購入するよりもはるかに安い価格で「おかわり」できるお店が多いので、お祭り期間中は、アレンジなどの手を加えずにいようと思います。

 

スポンサーリンク

本当は夜7時45分から花火もあったのですが、子供をお風呂に入れる都合もあるので、花火は見ずに帰ってきました。

 

その帰り道、約2年ほど会っていなかった友人と偶然の再会。

 

出店が並ぶ商店街のど真ん中で、再会を喜びながら何度も抱き合ったのですが、それを見ていた夫と娘はちょっと引いていました。笑

 

そして、その友人が私の「電球ソーダ」を見て一言。

 

「それ買ったの?電流ソーダでしょ?」

 

電流ソーダって。笑

 

危険すぎるでしょ!笑

 

そんなもん飲めるかー!!

 

 

電流、いや、「電球ソーダ」初体験の私のひと夏の良き思い出でした。

 

 

スポンサーリンク