財布の買い替えに最適な時期に中身を整理して「お金に好かれる財布」を迎える

私は財布にこだわりがなく、ノーブランドだろうがなんだろうが、すごく惹かれる財布に出会った時に、時期や周期を気にせずに買い替えていました。

 

最近、やっと「これだ!」と思える財布に出会う事ができて、こげ茶色の長財布を購入したのですが、その前に使っていた黄緑色の財布の使用年数はなんと7年。

 

時期も周期も考えなしに財布を買い替えている私を見て、風水やタロット占いが大好きで、使う財布にもとことんこだわる友人が言いました。

 

「財布の買い替えって大事だよ?もっと買う時期とか周期とか色とか気にした方がいいよ。」

 

確かに財布にこだわりをもっている友人の生活はすごく充実していて、大変な事もあるとは思うのですが、いつも幸せオーラが全開なんです。

 

それを受けて、私も次の財布は今よりもう少し慎重に買ってみようと思い、財布にはとことんこだわる風水好き幸せオーラ全開の友人にアドバイスをもらいました。

新しく財布を買い替える際のおススメ時期

私は2017年11月8日の仏滅の日に「これだ!」と思う財布に出会い、11月9日の大安にネットで購入し、11月15日の大安から使い始めました。

 

意識したのは六曜(大安・仏滅など)くらいで、買い替えの時期も周期も色も考えナシに新しい財布にしてしまったのですが、友人いわく

 

「購入時期(11月9日)バッチリじゃん!」

 

友人によると、新しい財布を買う時期は

「春=張る」という事で、立春(2月4日ごろ)からひな祭りまで

「秋=実り」という事で、お彼岸(9月20日ごろ)から11月24日まで

が良いのだとか。

 

私は買う時期を意識していませんでしたが、ちょうど実りの秋に財布を購入できていたんですね。

(実際に実っているかどうかは別として)

 

新しく購入したお気に入りの財布が、「実りある財布」になる事を信じて、大切にしていきたいと思います。


買い替え周期の間隔が長いとお金を呼ぶ力も弱まる?!

「気に入った財布になかなか出会えなくて、前の財布を7年ちょっと使った」と友人に話したところ、笑われました。

 

「7年?!小学校1年生の時から中学校1年生まで使ったって事じゃん!笑」

 

その例えもどうなの?と思いましたが…

 

「気に入っているものは確かに長く使いたくなるけれど、できれば財布は3年ごとに変えた方が良い

 

とのことです。

 

なんでも、財布が劣化していくごとに、お金を導く力も落ちていくのだとか。

 

惹かれる財布にめったに出会わないから、3年ごとに替えるのは難しいと答えた私に、友人は

「惹かれる財布は自分から探しに行くの!待ってちゃダメ!」

とブルゾンちえみさんのセリフのような励ましの言葉をくれました。

 

友人は常に欲しい財布があって、しばらく先まで買い替え予定の財布が決まっているそうです。

こげ茶色の財布はあらゆる運気を安定させる

今まで財布はピンク色や黄緑色といった、明るめの色を選んできた私ですが、今回、新しく購入した財布の色は茶色(暗め)の長財布。

 

茶色は

・金運・仕事・健康・恋愛などあらゆる運気を安定させる色

・お金を貯めたい人に最適な色

なのだとか。

 

茶色は植物が成長し、生きていく為には欠かせない存在である土を表し、植物を食べる動物や人間をも育てていく、生命を維持していくのに大切なものである為、運気を育て、安定させる力があるそうです。

 

そして、長財布はお金が体を伸ばしてゆったりと過ごせる事で、住み心地が良い家(財布)だと感じ、財布の中にとどまって浪費を抑えてくれるのだとか。

 

「この家(財布)、住み心地が良いからお前も来いよ!」とお金がお金を呼び寄せてくれるので、貯まりやすくなるというのです。

 

…と言いつつ、アドバイスをしてくれた友人が使っている財布は、白地にカラフルな花模様の財布です。

 

茶色の要素、一切ナシ!!笑

財布の中身を整理しないと「お金が入る余地」がなくなる

私は財布の形が崩れるのが嫌で、ポイントカード類は100円ショップで買ったカードケースに入れて財布と別に持ち歩いているのですが、友人はお金以外、一切、財布に入れません。

 

財布の中が、カード類やレシートなどでパンパンになっていると、財布が傷みやすくなるのと、お金が「入りたくないと思う」、もしくは「入る余地がない」と思ってしまい、金運を遠ざけてしまう

からだそうです。

 

だからカードケースを使っているのは正解だよ!と友人に言われたのですが、友人はカードケースを使いすぎていて、いざお店でポイントカードを出す場面でバタバタしていました。笑

 

カードケースの使い方に見直しと改善が必要かと。笑

財布を置く場所によっては金運を遠ざけてしまうことも…

友人に「家に帰ってから、財布をちゃんと休ませてる?」と聞かれ、財布を休ませるという感覚がわからなかったのですが、財布は常にバッグの中で窮屈にしていて、ストレスがたまっているのだそうです。

 

家に帰ってからは、できるだけ

バッグから財布を出して、タンスの引き出しやクローゼットなどの暗いところで寝かせてあげる

のが良いそうです。そして、

バッグごと床に置いていたり、火元に近い所(台所、暖房器具の近く)は金運を遠ざけてしまう

との事。

 

財布をバッグに入れたまま、バッグごと床に置きっぱなしにしている事、よくあります。
金運を遠ざける行為だったんですね。反省。

 

あとは時々、汚れを優しく拭き取ってあげる事も大切なのだとか。

 

確かに友達の財布は、汚れが目立ちやすい白なのに、とても綺麗な状態でした。

黄色もしくは金色の鈴をつけてさらに金運を呼び込む

友人「この財布、あとは鈴をつけたら最高だね。」

 

…鈴?!

 

うちのおばあちゃんも近所のおばあちゃん達も、確かに財布に鈴をつけていたけれど、それは財布を失くさない為にであって…。

 

友人のアドバイスによれば、

ファスナーの部分に、小さくても良いから黄色か金色の鈴をつけると、鈴の音が「こっちに集合〜!」とお金を呼び寄せてくれたり、魔除けになって悪い気を寄せない効果

があるのだとか。

 

そうはいっても

「わかりました!すぐ財布に鈴つけます!」

と即行動するのは迷いがあるので、もしすごく惹かれる鈴に出会えたら、財布につける事を検討してみようと思います。

 

とりあえず今回の財布にはつけずに様子を見ます。

「財布」=「自分の家」と考えると財布を大事に使える

財布を購入してすぐは、大事に大事に扱うのに、時間が経つにつれて財布の扱いが少し雑になってしまう事があると思います。

 

数年ぶりに「これだ!」と思える財布に出会えて、改めて財布を大事にしたいなと思った私は、財布を自分の家と考える事にしました。

 

ファスナーは家に例えると家の鍵かな?そしたら傷めないように、できるだけ丁寧に開け閉めしようとか、

家の中が不要なものだらけでギュウギュウになったら息苦しいから、お金以外の余計なものを入れずに、綺麗に使おうとか。

 

自然に財布の扱いが丁寧になります。

 

住み心地の良い私の物件(財布)に、どんどん居住者(お金)さん達が増えますように。

(いやらしいな。笑)

 

財布の買い替え周期が3年となると、私は2020年の11月が買い替え時期に当たるので、高価な財布ではなくても、また「大切にしたいと思える茶色い長財布」を選びたいなと思っています。


【番外編】みんなは財布に何を入れているのか

財布を買い替える前、私の財布の中にはお金以外にクレジットカード、キャッシュカード、ポイントカード、診察券、運転免許証、保険証などがたくさん入っていました。

 

ずいぶんとお財布に無理をさせていました。

 

新しい財布に中身を移し替える時に、ポイントカードや診察券は100円ショップのカードケースに入れて、財布を軽量化したのですが…

 

ふと、みんなは財布の中に何を入れているのかが気になりました。

 

そこで私は、ちょっと情報が古いのですが@niftyニュースで2013年10月に公開された「お金以外で財布に入れているものランキング」を参考にしてみたんです。

 

まず女性の場合は

第1位 ポイントカード

第2位  クレジットカード、キャッシュカード

第3位  割引券、クーポン

第4位  レシート、領収書

第5位  保険証

となっているようです。

 

やっぱりポイントカードを入れているのは私だけじゃなかったんだ。

 

ちなみに男性の場合は

第1位  クレジットカード、キャッシュカード

第2位  ポイントカード

第3位  免許証

第4位  レシート、領収書

第5位  保険証、診察券、会員証

だそうです。

 

私の財布の中身は完全に男性寄りというか、男性側のランキングの物で財布の中身が構成されていました。

 

免許証を財布に入れておくのは賛否両論あると思うのですが、(私は財布を落としたら免許証が盗まれるだろ!と家族から注意されました)
使い勝手や安心の意味から、私は最低限、免許証・クレジットカード・キャッシュカード・保険証は、財布に入れていたい派です。

 

財布を使う人が機能性を考えて、整理しながら財布の中身を使いやすいもので揃えていって、愛着を持って使っていくのが良いと思うので、ランキングは参考程度にしてください☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました