2003年の第54回紅白歌合戦に出場し、「SO CRAZY」を披露したのを最後に、紅白歌合戦から離れていた安室奈美恵さん。

 

紅白歌合戦に出場しない理由として、年末は息子さんと過ごすから、海外に行くから、NHKさん側や事務所とのトラブル、左腕のタトゥーなど、これまでに様々な噂が囁かれてきましたが、きっと、自分というものを貫き通せる安室奈美恵さんだからこその理由があるのだと私は思っていました。

 

1995年の初出場から、9回連続出場していた安室奈美恵さんを、紅白歌合戦で見られなくなった事は残念でしたが、「コンサートで生の安室奈美恵を見て欲しい」というスタイルを貫き、実際のコンサートで、一生忘れられないと思えるような最高のパフォーマンスを見せてくれるので、テレビで安室奈美恵さんの歌う姿が見られなくても、寂しいと感じる事はありませんでした。

 

そんな中、2018年の9月16日をもって引退する事が公式サイトで発表された事で、引退前の2017年の紅白歌合戦に出場するのか?しないのか?がしばらく話題になっていましたが、私は出場しないと思っていました。

 

紅白歌合戦に出場するつもりはないので、その代わりに、2017年11月23日にNHK総合で放送された特集番組、「安室奈美恵 告白」に出演したのではないかと。

 

トークが苦手でテレビ出演を控えてきた安室奈美恵さんにとって、この出演自体も色々と葛藤があったと思うし、大きな決断だったと思います。

 

11月に発表された、2017年第68回紅白歌合戦の出場者一覧にも、安室奈美恵さんの名前はなかったので「やっぱりな」と思い、その後も出場してもらえるよう、NHKさんが必死に説得していると知って「きっと無理だよ…」と思っていたら、まさかの特別出演決定。

 

安室奈美恵さん大好きな私にとって嬉しいはずが、なんだか「安室奈美恵」という人がブレてしまったように感じて、複雑な思いでした。

 

でも、2017年第68回紅白歌合戦に出場した安室奈美恵さんを見たら、そんな気持ちよりも、出場を決断してくれてありがとうという気持ちでいっぱいになり、紅白歌合戦で歌う姿を見られて、本当に嬉しく思いました。

 

紅白に出場を決めたのは、きっとファンの為。

 

むしろブレたのは私の気持ち。

 

引退の仕方までも安室奈美恵さんらしいと思って、悲しまないようにしてきたのに。

 

安室ちゃん…やっぱり寂しいよ。

 

スポンサーリンク

2017年第68回紅白歌合戦での安室奈美恵さん

安室奈美恵さんにとって14年ぶりの紅白歌合戦出場、そして最後の出場となる2017年第68回紅白歌合戦。

 

紅組にも白組にも属さない、「特別出演歌手」として11時15分頃、氷川きよしさんの後に生中継で安室奈美恵さん登場。

 

紅にも白にも属さないというところも、安室奈美恵さんらしいですよね。

 

真っ白な衣装で、三つ編みした髪を左肩におろして、緊張した様子で涙をこらえながら時々、笑顔を見せる安室奈美恵さんは、本当に美しくて可愛いらしくて。

 

こんなに美しさと可愛らしさを兼ね備えている女性はいないんじゃないか、と思うほどでした。

 

トークが苦手な安室奈美恵さんが語った思い

安室奈美恵さんと中継がつながる前に、「安室奈美恵25年の軌跡」と題した映像が流れ、それが終わると総司会の内村光良さんの呼びかけで中継がつながり、第一声

 

「こんばんは、安室奈美恵です。」

 

その後、安室奈美恵さんは一瞬、次は何を話そうかと戸惑った様子に見えたのですが、すかさず内村光良さんがこの25年間を振り返ってどうだったかを問うと、

 

「とにかくいろいろ経験させていただいて、充実した25年間になったなと思っています。」

 

この時、声がいつもと違うように聞こえたので、もしかして喉の調子が悪いのかな?!と心配になったのですが、話した後に、笑顔を作りながら左手であおぐような仕草をしていたので、すごく緊張していたか、必死に涙をこらえていたのだと思います。

 

安室奈美恵さんは、最後の出場となる2017年の紅白歌合戦で、NHKのリオデジャネイロ五輪テーマソング「Hero」を歌ったのですが、歌う前に、この曲にはどんな思いが込められているのかを聞かれ、

 

「目標に向かって頑張っている方たちのために応援ソングとして作っていただいた楽曲で、自分自身もすごくこの曲に励まされています。」

 

と答え、最後にファンにメッセージを求められると

 

「いつも応援してくださっているファンの皆様、ありがとうございます。来年の9月に私は引退いたします。私らしく引退の日を迎えたいなと思っておりますので、ぜひ応援よろしくお願いいたします。」

 

この時、また左手で顔をあおぐようにしていたのですが、涙がこみあげている様子がわかりました。

 

歌う姿は「さすが安室奈美恵」

このままで歌えるのかな、最初の声はちゃんと出るのかな、大丈夫かな安室ちゃん…。

 

歌う前にこんな心配をしていた私ですが、歌の出だし「I’ll be your hero」を聞いた瞬間、いらぬ心配だったとわかりました。

 

さすがプロ。さすが安室奈美恵さん。

 

カッコ良すぎでした。

 

最後の紅白で「Hero」1曲を歌うと知った時、正直、メドレーを歌って欲しかったなぁなんて思っていましたが、「Hero」で良かった。

 

まさに、紅白歌合戦のテーマである「夢を唄おう」にふさわしい選曲でした。

 

安室奈美恵さんが見せた涙

歌う前にも何度か、照れ笑いをしながら左手で顔をあおいで涙をこらえていたのですが、歌い終えた後、涙ぐみながら笑顔で手を振る安室奈美恵さん。

 

そして、涙をこらえきれずに左手で口元を押さえて今にも泣き出しそうになったところで中継は終わりました。

 

この中継が終わるタイミングがもう少し遅かったら、私は涙腺崩壊していました。

 

安室ちゃんが泣き出してしまう前に中継が終わって良かった。

 

涙をこらえて安室奈美恵さんを見届けることができて良かった。

 

総司会の内村光良さんが安室奈美恵さんの中継が終わった後、

 

「イモトー!やっぱり安室奈美恵さんかっこよかったぞー!」

 

と言いながらカメラに向かって手を振った姿を見て、なんだか温かい気持ちが伝わってきて、司会が内村光良さんで良かったなと思いました。

 

2018年1月17日追記

第68回紅白歌合戦の視聴率は、安室奈美恵さんが特別出演したにもかかわらず、39.4%でワースト3位と言われています。

 

ただ、安室奈美恵さんが「Hero」を歌った時に瞬間最高視聴率48.4%を記録したそうです。

 

そして、週刊文春恒例のアンケート企画「紅白で良かった歌手」について、16歳~77歳のメルマガ会員、6,600以上に回答を求めたところ、2位以下を大きく引き離してダントツ1位は「安室奈美恵」だったとか。

 

歌手の水森かおりさんが明かした紅白の舞台裏の話では、安室奈美恵さんが出演する時間帯は、エンディングのために出演者たちが廊下に待機していた時間帯だったので、設置されたモニターにみんなでくぎ付けになっていたそうです。

 

平井堅さんは体育座りで見ていたそうなのですが、平井堅さんと安室奈美恵さんは、2014年に「グロテスク」という曲で一緒にコラボしているので、いろいろと思うところがあったのだと思います。

 

安室奈美恵さんも、グロテスクはよくライブで歌っていたので、やはり安室奈美恵さん自身も好きな曲の1つなのかもしれません。

 

私も大好きな曲の1つです。

 

水森かおりさんが「存在の大きさを実感しました」とおっしゃっていましたが、私も本当にそう感じたし、改めて紅白に出演してくれてありがとうと、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

安室奈美恵さんのラストツアーが無事に終えられますように

2018年2月からスタートする、5大ドームツアー(東京、大阪、名古屋、福岡、札幌)。

 

NHKの特集番組で、「引退する時は大きなコンサート会場で引退コンサートをする」という目標があったと語っていましたが、この5大ドームツアーが改めて「ラストツアー」になるんだなと思うと寂しいですね。

 

私は、2012年のドームツアーを最後に、チケットが取れなかったり、出産をしたりで、安室奈美恵さんのコンサートを見に行く事ができていません。

 

でも、「娘と一緒にコンサートを見に行く」という目標はありました。

 

残念ながら、その目標は達成できませんが、ラストツアーのチケットが買える75万人に対して、320万通の応募が殺到したとか、追加公演が決まったなど、ラストツアーだからと無理をしているのではないかと、安室奈美恵さんの体調が心配になります。

 

ラストツアーが無事に終わり、引退後の人生を幸せに歩んでいけるよう、ファンとして陰ながら願っています。

 

ラストツアーのチケットが取れた方は、きっと最高のコンサートになると思いますので、ぜひ楽しんできてくださいね!

 

スポンサーリンク