コロナ禍で不安な中での妊娠・出産。以前とはどう違うのか?立ち合い出産は?

現在、妊娠8ヶ月。

 

なかなか2人目の赤ちゃんを授かることができずにいたのですが、この度コロナ禍での妊娠・出産を初めて経験します。

 

嬉しい反面、以前の出産とコロナ禍での出産はどう違うのだろう?という不安もあり、同じ病院かつコロナ禍で出産した先輩ママに詳しく話を聞いてみました。

 

病院や地域によって多少は異なると思いますが、同じようにコロナ禍で産婦人科の検診・出産を控えている方の参考になれば嬉しいです。

(ちなみに私は東北地方で1番感染者の多い宮城県での出産です)

コロナ禍で大きく変わった産婦人科

このコロナ禍で私は、分娩なしの産婦人科で子宮癌検診を受け、分娩ありの産婦人科で妊娠後の検診と、2箇所の産婦人科を受診したのですが、どちらも今までとは受付方法から大きく変わっていました。

 

【分娩なしの産婦人科】
分娩なしのため比較的、待ち時間が短い産婦人科で妊娠前に子宮癌検診をお願いしたのですが、このコロナ禍で変わっていたことが

入り口自動ドアの電源が切られており、入る際には備え付けられたインターフォンを押して外で看護師さんが来てくれるのを待つ

看護師さんから「1ヶ月の間に外国や他県に行ったり、外国や他県の人との接触はないか?」「身内にもそのような人がいないか?」「熱っぽい咳が出るなどの症状はないか?」を確認され、非接触型体温計で熱をチェック

手を消毒してから受付窓口へ

今までよりも受付から終わるまでの時間はかかりましたが、患者さんや産婦人科で働く方々の命を守るためなのだなと、この徹底ぶりにありがたく感じました。

 

【分娩ありの産婦人科】
私の住む地域は人口の割合に対して出産できる産婦人科が少なく、3箇所しかありません。(しかも1箇所は持病や妊娠中に不安がある方が紹介状をもらって通院・分娩できる総合病院内)

そのため、分娩ありの産婦人科2箇所に集中してしまい、混む事も待ち時間が1時間半〜2時間になるのも当たり前の状況…このコロナ禍で産婦人科内で密になる時間が長いのは不安でした。

 

こちらの産婦人科で以前と大きく変わっていた事は

付き添い不可(車などで待機して外で待つ。ただしママと小さな子供のみでの来院の場合は子供も可)

受付前に手の消毒、顔をかざしてサーモカメラでの検温

院内の待合室にプラズマクラスターを複数台設置

精算機が設置され、帰る際の精算は精算機にて行う

密にならないように院内の座席を増やして間隔を保つようにしつつも、プラズマクラスターやサーモカメラ検温機、精算機などの機器を配備。

 

ここに至るまで大変な設備投資と苦労があったのだろうなと思いました。

立ち合い出産OKの産婦人科の今現状

私が以前からお世話になっている分娩ありの産婦人科では、事前に申請をすれば、問題なく立ち合い出産が可能な病院です。

しかし、このコロナ禍では家族の立ち合い出産はできず、出産を終えたらそのまま自分で分娩室にて携帯から電話連絡をするとの事でした。

 

以前は出産を終えた後、夫が家族に連絡をしてくれて、駆けつけた父・母・祖母も分娩室に入って会話をしたり、赤ちゃんの写真を撮ったりと、すぐに喜びを分かち合えたのですが…。

 

今の情勢を考えれば仕方のない事だとは思いつつも、なんだか寂しいですね。

家族には退院するまで会えないの?

以前は陣痛がきてから分娩室に移動するまではもちろん、陣痛室で夫や母と一緒に過ごす事ができましたが、コロナ禍では陣痛がきても家族とは玄関でお別れだそうです。

 

荷物も看護師さんや助産師さん達に手伝ってもらいながら、陣痛室まで自分で運ぶのだとか。

 

夜中などの出産で、次のご飯を食べるまでに時間がある場合は、軽食を病院の玄関先まで家族に持ってきてもらう事はできるそうなのですが、基本的には家族すら院内には入られないようです。

 

退院するまで家族に全く会えないという産婦人科もあるようですが、私が出産予定の産婦人科では入院期間中の約5日間〜7日間のうち、出産した翌日に15分だけ家族(パパのみ)に会えるそうです。

この15分の間に、以前は出産後すぐ分娩室にて病院のご厚意で撮ってもらった家族写真を、ナースステーションの前で撮り、喜びを分かち合う。

 

入院中の洗濯物も、家族に持ち帰ってもらう事はできず、自分で洗濯をしなくてはいけないので、下着などは余分なくらい多めに用意をしておき、退院時に持ち帰った方が良いとアドバイスをもらいました。

出産予定日の約4〜2週間前にPCR検査(任意)?

私がお世話になっている産婦人科では、希望があれば任意で妊娠36週〜38週頃にPCR検査が無料でできるとの事。

 

強制ではなく任意なので、検査するかどうかは自己判断になるのですが、この検査でもし陽性反応が出た場合は、症状の有無を問わず県内のコロナ感染対応ができる大きな病院に転院をしての出産になるそうです。

※各自治体によってPCR検査が無料ではなかったり、無料で検査ができる期間が決まっていたりする事もあります。

PCR検査は要予約・検査方法は2種類から選択

もし、出産前のPCR検査を希望する場合は、妊娠32週以降に出産予定の産婦人科にて予約が必要との事。

 

検査方法は主に2種類あり

・ 鼻咽頭ぬぐい液による検査
(鼻から綿棒を入れて、鼻の奥の粘液を採取する)
・唾液による検査
(自分で唾液を容器に採取する)

このいずれかの方法を選択して検査を実施するそうです。

※産婦人科によっては検査方法が選択できなかったり、異なる場合があります。


コロナ禍での出産に対して手当や給付金はあるの?

自営業の我が家もそうなのですが、このコロナ禍で多くの家庭が経済的負担を抱えている事と思います。

 

そんな中での出産・育児に対して何か手当や給付金があるのなら、ぜひ申請したいですよね。

 

私の住む地域では、国の特別定額給付金の対象外となった令和2年4月28日から令和3年4月1日までに出生し、住民登録をした子どもを養育している父又は母に対し、「新生児臨時特別定額給付金」として10万円が支給されます。

 

この給付金を受けるために必要な書類は

・申請書
・申請者の本人確認書類の写し(マイナンバーカード、運転免許証等)
・申請者の通帳等(口座番号及び口座名義人がわかる部分)の写し

となっています。

 

申請後、支給の基準を満たしていれば、申請時に指定した金融機関に1か月程度で振込まれるそうです。

※自治体によって支給される金額や支給対象の年月日が異なる場合や、給付金ではなく育児用品(オムツやミルクなど)の提供になるところもあります。

 

私は5月末頃に出産予定なので、給付金支給対象の年月日に変更がない限り、現段階(令和3年3月時点)では残念ながら対象にはなりません。


産後の不安や悩みは1人で抱え込まずに「#いのちSOS」

「産後うつ」という言葉があるように、産前までは何事もなく元気だった人も、産後のホルモンバランスの変化によって精神的不安定になり、出産直後からうつ状態になってしまう事もあります。

 

私の友人も、うつとは無縁と思えるぐらい常に明るく前向きな人でしたが、産後まもなくうつになった時には「死」を何度も口にしており、本当にこのままいなくなってしまったら…と思うと恐怖でした。

 

当時はコロナ禍ではなかったので、友人に寄り添い育児をサポートする事ができましたが、このコロナ禍で以前のように気軽に出歩けない、人と接する機会も減ってしまったとなると、自分も含め、産後うつ状態になってしまうママ達が増えるのではと危機を感じます。

 

家族のサポートが受けられるのであれば、完璧ママを演じないで少しでもサポートを求めたり、不安があれば自治体の保健センターや育児支援センターをぜひ頼って欲しいです。

 

そして「死」を考える前に#いのちSOSという相談窓口があるという事も知っていて欲しいです。

電話:0120-061-338(フリーダイヤル)
毎日 12時~22時(※2021年4月上旬までに24時間対応を予定)

 

コロナ禍で不安を抱えながらの妊娠・出産・育児を経験されるママ達と共に、私も明るい未来が待っている事を願っています。

 

そして、自分にできる感染対策を最大限に行いながらこれからの出産に臨みたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました