2017年8月22日、KDDIがこれまでのEメールドメイン「ezweb.ne.jp」から、2018年4月以降は「au.com」に変更する事を発表しました。

 

以前は「写メール」なんて言葉が流行したくらい、連絡のやりとりにはEメールが利用されていましたが、最近はLINEなどのSNSが普及し、あまりEメールを使わない人が増えてきましたよね。

 

今現在、Eメールをほとんど使っていない人、今後も使う予定が今のところない人にとっては、なんてことないニュースかもしれませんが、au歴17年、auのお仕事にも携わってきた私からすると、1つの歴史が終わるようで、ちょっと寂しいです。

 

そして、今現在Eメールを使っている方!

えっ…私の「ezweb.ne.jp」のアドレスはどうなるの⁈

と驚かれたかもしれませんが、ご安心ください。

 

もう既に「ezweb.ne.jp」を利用している方は、アドレスが変わる事なく、引き続きそのまま使う事ができます。

 

それでは、この「ezweb.ne.jp」終了にあたっての詳細を一緒に確認していきましょう!

 

「ezweb.ne.jp」から「au.com」へ

「よりauブランドと統一性のある」ドメインに…というKDDIの意向から、2018年4月以降に

・新しくEメールアドレスを持つ方

・アドレスを変更する方

を対象に、これまでの「ezweb.ne.jp」の提供を終了し、新たなドメイン「au.com」が提供されます。

※具体的な日程に関しては、改めて案内があるようです。

 

先ほどもご説明したように、既に「ezweb.ne.jp」を利用している人は引き続きそのまま使えるので、問題はないのですが、2018年4月以降に、今使っているアドレスの変更を行った場合は、「au.com」に変わります。

 

また現在、法人向けのビジネスメールアドレスとして、「biz.ezweb.ne.jp」が提供されていますが、こちらも2018年4月以降、新たにメールアドレスを取得する場合は「biz.au.com」が提供されます。

※ただし、現在「biz.ezweb.ne.jp」を契約中の法人様が「追加」のメールアドレスを取得する時は、「biz.ezweb.ne.jp」ドメインになるようです。

 

2017年秋冬モデル以降、より便利な「au メールアプリ」の提供

2017年秋冬モデル以降の「Androidスマートフォン」と「Androidタブレット」にて、これまでのメールアプリよりもさらに便利に使える、リニューアルされたメールアプリが提供されます。

 

具体的に何が便利になるのか

【フィルター表示機能】

Eメールをよく利用する方にとって、数あるメールの中から特定のメールを探すのって結構、面倒な作業ですよね。

 

フィルタ表示機能とは、検索条件を設定して、条件に合った自分が探したいメールのみを表示させることができる機能です。

 

リニューアルされたメールアプリには、電話帳に登録している人からのEメールのみを表示する「アドレス帳登録者メール」、auからお知らせが送られてきた時にすぐわかる「auからのメール」、この2つのフィルターがあらかじめ設定されています。

 

もちろん、自分なりのフィルタ設定をして、メールを表示させる事も可能です。

 

 

【送信者をまとめて表示する機能】

Eメールは基本、新着順に受信メールが表示され、送信した順に送信メールが表示されていきますが、これを送信者別にメッセージをまとめて表示してくれる機能です。

 

送信者別にやり取りしているメッセージの確認ができるので、例えば、同窓会などの連絡をする為に、何人かとEメールのやりとりをしなくてはいけなくなった場合など、誰からどんな返事が来たかを確認するのに、時間短縮ができますね。

 

 

【過去メール自動振分け機能】

受信ボックスにたまったメールの内、受信から90日経過したEメールは、自動で「# 90日以前の受信メール」という別の受信ボックスに移動されます。

 

約3ヶ月前のメールって、よほどの事がない限り、確認する事って少ないですよね。ほとんど確認する事がなくなった古いメールを、別の受信ボックスに移動する事によって、メインの受信ボックスは常に最新のEメールのみが表示されるようになります。

 

 

【自動削除機能】

先ほどご説明した「# 90日以前の受信メール」ボックス内にたまったメールを、自動的に一定期間 (30日、60日、90日) 経過後にゴミ箱へ移動させるという設定です。

 

私、この機能欲しいです…

メルマガとかネットで商品を購入した所から来るメールは、受信するフォルダを分けて登録しているのですが、時間が経つと不要になる事が多くて、今、手動でゴミ箱に移動しているんです。

 

ゴミ箱に移動するメールの数が少なければ、それほど手間ではないのですが、しばらく忘れてまとめて移動する時の手間がちょっと…

 

私なら自動削除機能を30日に設定にして、そのまま放置して、不要メールの処理はメールアプリに頑張ってもらいます。笑

 

リニューアルする「au メールアプリ」の注意点

実はこのメールアプリの新機能、誰でも使えるのかというとそうでもなく、現段階では

2017年夏モデル以前のスマートフォン・ケータイでメールアプリを利用していた方は、引き続き現行のメールアプリでの利用

となります。

 

ただ、iPhoneのiOS標準メールアプリを利用していた人、2017年夏モデル以前のAndroidスマートフォンやタブレットをマルチデバイス設定等により、サーバ保存方式で利用していた方は、「過去メール自動振分け機能」のみ、利用できるそうです。

 

マルチデバイス…?サーバ保存…?ってよくわかりませんよね。

 

例えば今現在、auのスマートフォンで使っているEメールアドレス「ezweb.ne.jp」を、タブレットでも同じように使える設定をする事で、スマートフォンとタブレットの両方で同じメールを確認・利用・管理ができるようになります。

このように、複数の端末で共通して利用する事を「マルチデバイス」といいます。

 

これ、結構便利で私はよく使っていました。

 

スマホの充電がない時に、タブレットでメールの確認をしたり、メールで添付データが送られてきた時、スマホだと確認しづらかったり、開く事ができないデータもあるので、タブレットで添付されてきたデータを開いたりしていました。

 

次に、サーバ保存についてなのですが、例えばauのiPhoneを利用していて、別のiPhoneに番号とEメールアドレスそのままで機種変更をした場合、Eメールの設定を行うと、これまでに受信してきたメールが新しく機種変更した方のiPhoneにどんどん入ってきます。

 

また、auのスマートフォンとauのタブレットで同じアドレスを使ってEメールを共有した場合も、設定が完了するとタブレット側に過去30日分の、スマートフォンで受信していたEメールが入ってきます。

 

これは、サーバにEメールが保存されているからできる事なんですよね。

このような場合には、新しいauメールアプリで「過去メール自動振分け機能」のみ、利用できるそうです。

 

スポンサーリンク

実際「auのメールアプリ」の使いやすさはどうなんだろう…?

2018年1月29日追記

auに携わるお仕事から離れて約2年半が経ちますが…auのお仕事をしていた頃、正直、メールのアプリが変わるとお客様から「使いづらい」「わかりにくい」「前の方が良かった」という声を頂くことがありました。

 

2017年秋冬モデル以降、auのメールアプリが変わると知った時、今度こそ多くの方が満足できる仕様になってくれたら良いなと思ったのですが…。

 

従兄弟が2017年11月に発売された、SOV36というソニーのスマホに機種変更したものの、Eメールの設定や使い方が難しくて面倒だと。

 

確かに操作してみたら、auメールのアプリを押した後の画面が、今までと違った表示方法で、パッと見、シンプルに感じた反面、機種変更する人は見慣れない画面に戸惑うだろうなと思いました。

 

そして従兄弟がいわく、「メールの振り分けもできない」。

 

auのホームページで確認したら、今回のメールアプリは「振分けフォルダの作成」および「振分けフォルダへの振分け」の機能が搭載されていないとの事でした。

 

フィルター表示機能を上手く使ってねと。

 

振分けフォルダを作ってメールを振り分け出来ないのは、私もちょっと困るかも…。

 

ってかそもそも、振分け機能を廃止してしまう必要があったのかな?

 

誰からメールが来たのか、パッと見でわかるし、後から振り返ってメールを確認する時もラクなのに。

 

その他にも、私にとっては便利かもしれないと思っていた新機能「過去メール自動振分け機能」や「自動削除機能」が、過去のメールをさかのぼって確認したい・残したいという方にとっては、逆に困るという事もあるようなんですよね。

 

アップデートによって、改善されていく機能や設定もありますが、もっとauのメールアプリが、利用者に合わせて表示や機能設定を自由に選べるようになったら嬉しいです。

 

お客様の声こそ改善への近道

Eメールの機能に限らず言える事ですが、使っていてあまりにも不便だと感じる事や、仕事などに支障が出る事があれば、どんどんauのお客様センターに声をあげていくのが良いと思います。

 

auのお仕事をしていた頃、auは「販売する人」「機種を開発する人」「機種を作る人」「アプリを開発する人」「基地局を設置する人」など、たくさんの力が1つのauチームを作っているという事を教えてもらいました。

 

そしてその中で唯一、お客様と対面してお客様の声を聞けるのが、「販売スタッフ」であるという事も。

 

だったら機種を作る時や、メールアプリを新しくする際に、1番お客様に近いとされる現場のスタッフの意見を、もっと取り入れていくべきだとも思うのですが…。

 

そんな事をしていたら、キリがないんですかね…。

 

もちろんお客様と唯一、対面できるスタッフに改善点や不満の声をあげる事もできるのですが、正直、お客様からauのお客様センターに直接、意見してもらった方が、改善に取り組むスピードは断然、早いです。

 

むしろ、お客様に声をあげてもらえる事は、携帯会社にとってありがたい事で、悲しいのは、改善できるかもしれないはずの不満をもったまま、黙って解約されてしまう事なんですよね。

 

私もサービス内容や請求内容に疑問を感じたり、東日本大震災以来、電波が悪い状況が続いていた際などに、お客様センターに何度か相談させて頂いた事があります。

 

せっかく縁あって利用している携帯会社なので、不満や不安をできるだけ持たずに使っていきたいと思っているからです。

 

「au.com」でauのメールが身近なものになって欲しい

冒頭で「ezweb.ne.jp」がなくなるのは寂しいかも…なんて言っていた私ですが、正直、「au」と「ezweb」ってイマイチ結びつかないところがあったので、「au」に統一されるのは利用者にとって、わかりやすくて良いかもしれませんね☆

 

Eメールを利用する人がまだ多かった時代に、私はauに携わる仕事をしていましたが、よくお客様が「アドレスを口頭で伝えにくい」とか、「電話でアドレスを読まれてもスペルがわからない」とおっしゃっていました。

 

お客様の中には、「イーゼットウエーブ」や「イーザットウェブ」と認識している方もいらしたり、「アーウーのイーゼットウエーブが〜…(auのezwebが〜…)」と問い合わせを頂いたりする事もあったのですが、今思えばお客様にとって、わかりづらいところもあったかもしれません。

 

ご年配のお客様で、メールを使いたいけれどわからないという方には、紙にアドレスを書いて、上に読み仮名をふって…使い方はこうで…といろいろ教えながら説明する時間も、すごく楽しかったので、「ezweb.ne.jp」が名残り惜しいのもありますが…

 

でもなんか「au.com」って響きも見た目もカッコイイですよね!!笑

 

2018年4月以降、Eメールアドレスが「au.com」になる事で、「教えにくい」とか「長いから面倒」という人が少なくなって、auのEメール機能も利用者が不便だと感じている点が改善されれば、もっとEメールを使いたい、使ってみたら便利だな、と思う人が増えるかもしれません。

 

私も今使っている「ezweb.ne.jp」のアドレスを使わなくても困らない状況になったら、「au.com」の仲間入りをしたいです☆

スポンサーリンク