突然、落としてもいないのに真っ二つに割れた茶碗。

 

切り取り線でもついていたのか?!と思うほど、綺麗に真ん中から割れた。

 

よりによって、2歳の娘が使っている茶碗。

 

昼食を終え、この日は珍しく夫が家にいたので、洗い物を手伝ってくれる事になり、夫が茶碗を洗い、私が拭いて片付ける、という流れで一緒に台所に立っていました。

 

夫が娘の茶碗を洗い、私に手渡した時、どこかにぶつかる事も落とす事もしていないのに、綺麗に真ん中からパカっと真っ二つに割れ、2人でビックリ。

 

朝も娘はその茶碗でご飯を食べて、その後に洗った時もお昼ご飯を食べる時も、何も問題がなかった茶碗なのに。

 

夫「えっ?なんで?割れたんだけど。」

私「えっ!やだ…。悪い事が起こらないといいんだけど…。」

 

落としてもいない茶碗が、突然、真っ二つに割れるのを目の当たりにしたのが初めてだったので、私は娘に何か起きるのではないかと不安になり、ここしばらくは、特に注意して娘を見ていなくてはと思いました。

 

でも、この話をお義母さんにしたら「身代わりになってもらったんだね!」と。

 

たまたま、我が家にお茶飲みに来ていた叔母さんも「運が大きく開ける時かもね!」とプラス発言。

 

考え方や発言をできるだけプラスのものにしていこうと心がけているのに、真っ先に「嫌な予感」を思い浮かべてしまった私。

 

「そうか!茶碗が真っ二つに割れるのは、悪い事だけじゃないんだ!」と、お義母さんと叔母さんの「プラスの発想」に心救われ、ちょっと気持ちが楽になりました。

 

ところが…

 

茶碗が割れた日の翌日。

 

夫が人として尊敬していた伯父さんが、夕方、亡くなったと連絡が入りました。

 

原因は「インフルエンザ」です。

 

この日の午前中、夫は伯父さんと電話で話していただけに「なぜ?!」という思いが強く、泣いていました。

 

私もとても良くして頂いた伯父さんなので、突然の事に驚き、涙が出ました。

 

茶碗が突然、真っ二つに割れた事を「身代わりになってもらった」とか、「運が開ける」とか、プラスに考えたいけれど、やっぱり「嫌な予感」の方が当たっていたのではないかと思ってしまう。

 

1年も使っていないのに、真っ二つに割れてしまった娘の茶碗は、「今までありがとうございました。娘に悪い事が起こりませんように…」とお祈りし、捨てました。

 

もしかしたら、茶碗が割れてしまった事と伯父さんが突然、亡くなってしまった事は偶然の出来事だったのかもしれません。

 

でも、いつも以上に車の運転だとか、歩く道だとか、体調管理などに気をつける事は、意識していても損はないと思います。

 

そして、お義母さんに言われた「茶碗が身代わりになってくれた」という言葉を受けて、娘にこれから訪れようとしていた何かしらの災いを、娘の代わりになって持っていってくれたのだと、感謝の気持ちを持つ事。

 

叔母さんに言われた「運が開ける時かもしれない」、という言葉にも期待をし、良い方向に運が開けていく事を願いたいと思います。

 

 

余談ですが…私の車もこのタイミングで壊れました。苦笑

 

もう約15年乗っている車で、今年いっぱいで車検も切れるので、買い替えを検討していた矢先の事ではあったのですが、この車の故障に関しても不思議な事が。

 

私は普段、片道30分くらいの範囲しか運転をしないのですが、この日は午前中に、離れて暮らすおじいちゃんの所(片道1時間)へ娘を乗せて遊びに行ってきました。

 

さらにそこから、色々な所に買い物に行って、何事もなく帰ってきたのですが、夕方、私の車を移動しようとした夫に、

 

「車、なんか変だよ?!ってかよくこの状態で無事に帰ってきたな!」

 

と言われ、どうしたのか聞いてみると

 

・アイドリングの時の回転数が、短時間で勝手に上がったり下がったり激しすぎる

・ブレーキを踏んでも前に進む

 

ブレーキを踏んでも前に進むって怖いと思いませんか?

 

オイル交換やメンテナンス的な事はマメにしてきたのに…。

 

夫は結局、サイドブレーキを引いて車を止めたのですが、娘を乗せて長距離運転をしていた時に、この状態だったらと思うとゾッとしました。

 

運転して車屋さんに行くのはとても危険なので、車を取りにきてくれて、修理してくれる所に相談してみます。

 

茶碗が真っ二つに割れた翌日なんだから、車で遠出も控えるべきだったんですよね、本当は。

 

おじいちゃん、おばあちゃんが、娘と私が来るのを前から楽しみにしてくれていたので、ガッカリさせたくなくて…。

 

おじいちゃんとおばあちゃんの家に行く事は、前から決まっていた事なので、その前日に娘の茶碗が割れたのは、その日に起こるかもしれなかった事故の身代わりになってくれたのかもしれない。

 

周りの人を巻き込んでしまうような事が起きなくて、本当に良かった。

 

本当にこの車の件では、娘共々、守ってもらったのだと思いました。

 

 

「突然、茶碗が真っ二つに割れる」

 

これには

・そもそも物の寿命

・その物と波長が合わない

・何か不吉な事が起こる

・身代わり

・開運

など、様々な捉え方がされており、実際に体験してみて思うのは、当てはまるものだらけで、「どれが正解でどれが不正解というのはない」という事。

 

だったら残るは「開運」のみ。

 

期待しちゃいます。

 

茶碗が割れる事だけではなく、自分が直感的に「これは気をつけなければ!」と思う事があれば、神経質になりすぎないまでも、いつも以上に行動に気を配るのは良い事だと思います。

 

大雪の予報や、インフルエンザの警報が出ている地域もあります。

 

皆様どうぞ、普段の慣れた通勤路でも気を抜かず、体調管理にも十分、お気をつけください。

 

 

スポンサーリンク