日本テレビ系列で放送の仰天ニュースで「鼻に大豆(しかも鼻の中で大豆が発芽)」を入れてしまった女の子が、耳鼻科の先生に泣きながらピンセットで大豆を引っ張り出されるシーンを見て、3歳の娘が一言。

 

「なんか私みたい…。」

(ムンクの叫びみたいな表情とポーズをしながら)

 

そうなんです。我が家も約半年前(娘3歳4ヶ月)に、鼻にビーズ事件がありました。

 

よく子供は口・鼻穴・耳穴にBB弾の玉やビー玉、豆などを興味本位で入れてしまうと聞いていましたが、普段娘とずっと一緒にいる中で、まさか我が家でもそれが起こるとは思いもせず、鼻穴の奥に光るビーズを見た時、一瞬クラッとしました。

 

娘はガチャポンが大好きなのですが、その日に購入したガチャポンの中には、6mmのパールビーズ10個とスライムが入っていて、自分なりにアレンジをしてスライムを作れるというもの。

 

ビーズを触るのは初めてではなかったのですが、綺麗だったのでどんな香りがするのか気になったそうで、鼻に近づけて匂いをかごうとしたら鼻息が強すぎた&指でビーズを弾いてしまい、その勢いで鼻穴に入ってしまったそうです。

(後日の娘談)

 

 

この鼻にビーズ事件の日、すぐ手の届くところに私とお義母さんがいた中で起きたので、まさか?!という感じでした。

 

普段、私だけで娘を見ている時は「ケガをさせてはいけない」という気持ちも強くなって、気を張っているのですが、誰かが一緒に見てくれていると思って油断していたのだと思います。

 

結局は、鼻にビーズが入ってから4時間後にビーズを取り出す事ができたのですが、鼻にビーズが入ってから取り出すまでの事が、どなたかのお役に立てるかもしれないので、お話をさせて頂きます。



子供の鼻に入ったビーズを取り出すまで

※我が家では結果的にビーズを取り出せましたが、危険な行為もありますので、ぜひ耳鼻科を頼る事をオススメします。

 

娘・私・お義母さんと3人で、ままごと遊びをしていた時、娘がご飯を作ると言いながらほんの1分ほど背を向けました。

 

私とお義母さんはその間、二言くらい会話をしていたのですが、背を向けていた娘が右の鼻穴をいじりながら

 

「鼻になんか入った!なんか入った!」

 

と慌てて振り向き、まさか鼻にビーズが入っているとは思わず、「鼻くそかな?」なんてのん気に娘の鼻穴を覗くと、鼻の奥にチラッと白く光るものが。

 

えっ?!と思い辺りを見回すと、ガチャポンに入っていた6mmのパールビーズがあり、そこそこ大きいサイズだったのですが、娘の鼻の奥ではチラリとしか見えない。

 

ゾッとしてクラッとなりそうになり、「お義母さんどうしよう…鼻の奥にビーズ入ってる…どうしよう!」と伝えるとお義母さんも驚き、娘に「鼻フン!フン!ってやってみて!」と鼻息で押し出すように促したのですが、娘は泣くばかり。

 

鼻の上から押し出そうと、鼻の付け根に近いところを軽く触ってみると、痛いのかさらに泣き出す娘。

 

お義母さんが耳鼻科に連絡してくれたものの、土曜日の夕方4時だったのでどこも開いているところがなく、1件だけ夕方5時までだったのですが、「混みすぎて今来ても夜の8時か9時くらいの診察になる。最悪は診察できないかも。」と言われ…。

 

とにかく今できる事をやってみようと思い、自分なりにいろいろと実行してみました。

 

その1.重力と歩く振動を利用する

泣けば鼻水でビーズも下の方に降りてくるかと思ったのですが、それほどでもなく。

 

こうなったら重力に任せてみようと思い、娘を抱いて外に出て、少し足踏みをドン・ドンと強くしながら「ビーズ出てこい!ビーズ出てこい!」としばらく散歩をしてみることにしました。

 

普段は16キロの娘を重く感じるのに、この時は必死すぎて重いなんて思わず、とにかくビーズを出す事に夢中だったのですが、散歩をしながら鼻の中を覗くと、鼻の奥で2割しか見えていなかったビーズが、なんと少し下に降りてきて4割くらい見えるように。

 

これはいいぞと思い、1時間ほど散歩を続けたのですが、それ以上は変わらなかったので家に戻ったのですが、鼻の痛みから解放されたのか、娘はいつも通り元気に笑ったりふざけたりしていました。



その2.鼻穴の片方を指で押さえて閉じてみる

何事もなかったかのように、娘は元気にはしゃいでいたのですが、せっかくチラ見え状態から4割くらいまで見えるようになったビーズが、また奥にいってしまわないかハラハラでした。

 

そこで、娘を膝に乗せながら子供向け番組を見せ、夢中で見ている時に娘の呼吸に合わせて、鼻息が出るタイミングでビーズの入っていない方の鼻穴をパッとふさいでみました。

 

ビーズがつまった方から鼻息を出して、ビーズを押し出そう作戦です。

 

しかし、鼻水が固まり始めて粘着力があがったため、ビーズが固定されてしまい、3回ぐらいやったら嫌がられて逃げられ、失敗に終わりました。

 

3.鼻水吸引器で吸ってみた

鼻にビーズが入ってから2時間経過しており、耳鼻科ではもともと時間外という事もあり受付けしてもらえず、夜間救急に問い合わせたのですが、小児科はあっても耳鼻科はないので、痛い思いだけさせて取り出しはできない可能性の方が高いと。

 

仰天ニュースの再現VTRでは、鼻の奥につまった大豆をお医者様がピンセットを突っ込んで引っ張り出していましたが、耳鼻科でもし対応するとしたらどんな方法なのかを問い合わせてみると、主に

 

・取れそうなら細いピンセットで引っ張る

・吸引器で吸う

 

という手段を取るそうで…。

 

 

この日、救いだったのが娘がお昼寝をしておらず、鼻にビーズ事件で大泣きした為に泣き疲れて、いつもより早く深く眠ってくれたんです。

 

鼻にビーズが入っているのに、気持ち良さそうに眠っていました。

 

これはチャンスと思い、娘がまだ赤ちゃんだった頃に買った鼻水吸引器で吸ってみようと思い、吸引力が強い夫に頼みましたが、吸引口が意外と太いのと、チューブが長い事もあって、なかなか引っ張りだせず。

 

その前に、泣いた時に出た鼻水が固まり、鼻穴のあらゆる所に固まって張り付いていて、ビーズを取り出せそうにはなかったので、赤ちゃん用のピンセットでまずは固くなった鼻くそを取り除く事にしました。

 

4.細いストローで吸引

鼻穴で障害となっていた鼻くそを取り除き、ビーズを確認した所、5割くらいは見えていたのですが、ここからがなかなか取り出せず。

 

鼻水吸引器がだめなら、もっと鼻穴に入りやすいように吸引口が細くて、吸引しやすいものを…と考えた結果、娘がジュースを飲む時に使う、使い捨ての細いストローで吸引する事にしました。

 

もし娘が急に起きても、ストローで鼻穴をさしてしまう事がないように、鼻の粘膜を傷つけずに確実にストローでビーズだけを捉えて吸引できるように、本番前に夫と、急に起きた時にパッとストローを引っ込める練習と、娘の鼻穴に入っているビーズと同じビーズを使って吸引の練習。

 

ストローの平らな方をビーズにあてて、尖っている方を口に入れて吸引したのですが、意外としっかりビーズを吸引できて。

 

夫が50回くらいビーズを吸引する練習をしてから、私と夫が寝ている娘を下から覗き込むような体勢で、私がスマホのライトで鼻穴を照らし、夫がストローでビーズを吸引しました。

 

吸引を繰り返す事30分。ビーズが丸見えの状態になり、もう取り出せる!というところまできました。



5.赤ちゃん用の細い綿棒で弾き出す

もう手前までビーズが降りてきて、ビーズも丸見えなのに、今度は鼻穴にピッタリとビーズがハマってしまい、吸引しても全く動かなくなってしまいました。

 

ちなみにこんな感じです。

(普段、もう少し可愛いのですがこのアングルはなかなかパンチがあります…)

 

もう取り出せる!という状況になった時に、娘にもう同じ事をしてはいけないと教える為に写真を撮りました。

 

ここまでくればすぐ取り出せそうな感じなのですが、指で出そうとすればまた鼻穴に戻りそうな感じだし、ここで娘が起きてしまったら、また鼻に違和感を感じて指を突っ込んでしまいそうな状況だし…。

 

そこで思いついたのが、赤ちゃん用の細い綿棒で弾き出す作戦。

 

大人用の綿棒は、先が太くて丸みをおびていて滑りやすいのですが、赤ちゃん用の綿棒は先が細くて固さもあるので、鼻穴に固定されたビーズを捉えてるのには最適で。

 

鼻穴に綿棒の入る隙間があれば良いのですが、それが全くなかったので、先の細い綿棒でしっかりとビーズを捉え、グッと力を入れて鼻穴の外にピンっと弾き出しました。

 

鼻の奥にビーズが入ってから4時間後の午後8時、無事に6mmのパールビーズ取り出しに成功。長かったです…。




友人の中に、子供が鼻の中に入れてしまったビー玉を記念に取っておいている、という人もいるのですが、私は迷わず娘の鼻穴から出たビーズを捨てました。

 

もう気が休まる時がなかったし、すごく自分を責めたし、不安だったしで、こんな思いは娘にさせたくないし自分もしたくないと思ったので…。

 

鼻に異物が入り咳き込む場合は救急車を

我が家では、ほとんどの耳鼻科が休みで、1ヶ所だけ開いていた耳鼻科も患者さんがいっぱいで受付不可、夜間救急にも耳鼻科がない、という状況だった事。

 

鼻にビーズが入ったものの、元気はあるし呼吸にも睡眠にも支障がない、という事で、結果的に自宅でビーズを取り出す事ができたのですが、鼻の中を傷つけてしまう恐れがあるので、やはり耳鼻科を受診する事をオススメします。

 

特に、鼻に異物が入って咳き込んでいる場合は、気管にまで入り込んでいる可能性もあり、とても危険なので場合によっては救急車を呼ぶべきだと思います。

 

また、最近はボタン電池を使用しているものが身近に多くなっていますが、サイズ的にも子供が鼻や口に入れやすい大きさなので注意が必要なのですが、恐ろしいのが他の異物に比べ、ボタン電池は鼻の粘膜を壊死させてしまう恐れがある事。

 

もし子供がボタン電池を鼻に入れてしまい、自分で行くには遠い所に耳鼻科があるようだったら、迷わず救急車を呼んでいいと思います。

 

今、安易に救急車を呼ぶ事がいけない事だと思われがちで、救急車を呼んでいいのかどうか…と迷ってしまう事があると思います。

 

私も娘が夜に熱性痙攣を起こした時、救急車が頭をよぎりましたが、なんだか呼んではいけないような思いになった事、救急車を待つよりも車で向かった方が近い所に夜間救急があった事もあり、救急車は利用しませんでした。

 

でも、夜間救急の先生から

 

「もし救急車を呼ぶかどうか迷った時は、遠慮せずに呼んでください。今、世間では救急車を簡単に呼ぶなという雰囲気がありますが、119に電話すれば出動すべき内容なのかどうかの切り分けもできますから。親御さんが不安に思うくらいなら、迷わず救急車を呼んでもらっていいですからね。」

 

と優しいお言葉をかけて頂きました。

 

とはいえ、よ〜し!次から何かあったら迷わず救急車を呼ぶぞ〜!という気持ちにはならないのですが、そんなに「救急車を呼んではいけない」と心にブレーキをかける事もないんだな、と思ったら少し気が楽になりました。

 

子供が鼻や口、耳に異物を入れるのは珍しい事ではないとわかっていても、娘はもともとオモチャを口に入れたりもしないし大丈夫だろうと、どこか他人事に思っていた私は今回の鼻にビーズ事件で寿命が縮まる思いでした。

 

子供の行動に「絶対に大丈夫」なんてものはないのだと、娘の鼻にビーズ事件で思い知らされ、どんなものにも危険が潜んでいる事を痛感させられました。