姓名判断結婚後に凶

結婚後に姓名判断が凶になった私。結婚前の大吉だった時に比べて凶の今は…

友人
友人

結婚はさ、お互いの気持ちも大事だけど姓名判断を見て決める事も大事だと思う。

 

結婚して画数の悪い名前になったらその後の人生、大変になるじゃん!

 

ましてや結婚して画数が凶になったら最悪だよねー!

私

それまさに私ですー。

結婚して凶になりましたー。

友人
友人

あっ…(気まずい)。

 

私はこれまで姓名判断なんて気にした事がなかったのですが、占いや風水が大好きな友人の「姓名判断が結婚後に凶になったら最悪」という言葉にちょっと悩まされています。

 

なぜなら、私は結婚前の姓名判断では大吉だったのに、結婚後の名字で姓名判断をしてみたところなんと「凶」だらけになってしまったからです。

姓名判断は本当に当たるのか

そもそもなぜ、私が結婚後の姓名判断で凶になる事を知ったのかというと、新しい姓の印鑑を作るために訪ねた印鑑屋さんで、名前と生年月日をもとに行った無料診断がきっかけでした。

 

ご丁寧に姓名判断の結果を印刷して見せてくれたのですが、凶だらけな上に内容的にもあまり良い事が書いておらず、さすがに黙り込んでしまいました。

 

気まずい空気の中、店員さんに

店員さん
店員さん

あっ…あくまで数ある占いのうちの1つなので!!

気になさらないでください!

そう励まされたものの、その日は印鑑を作る気にはなれず。

 

家に帰ってきてからも気になり、自分で「無料 姓名判断」と検索していくつかやってみたのですがほぼ凶や大凶、良くても吉凶混合。

 

それならばと、旧姓で試してみたところなんと大吉。

 

結婚前と結婚後で結果にこんなにも差があるのかと、ガッカリしました。

 

私の気持ち
私の気持ち

実際、姓名判断で凶の人の人生ってどうなんだろう?

そう思い、結婚後に大凶になってしまったという人の話を聞いてみたのですが、苦労の連続だとか、命に関わるような大事故に巻き込まれたとか、実際に姓名判断通りの事が起こっているという…。

 

何かの間違いであって欲しいと、私が幼い時に交通事故で亡くなった父の姓名判断を最近になってやってみたのですが、吉凶混合で内容が「交通事故に注意」。

 

さすがにちょっとゾッとしました。

 

姓名判断はなんで内容がしっくりきてしまうというか、不安になるくらい説得力のある結果が出てしまうのでしょうか。

私の気持ち
私の気持ち

だからといって、旧姓の方が姓名判断で大吉だから結婚は辞めますなんて夫には言えないしなー…。

 

気の持ちようだよな。

姓名判断で重要視すべきは「人格」と「総格」

姓名判断では主に

●天格…名字の総画数

人格…名字の最後の文字と名前の1番最初の文字を足した数

地格…名前の総画数

外格…名字と名前を合わせた総画数から人格の画数を引いた数
(※名字と名前、どちらかが1文字もしくはどちらも1文字ずつの場合、1文字の方に1を足す。名字も名前もどちらも1文字であれば、2を足す。など、画数計算がちょっと違うようです。)

●総格…名字と名前の合計字画数

この基本「五格(ごかく)」で判断されるのですが私の場合は結婚後、既に天格からして凶。

 

しかし、天格は家柄や晩年の運勢に関係すると言われているものの、名字は祖先から受け継いだものであらかじめ決まっている数なので、ここはあまり気にしなくても良いとの事。

 

むしろ気にしたところで自分でどうこうできる部分でもないからと。
(占い好きの友人と印鑑屋さん論)

私

じゃぁ、どの部分を重要視すれば良いの??

人生に大きく関わるのはどの格なの??

と聞いてみたところ、姓名判断の方法によって様々あると思うのですが「人格と総格」だそうです。

 

人格は、その人の性格や家庭運・結婚運、仕事運など、全体の運を表し、総格は、すべてを総合した運勢で生涯運を表し、特に晩年期に大きな影響を及ぼす

という事から、人格と総格が五格の中でも重要視される事が多く、全ての格を「吉」にするのが難しい場合でもせめてこの2つの格は「吉」にしたいところだそうです。


結婚後「凶」になり「悲運の人生」と言われた私の今

私の旧姓で姓名判断をした場合、人格も総格も「大吉」で

・温和な性格、安らぎを与える性格
・家庭運、子供運良好
・確実に成功を掴む
・家庭運、子供運、健康運に恵まれ、晩年は安泰

など、思わず恐縮してしまうような素晴らしい結果なのですが、結婚して姓が変わってからの私は人格が「吉凶混合」で総格は「凶」です。

 

姓名判断の結果が、大吉から吉凶混合や凶に変わると内容も大きく変わり

・いつも1番でいたい人
・頑固
・健康運が悪く家庭運も崩壊に繋がる恐れ
・幸せになれない悲運の人生
私の気持ち
私の気持ち

……結果に天地の差がありすぎて怖い。

 

旧姓で「晩年は安泰」なんて嬉しい事を言われていながら、結婚後の現在の名字では「悲運の人生」。

 

しかも旧姓では「温和で安らぎを与える性格」と恐れ多い言葉で褒められていながら現在は「頑固」。

 

改姓は人の性格や人生までも変えてしまうのか。

私

人生はともかく性格まで…そんな訳あるかいな!

 

姓名判断よりマイナス思考が不運を呼びそうだから悩むのやーめた☆

姓名判断の結果を受けて、旧姓で大吉だった時と結婚して凶になってしまった今を比べてみたのですが…

大吉だった時に平穏な生活を送っていて、辛い事もそんなになかったのか?といえばそうでもなく。

 

幼い時に父を亡くし、母が再婚後は転校先でイジメにあい、よくわからない病気になり根気強く治療しなければ命が危ないと言われたり、後ろからトラックに轢き逃げされて救急車で運ばれた事もあり…

 

どれも結果、無事だったとしても大吉の人が歩むような穏やかな人生ではなかった気がします。

 

結婚して凶になってから間もなく10年を迎えますが、凶になってからの人生の方が辛い事も少なく、辛さのレベルも姓名判断で大吉だった頃に比べて比べものにならないくらい低いです。

 

ただ、姓名判断で悲運の人生と言われている名字そのままで印鑑を作るのはちょっと気になるので、戸籍上は本来、旧漢字が使われているところを新漢字にして印鑑を作ってもらいました。

 

新漢字だと姓名判断の結果が「凶」よりちょっとだけ良くなるので、普段、支障がない場面での普段使いする印鑑や口座の印鑑は、新漢字の方で作った印鑑を使っていこうと思います。

もしかしたら、もっと年齢を重ねた時に悲運の人生を歩むことになるのかもしれませんが、旧姓の時以上に日常の中でも車の運転などに気をつけ、何か起きても1つ1つ冷静に対応していこうと思っています。

 

また、厄年のお祓いをしっかりしてもらったりお墓参りする回数を多くしたり、災いが小難で済むように神頼みもしながら安心感を得ようと考えている自分もいます。

私

だから私はもう姓名判断の結果は気にしません。


占いは姓名判断だけじゃない

結婚後の姓名判断で凶になり「悲運の人生」なんて言われている私ですが、なんと誕生日占いでは「困難があっても誰かが手を差し伸べてくれる人生」なのだそうです。

私の気持ち
私の気持ち

ありがたやー。

確かに今までたくさんの方々に手を差し伸べてもらってここまできました。

その誕生日占いは、結婚後に新しく作った印鑑を持って郵便局に通帳を新しく作りに行った時に

この生年月日の人は、たくさんお金が入るわけではなくても一生お金に困る事がない。

 

困りそうになっても誰かが手を差し伸べてくれる。

 

そして、良い家庭を築けるタイプで困難も乗り越えていける力がある。

 

あなたを生んでくれた親に感謝した方がいい。

と言われて知りました。

 

結婚後に印鑑を作りに行ったら姓名判断に出会い、通帳を作りに行けば誕生日占いに出会い。面白いですね。

私

誕生日占い、最高。

 

世の中には「〇〇占い」のように、恋愛運や家庭運、金運、人生などを占うものがたくさんあり、自分にとって結果が良くないものもあれば良いものもあるんですよね。

 

数ある占いのうち、自分にとってプラスになれるものを良いとこどりして選択して良いのではないでしょうか。

 

私の場合は浮かれすぎも危険なので、時々は自分を振り返る事や立ち止まってみるためにも、姓名判断で自分は凶なのだという事を心して「そうならないように気をつけよう」と自分に言い聞かせたいと思います。


名前の1文字ごとに込められた思いも大切に

名字1つで姓名判断が大吉になったり凶になったりしている私ですが、名前は祖父と父と母が「丈夫な体でみんなから親しみを持って呼ばれるような名前」を考えて、名付けてくれました。

 

当時は神社で子供の名前をつけてもらう家が多く、祖父も「孫に良い名前をつけたい」と相談に行ったそうなのですが、頂いた名前がしっくりこず、だいぶ悩んで名付けてくれたそうです。

 

画数が良い悪い以前に、名前の一文字一文字に誰かの思いや願い、その文字が持つ意味があるんだという事を大切にしていきたいなと思いました。

姓名判断の結果が悪いことを逆にバネにするのもアリかも

私と同じ名字で名前も同じ画数の友人がいるのですが、友人も初めは姓名判断の結果が悪い事を気にしたそうです。

 

でもその友人は

友人
友人

姓名判断の結果が悪いのは、改名でもしない限り直せないじゃん!

だから今後、辛い事があった時に画数のせいにするの。

 

私、画数悪いからしょうがないか〜って開き直ってその悩みは終わりにする!

そう言いながら、陰では大変な事もあるのだと思いますが、表立っては毎日元気にキラキラ過ごしています。

 

私はこの友人の姓名判断の結果を受け止めつつも、結果の悪さを踏み台にして前に進もうとする姿勢に思わず感心してしまいました。

 

時には友人のように「結果の悪さを踏み台にしつつ前に進む」のもアリだなと、自分にはない友人の発想に学ばせてもらいました。

 

占いの結果を受けて思い悩む事もあるかもしれませんが、どうせなら自分が前向きになれるような占いの捉え方、利用の仕方をしていきたいなと改めて思う今日この頃です。

ISHIYA KOTORAをフォローする
kotomama 〜結ぶログ〜

コメント

  1. むっちゃん より:

    私も、結婚前は、お寺さんに付けてもらった名前だったので、良かったと言うかベストだったのですが、結婚してから大凶に、しかも、交通事故、早死にだったので、気をつけてたのですが、ついに、今年の4月に息子を自転車に乗せて、青信号を横断してた所、信号無視の車にはね飛ばされ、右足首粉砕骨折、もぅ骨が出てて、肉がぐちゃぐちゃで、2週間ICUに入り、恥骨、ちょう骨、股関節、腰は10番、圧迫骨折し、10日間、寝返り禁止、座るのも禁止、2週間後に、やっと手術で、息子は、頭蓋骨骨折で、一緒にICUに入ってました。
    本当に気を付けていても、この結果で‼️
    字画って、怖いと思いましたよ
    来年も、顔はアスファルトを出す切開手術、と足首は、プレートとボルトを抜く手術を2回します
    本当に人生変わります

    • ISHIYA KOTORAISHIYA KOTORA より:

      お身体が大変な中、コメントをくださりありがとうございますm(_ _)m
      コメントを読ませて頂きながら、内容のすごさに思わず顔をしかめてしまいました。
      むっちゃん様も息子さんも命があって良かったとホッとした反面、とても辛く恐ろしい思いをされたことに私も苦しくなりました。
      ましてや信号無視の車だなんて、やるせないです…。

      姓名判断をあまり気にしないようにと思う私も、「悲運の人生」がどうしても気になるのが正直なところで、これまであまり厄払いとかお祓いのようなものはしてこなかったのですが、結婚してからするようになりました。
      しかも私は幼い頃に父を交通事故で亡くしているのですが、むっちゃん様にコメントを頂いて亡き父の姓名判断をやってみたら、「交通事故に注意」と書いてあってちょっとゾッとしました…。

      私も旧姓の時ではありますが、トラックに轢き逃げされた経験があり、その時はケガも大した事なく終わったのですが、亡き父の件といい、過去の事故経験といい、気をつけなくてはいけないのは確かだと思うので、むっちゃん様からコメントを頂いて改めて気を引き締め直したいと思いました。

      来年に手術を控えていらっしゃるとのことで、まだまだお身体大変だと思いますが、手術が無事成功する事、むっちゃん様と息子さんの人生において、この不運が最後になるよう、祈っています。
      お身体が大変な中、コメントをくださってありがとうございました。感謝致します。

  2. jiro より:

    アイドルの大本萌景は字画なら最高。
    可哀想なことに自殺してしまったけど。
    白石隆浩も人格や総額は立派。
    残酷な殺人犯だけど。
    守谷勇輝も字画は満点。オレオレ詐欺の主犯だけど。

    一方で田中耕一さんは字画イマイチでもノーベル賞を受賞して輝かしい実績を挙げている。

    画数如きで人生変わる訳がない

  3. あかさたな より:

    私も結婚を機に総格30と変わりました。最後の最後に失敗。そして後悔。良い事は続かず寧ろ良い時以上の辛さが待っている…。段々良い悪いのサイクルが早くなって悪い期間が長くなってきてる…。まだ40くらいなのにこの先どうなるのだろうと不安です。
    こちらのサイトで少し気持ちが晴れました。ありがとうございます。

    • ISHIYA KOTORAISHIYA KOTORA より:

      温かいコメントを頂きまして、ありがとうございます。とっても嬉しいです。

      私も40手前で子供も小さいので、結婚後の画数の悪さと内容(悲運の人生)に、正直、不安だらけです(T-T)

      ただ、だったら悲運の人生にならないようにしようと、今まですすんで受診する事のなかった健診に行ったり、厄年には厄祓いをするようになったり、こうしたら危ないかな…と慎重に考えて歩むようになりました。

      そうやって生きるのが良いのか悪いのかはわかりませんが、今まで以上に自分や家族を気遣えるようになった気がします。

      ブログには書かなかったのですが、旧姓で画数的には大吉だった時に、私の名前を見た印鑑屋さんが、「名前の総格が結婚を遠ざけていて30になっても結婚が見えない」って言われたんです。苦笑

      たしかに縁はあってもなんらかの障害がでてしまい、結婚が難しいと考えていた時期だったので、ドキッとしました。

      結果、「名前の総格を印鑑で変えてあげる」と言われ、名前の漢字を少し独特な字体にして画数を変えたものを作ってくださり、その下の名前のみの印鑑を口座の印鑑にしました。

      気の持ちようだと思うのですが、自分としてはその後に運気が上がったので、今でもお守り代わり?というか、いつもバッグに入れています。

      下の名前の画数を変えた印鑑を作る事を推奨しているようで、ブログには書かなかったのですが、結婚して画数が凶になった今も、できるだけ旧姓の時に作った名前のみの印鑑を使うようにしています。笑

      コメントありがとうございました(^-^)
      私こそ、励みになりました。感謝致します(^-^)

タイトルとURLをコピーしました