ラクマとメルカリで出品にハマり、不要になったものを売り続けて、ついに取引き件数が100件を超えました。

 

20196月の時点で、個人的に売れ行きが良いと思っているのが

 

・クーナッツ  シリーズ

(約4.3cmのいろいろなキャラクターをモチーフにした起き上がりこぼし)

・すみっこぐらしの商品

・ガチャガチャの景品

・化粧品(使ってみたけれど自分には合わなかったアイシャドウなど)

 

なのですが、ラクマやメルカリでこれらを出品をする際に、出品に慣れた今でも

 

・送料はいくらぐらい¥になるか?

・送料込みの価格設定はどうしようか?

・発送方法は何を選択すれば良いのか?

 

と送料や発送方法に悩む事が時々あるのですが、その際、「厚さ3cmの壁」と私が勝手に呼んでいる基準もとに判断しています。

 

発送をする際、郵送物の厚さが「梱包を含めて3cm以内」かそれ以上かで、送料に大きな違いがでてくるからです。

 

しかも冒頭でご紹介した、私が最近よく出品し、よく売れていると感じている「クーナッツ」が、まさに「厚さ3cmの壁」をクリアできるかどうかが微妙なサイズで…。

 

私のように、ラクマやメルカリで出品する際に、送料や発送方法の選択に迷うという方の参考に、少しでもなれば良いなという思いを込めて、私が基準としている「厚さ3cmの壁」についてお話をします。

 

私は主に数センチの小さくて薄いもの、数十センチの中ぐらいで厚みがあるものものを出品する事が多く、大きいサイズでの出品経験は今まで100cm以内(幅・奥行・高さの合計が100cm以内)のもののみです。

それを踏まえて参考になりそうだと思ってくださる方に、ご覧いただけると嬉しいです。

 

厚さが「3cm以内」か「3cm以上」かで送料は大きく変わる

ラクマやメルカリで発送する際、送料の安さと家から近い所にあるという理由で、私は郵便局を利用します。

 

送料をできるだけ安くしたいとなれば、「定型内の普通郵便」を利用すると、送料が82円で済むのですが、この定型内の普通郵便で送る事ができるサイズが、封筒のサイズで例えると

 

・横幅(短い辺)9cm~120cm、縦幅(長い辺)140cm~23.5cmのもの

・中身を入れた時に厚さが1cmまでのもの

・重さ50g以内のもの

 

となり、この3つの基準をクリアしなければ「定型内の普通郵便(82円)扱い」にはなりません。

 

これが利用できれば、出品する商品の価格設定(送料込み)も低くできて、相手の方にも安く商品をお譲りできるのですが、私が出品するものは残念ながら「梱包を含めて厚さ1cm以内」をクリアできる小さなものがほとんどありません。

 

次に送料が安いのが「定形外の規格内郵便」で、これを封筒のサイズに例えると

 

・横幅(短い辺)12cm、縦幅(長い辺)23.5cmを超えるもの

・中身を入れた時の厚さが3cm以内のもの

・重さが1kg以内のもの

 

となり、この基準がクリアできれば「定形外の規格内郵便(120円〜570円)扱い」になります。

※「定形外」は重さで送料が変わります。

 

初めの頃、郵便局の窓口で「普通郵便の定型内でよろしいですか?」「定形外の規格内なので◯円になります」「定形外の規格外となると…」と説明される度、

一体、なんの事?!と心の中で思ったものです。

 

 

送料が1番安い厚さ1cm以内の定型内普通郵便がダメなら、次なる目標はこの「定形外の規格内郵便」。なのですが…

 

冒頭でも申し上げた、最近、個人的に売れ行きが良いと思っている「クーナッツ」や、私が出品するものの多くが、梱包を含めて厚さ3cm以内をクリアできるかどうかが微妙なところで

 

ギリギリでも3cm以内をクリアすれば送料は120円。しかし窓口で「3cm以内ではないので定形外の規格外」と判断されると送料は200円かかってしまいます。

 

実際に、いつも120円で発送できていた商品と全く同じものを発送しているのに、「厚さが3cmを超えているので定形外の規格外」と判断されて、過去に2回ほど送料が予定していた120円ではなく、200円になった経験が…。

 

腑に落ちないまま黙って送料200円をお支払いしましたが、同じ商品を送っていても郵便局の窓口によって送料に80円の差が発生。

 

もともと、家にある不要になったものを片付けたい目的でラクマとメルカリを始めたので、利益がどうのではないのですが、この送料80円の差は結構、気になります。

 

320円で販売をしているものが、いつも送料120円で200円プラスになっているのに、送料200円になってしまったら残は120円…

(もともと購入した時の価格や、ラクマ3.5%、メルカリ10%の販売手数料は考慮せず単純計算で)

 

メルカリで販売手数料10%を引かれた上に、この80円の差でいつもより送料が高かった出た時は、本当にガッカリしました。苦笑

 

「厚さ3cm以内」を見極めるアイテムがあると心強い

ラクマやメルカリを始めた頃、「これは送料いくらぐらいなんだろう…」「送料を含めた価格はいくらに設定すればいいのかな…」と悩み、1つの出品にすごく時間がかかっていました。

 

そんな私を見兼ねた夫が、日本郵便さんのホームページにあるサイズや重さごとの送料が表記されている一覧表を印刷して、ラミネートをかけたものと、手作りの厚さ測定定規を作って用意してくれました。

 

出品に慣れてきた今は、大体の送料が予想出来るようになってきて、ラミネートがかかった送料一覧表を見ることはほとんどなくなりましたが、手作り定規は今でもかなり役立っています。

 

その手作り厚さ測定定規がこちらです。

郵送物の大体のサイズと、定規の真ん中に空いている長方形の部分で「厚さ3cm以内かどうか」がわかるという、とても便利なアイテムで、家にあるもので作ってくれたので材料費ゼロ。

 

郵便局で郵送物の厚みを測る時に使っている、プラスチックの厚さ測定定規を参考に作ってくれたようなのですが、ダンボールでも代用して作れそうですよね。

(ラクマやメルカリでもクオリティーの高い厚さ測定定規が販売されています。)

 

いつも郵便局に発送に行く前に、この便利アイテム定規の真ん中にある隙間に郵送物を通してみて、「この3cmの隙間を通ったから厚さ3cmの壁はクリアだ!」とチェックしてから行くんです。

 

今は100円ショップにも、郵送物の厚さを測るためのこんな便利なグッズがあります。

その為、郵便局でも「厚さ3cm以内なので定形外の規格内」と判断され、厚さ3cmの壁をクリアできる事がほとんどなのですが、それでも過去に2回、郵便局でまさかの厚さ3cmの壁クリアならずの時があり…。

 

最初は、あれ?家では厚さ3cm以内クリアだったのに…と思いつつも、素人が作ったアイテムと本物ではやっぱり違うんだろうなと思い、何も言わずにいたのですが、郵便局の窓口で厚さ3cmの壁がクリアできない時の共通点を見つけたんです。

 

窓口の方の計測方法が「目視のみ」。

 

ほとんどの窓口の方は、厚みがあって3cm以内かどうかが際どいので、目の前で厚さ測定定規を使ってチェックしてくださるのですが、窓口で対応してくださる方の中には目視のみで

 

「厚みがありますので定形外の規格外となり、200円です。」

 

と言う方もいます。

 

この状況に腑に落ちないな…と思いながらも2回は黙って言われるがままお支払いしたのですが、3回目に同じ事があった時は

 

「すみません…私いつも全く同じ商品を120円で送っていて…。申し訳ないのですが、一度、厚みを測ってみてもらえませんか?一応、家でも厚さ3cmかどうか測ってから持ってきているので…。」

 

とちょっと言わせてもらいました。

 

結果、「厚さ3cmの壁」をクリアし、送料120円になりました。

 

 

郵便局の窓口の方は、たかだか80円くらいの差で…と少しイラッとしたかもしれないのですが、過去2回の時も黙っていないで同じように伝えてみれば良かったかなと思いました。

 

厚さ測定定規があって本当に良かったです。

 

これからもラクマやメルカリで出品していく予定ですが、この便利アイテム「厚さ測定定規」は大切にしてフルに活用していきたいと思っています。

 

「厚さ3cm以内」かつ「重さが100g超え」におススメの発送方法

私は基本、送料が安いので郵便局から「普通郵便」として、出品したものを発送していますが、気をつけなくてはいけないのが「重さ」です。

 

「厚さ3cm以内」をクリアして比較的、送料を安くできたとしても、重量制となっている為、重さがあると結構な送料になります。

 

〈定型外郵便(規格内)の例〉

※規格内は、長辺34cm以内、短辺25cm以内、厚さ3cm以内および重量1kg以内

50g以内 120円

 

もし、厚さが3cm以内でも「重さが100gを超えるもの」は、送料が安い「普通郵便で定形外の規格内」でも最大で570円、送料が発生します。

 

その為、重さが100g以上1kg以内のものは

「かんたんラクマパック」

「ゆうゆうメルカリ便」

といった、各社で提供している発送サービスを利用する事をオススメします。

 

このサービスの良いところは、定形外郵便(規格内)のサイズなら、下の表のように全国一律の送料(税込)でお得に発送する事ができます。

 

かんたんラクマパック 179円

※ラクマパック、メルカリ便を利用する際に「ヤマト」と「日本郵便」どちらかを選択できますが、送料が安い「日本郵便」でご案内しています。

 

出品を始めて間もない頃、100円ショップで購入した簡易的な計量器を使って重さを計って、夫が印刷してくれた日本郵便のホームページに記載されている料金表を見て…と一生懸命、丁寧に作業していたのですが、今はザックリ計量です。

 

というのも、家で使う計量器よりも郵便局で使っている計量器は精密のようで、家で重さを計ってから行っても、郵便局で計ってもらうと少しプラスになるんです。

 

「100g以内だから120円で発送できる!」と思って行ったのに、郵便局で計ってもらったら微妙に100g超えていて、窓口で送料205円を支払うハメになったり。

 

100gの目安としては1円玉(1g)が100枚分ですが(逆にわかりにくい。笑)、私は数グラムの誤差が出る事を予測して、家の計量器で95gを超えるものは普通郵便ではなく、ラクマパックやメルカリ便を利用します。

 

文庫本でも約150gくらいはあるので、意外と100gってスグなんですよね。

 

100gを超えない軽いものに関しては、やはり普通郵便を利用した方が安いのですが、ラクマパックやメルカリ便の良い所は、全国一律の送料だけではなく

 

・宛名書き不要なので手間なし

・匿名配送ができて出品者・購入者ともにプライバシーが守られる

・配送状況が確認できる

・配送時のトラブル時にサポートあり

 

という点があります。

 

もし、100gを超えない商品を発送する際も、約60円の送料の差よりも普通郵便で送る時に宛名書きが面倒だとか、お互いのプライバシーを守りたいという場合に利用するのも良いと思います。

 

配送状況を確認できるので、取引きするにあたって、相手方と「受け取っていない」などのトラブルを防ぐための手段にもなります。

 

現段階では、私は送料が安い方を優先してしまい、「100g以内は普通郵便」「100g超えはラクマパックとメルカリ便」と大きく切り分けて出品していますが、最近は取引き相手の事を思うと、プライバシーが守られて配送状況も確認できた方が良いのかなと考えたり…。

 

いずれは基本、ラクマパックやメルカリ便を積極的に利用する方向にしていく必要があるかもしれません。

(でも薄くて軽いものの出品は、やっぱり普通郵便が安いんですよね〜…)

 

厚さ3cmを明らかに超えるものは「定形外(規格外)」もしくは「ラクマパック」「メルカリ便」

ゲームセンターで取ったぬいぐるみや、少し大きめのガチャガチャの景品などを出品する事もあるのですが、それらはもう明らかに厚さ3cmオーバーなんです。

 

こんな時はザックリと「あ、定形外の規格外だからちょっと送料高くなるな」と考えを切り替えます。

 

〈定型外郵便(規格外)の送料〉

50g以内 200

 

こちらもやはり「重さ」によって送料が大きく変わってきます。

 

先日、肌に合わず数回しか使っていない化粧品(オールインワンゲル)を出品し、売れたのは良いのですが送料を340円で見積もっていたのに郵便局では258gと計量され、たった8gオーバーでまさかの送料500円。ちょっとショックでした。苦笑

 

定形外の規格外は送料の刻み幅が大きい…。

 

定形外の規格内サイズ(A4サイズまで・厚さ3cm以内・重さ1kg)では、重さが100gを超えるものはラクマパックとメルカリ便を利用する事をオススメしましたが、定形外の規格外サイズであれば、

 

「厚さ3cm以上で重さが1kgを超える中型〜大型のもの」

※重さ25kgまで

はラクマパックとメルカリ便の利用をオススメします。

 

郵便局でも、中型〜大型サイズを「ゆうパック」というサービスを利用して送る事ができるのですが、荷物の大きさとどこの県に発送をするかで送料が変わります。

 

ゆうパックでも持込みで120円の割引、スマホ割を利用で180円の割引などはありますが、それでも出品する時には、どこにお住まいの方が購入してくださるか事前にわからないので、送料の予測が難しく、送料込みで価格設定するのが難しい…。

 

(送料別でも出品はできますが、「送料が高すぎる」とか「事前に伝えられていた送料と違う」というようなトラブルが多いようなので、私は送料込みでの出品のみ)

 

そんな事もあり、「厚さ3cm以上で重さが1kgを超える中型〜大型のもの」を送る時は、送料が全国一律のラクマパックやメルカリ便の利用がオススメです。

 

ただし、ラクマパックやメルカリ便でも厚さ3cm以上の中型〜大型の荷物を送る時には、厚さ3cm以内の時のように全国一律で送料約180円というわけにはいかず、

梱包資材を含めた荷物の縦(cm)・横(cm)・高さ(cm)の合計(cm)

によって送料が変わります。

 

【ラクマパック】※170(cm)サイズまで

60サイズ(cm) 800 円
80サイズ 900 円
100サイズ 1,150 円
120サイズ 1,350 円
140サイズ 1,500 円
160サイズ 1,500 円
170サイズ 1,500 円

 

【メルカリ便】※100(cm)サイズまで

 

60サイズ(cm) 700円
80サイズ 800 円
100サイズ 1,000 円

ラクマパックやメルカリ便なら、あらかじめ出品サイズ(梱包を含めて)さえわかっていれば送料の予測ができ、全国一律になるので、購入者の方がどの県に住んでいても安心してお取引きができます。

 

中型〜大型の荷物は必ずダンボールじゃなくてもOK

60(cm)サイズとか100(cm)サイズの発送となると、きちんと縦(cm)×横(cm)×幅(cm)の合計(cm)が計れるダンボールに入れて送らなきゃいけない、面倒くさい…と思いませんか?

 

実は私は最近まで、中型〜大型の荷物を発送する際の「◯◯(cm)サイズ」というのは、ダンボールなどの箱がありきでの話だと思っていたんです。

 

うまくサイズが合うダンボールをスーパーなどで無料でもらえたり、わざわざダンボールを買わなくても用意ができれば良いのですが、正直、面倒くさくてあえて大きめのものは出品せずにいました。

 

でも「◯◯サイズ」で発送する際に、サイズ内であれば梱包資材に指定はないので、紙袋や封筒などに入れての発送も可能だという事を最近になって知り。

 

衝撃吸収のプチプチや、封筒、マチ付きの紙袋は普段の出品用にたくさん用意しているので、ダンボールに入れての発送が面倒だから出品していなかった商品を、思い切ってプチプチ+マチ付きの紙袋で梱包し、60(cm)サイズで送ってみました。

 

送る事ができました!

 

ただ、100(cm)サイズなどの大きめのものを発送するとなると、なかなかそのサイズの紙袋がないので、以前、Amazonで購入した時に商品が入っていたダンボールを使いました。

 

中型〜大型で重さがあるものの発送は、ダンボールを使用しなくても可能ですが、商品が精密機械だったり少しの衝撃で壊れてしまう恐れのあるものは、やはりダンボールに入れて送るのが出品する側・購入する側にとって安心できると思います。

 

私は出品する時に、面倒でもその商品ごとに「プチプチで包んでから紙袋に入れて発送します」など、どう梱包して送るのかを必ず表記し、購入者さんに事前にお知らせしています。

 

同じような商品の「価格」「発送方法」をチェックしてみるのも◯

出品する前に、これから出品しようとしている商品がどのくらいの価格で売られていて、発送方法(普通郵便・ラクマパック・メルカリ便など)はどれを選択しているのか、他の方の出品ページを見る事はとても参考になります。

 

この商品はだいたい普通郵便(定形外)で発送されているんだなとか、この商品になるとラクマパックが良いのか…など、自分が予定している発送方法はどうなのかを確かめる事ができます。

 

その上で、えっ?!この安さでこの発送方法だったら手元にほぼ残らないよね?!というのも含めて勉強になります。

 

価格設定もピンからキリまでですが、これから出品する商品と同じものや似たようなもので、すでに売れている方のページを参考にして、その中で安い価格とまずまず高い価格の間をとって設定しています。

 

…こんな事を言っていながら、数日前にこの作業をせずに、慣れたふりして人気キャラクターの人形3点セットを出品したら、出品した数分後に売れて。

 

あまりの早さに、なんだ?!と驚きながら出品したものや他の方の出品状況を見直したら、私が出品したのと同じ人形が、安くても1体900円くらいで売れている状況なのに、なんと私は3体650円で出品していたんです。

 

大特価もいいとこですよね。そりゃ欲しい人は飛びつきますよね。

 

しかも定形外の規格外サイズで重さが139gあったので、送料290円…。

 

こまめにチェックしている人がたくさんいるので、出品までの作業に慣れからくるうっかりミス(特に価格設定)は禁物だなと、お取引き100件を超えた今、改めて気づかされました。

 

調子に乗った自分にガッカリしましたが、購入してくださった方から「丁寧な対応をありがとうございました。子供がとても喜んでいて、人形を離しません。」とメッセージを頂き、嬉しくなってガッカリ気分がリセットされました☆

 

フリマアプリを利用中の方も、これから利用する予定の方も、どうぞ「慣れ」には気をつけて、出品を確定する前にもう一度よく内容を確認してから出品なさってください。