この記事ではアフィリエイト広告を利用しています。
【PR】
商品情報

マル賢(マルケン)みかんといえば石巻!なぜマル賢は石巻で愛され続けるのか

「マルケンのみかん」はなぜ石巻で有名なの?

 

40年以上も前から、宮城県石巻市では11月下旬になると多くのスーパーに並び、年末の贈答品としても使われる

マルケン(正しくは◯の中に賢と書いてマル賢)のみかん」。

このマル賢のみかんは石巻の冬の風物詩と呼んでもいいくらい、冬に当たり前にあるものなので、「マル賢のみかん」は全国共通用語だとずっと思っていました。

 

ところが、マル賢のみかんが大量に並ぶ様子をお店で見ることも、マル賢のみかんを食べる事も当たり前ではなく、石巻ならではの事だったと知り衝撃。

 

さらに衝撃なのは、石巻で有名なマル賢みかんは、石巻の会社が作ったみかんでも石巻で生産したみかんでもなく、

(株)マルケンみかん(生産農家28軒で作った組織)さんが、和歌山県有田川町賢(かしこ)地区で生産したみかんなのです。

ではなぜ、この和歌山県産のマル賢みかんが石巻で冬の風物詩として有名となり、40年以上も愛され続けているのでしょうか?

 

まず大きな理由として、和歌山県有田川町賢地区で(株)マルケンみかんさんが生産したみかんが出荷されるのは

⚫︎宇都宮市中央卸売市場
⚫︎石巻青果花き地方卸売市場

この2か所のみと出荷先が限られているから。

 

そして、特に石巻でマル賢みかんが強く根付いている理由としては、「石巻人が好む味のみかんとして作られているから」です。

マル賢みかんと石巻の関係は40年以上も前から続いているのですが、なぜ出荷先が石巻卸市場と宇都宮市卸市場なのか、はっきりとした理由がわかる記録が残っていないのだとか。

 

ただ、諸説はあるそうなのですが、和歌山でみかんの大暴落が起きた時、東へ東へと出荷し広めていった結果、とくにみかんに対しての支出額や消費量が多かった地域が、この2か所だったのではないかといわれています。

 

私(ことら)
私(ことら)

和歌山のみかんが石巻で冬の風物詩になり、贈答品としても選ばれ続けてるってすごいですよね!

 

次に、「石巻人が好む味のみかんとして作られている」に関してなのですが、石巻で長い歴史を持つ果物専門店、「守谷フルーツ」の店主さんによると

⚫︎マル賢のみかんが有名になる前からの付き合いはあったが、もともと無名で味もそんなに美味しいものではなかった

⚫︎石巻の卸市場の人や店主が「もっと美味しいみかんを」とリクエストし、石巻人に好まれる味を伝え続けた

↓その結果

栽培方法や出荷方法に研究が重ねられ、今のように甘さと酸っぱさのバランスが良いマル賢みかんになったとの事。

 

これに関しては、(株)マルケンみかんの社長さんもテレビで

「石巻に出荷を続けていく中で、石巻の卸売市場の人や消費者さんが、石巻人に好まれるみかんの味を教えてくれた」

と話しており、マル賢みかんと石巻のつながりが、やっとわかった気がしました。

そんなマル賢のみかんは、2023年11月24日(金)から石巻市場に入荷が始まり、年内にかけて525トン(見込み)出荷される予定だそうです。

 

マル賢のみかんが、栃木県宇都宮市と宮城県石巻市の2か所にしか出荷されない事で、他では食べられないレア感のようなものもありますが、それ以前にとにかくみかんの甘みと酸味のバランスが良い!

私(ことら)
私(ことら)

石巻の人は美味しいみかんを食べると「もしかしてこれ、マル賢?」と聞く率高めです。

*個人の見解

 

そして、マル賢のみかんは他のみかんに比べて、値段が倍くらいする高級みかんだと価値をわかっているからこそ、年末の贈答品にしたくなります。

>>>マル賢みかんがなぜ高いのか?公式HPで出荷までの過程を知って納得!

 

この贈答品としても人気のマル賢みかんは、糖度・酸度の割合によって以下のような等級があり、

特選・特秀(箱にSORA2.5の文字)わずか数十〜数百箱しか作るこができない上位数%の選び抜かれた最高級の幻のみかん
特選・特秀(箱に賢宝の文字)マルケンみかんの最高級品であり、選び抜かれた高糖度・高品質みかん
秀品(箱に青字で秀の文字)味、品質ともにブランドの基準に 成っている等級であり、マルケンみかんの中で一番の人気
マルケンみかん(無印の箱)…糖度・酸度ともに優れ、食味は良好
マルケンみかん(緑色でマル賢の文字)…厳しい基準をクリアしているが見た目は無印の箱のみかんに劣る

この等級とサイズ(S・M・L)で値段が異なります。

 

石巻の店舗では、1番人気の秀品(箱に青字で秀の文字)が大量に並んでいる光景をよく見るのですが、秀品(4.5kg入り)を例にとって2023年の価格をみてみると

⚫︎Sサイズ…約4,100円

⚫︎Mサイズ…約4,300円

⚫︎Lサイズ…約3,800円

このような価格相場になっていました。

 

等級が上がればさらにプラス約1,000〜1,500円、等級が下がればマイナス約500円、が価格の目安となっています。

(例: 特選・特秀の賢宝であればプラス約1,000〜1,500円、無印の箱であればマイナス約500円)

 

マル賢みかんはMサイズが1番高いのですが、石巻ではMサイズを贈答品にする人が多く、早く売り切れます。

2023年11月24日(金)に入荷したマル賢みかんは、(株)マルケンみかんの永石睦巳社長いわく

⚫︎今年は雨が少なかったため例年よりもやや小ぶり
⚫︎小ぶりの分、糖度が上がり味が凝縮されている

との事でした。

 

マル賢みかんが石巻に入荷した事によって、店頭にはたくさんのマル賢みかんが並び、それを買う人で賑わい、また活気に溢れた石巻の姿が見られると思います。

これから先も末永く、マル賢みかんと石巻のご縁が続きますように。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント