この記事ではアフィリエイト広告を利用しています。
【PR】
お店情報

鳴子名物「栗だんご」の賞味期限は当日中!鳴子で栗だんごが食べられるお店の口コミを紹介

テレビ番組「秘密のケンミンSHOW」でも取り上げられ、話題になった宮城県の鳴子名物「栗だんご」。

 

栗の甘露煮を柔らかいお餅で包んで、たっぷりのみたらし餡で食べる栗だんごは

⚫︎添加物不使用
⚫︎お餅やみたらし餡がかたくなる
⚫︎栗だんごの持つ美味しさが味わえない

という理由から、賞味期限が当日中!

 

温かいうちに食べることで感じる「栗だんご本来の美味しさ」を、ぜひ本場の鳴子で味わってみてください。

 

鳴子以外のお店では複数個からの販売がほとんどですが、本場の鳴子なら1個から(土日・祝日)買えます。

 

この記事では

⚫︎鳴子で栗だんごが食べられるお店と口コミ(味の特徴)の紹介
⚫︎栗だんごのおおよその値段

についてご紹介します。

 

鳴子で「栗だんご」が食べられるお店と口コミ(味の特徴)

本場の鳴子で栗だんごが食べられるお店と、どのお店の栗だんごが好みに合うのかを選ぶ上で、参考になりそうな口コミ*をご紹介します。*SNS参照

 

宮城県の鳴子方面に観光や出張でいらした際などに、ぜひ本場の鳴子で「温かくて美味しい栗だんご」を食べてみてください。

元祖栗だんごの店「餅処 深瀬(もちどころふかせ)」

住所: 宮城県大崎市鳴子温泉湯元24-2
営業時間: 午前8:00~午後7:00
定休日: 不定休
電話: 0229-83-2146

2023年11月9日(木)に秘密のケンミンショーで、栗だんご発祥のお店として紹介された、明治39年創業の「餅処 深瀬」さん。

看板商品の栗だんごだけではなく、他にも餅菓子や洋菓子も原材料にこだわって製造販売しています。

 

餅処 深瀬さんの口コミ
⚫︎栗の自然な甘さを引き立てるように、みたらし餡の醤油感かつ餡の粘度が強め

⚫︎みたらしとはちょっと異なり、餡は醤油の味がしっかりして甘くない

⚫︎栗が甘さ控えめで、餡とのバランスが良いので美味しい

>>>餅処 深瀬公式サイトはこちら

おみやげの店 なるみ

住所: 宮城県大崎市鳴子温泉字鷲ノ巣87-2
営業時間: 午前8:00~午後6:30
(水曜日は午後5:00まで)
定休日: 不定休
電話: 0229-83-2362

栗が大きいことから、2023年11月9日(木)に秘密のケンミンショーで「大栗だんご」として紹介された、大正9年創業の「おみやげの店 なるみ」さん。

大栗だんごの他にも、栗が入った饅頭やしそ巻きなどの名物、こけしのハーバリウムやマスキングテープなど可愛らしくて珍しい商品も取り扱っているお店です。

 

おみやげの店 なるみさんの口コミ
⚫︎栗が大きくて餡がほどよく柔らかくて優しい味

⚫︎絶品!美味しすぎ!

⚫︎熱々できたての美味しい栗だんごを出してくれる

>>>おみやげの店 なるみ公式サイトはこちら

本舗 一之坂餅屋(いちのさかもちや)

住所: 宮城県大崎市鳴子温泉新屋敷35-1
営業時間: 午前8:00~午後4:00

定休日: 水曜日
電話: 0229-82-2176

鳴子名物の栗だんごやしそ巻を始め、様々な和菓子も取り扱っている人気の和菓子店で、創業180年にもなる「本舗 一之坂餅店」さん。

可愛いらしい看板犬のソラくんも、お出迎えしてくれます。

 

本舗 一之坂餅屋さんの口コミ
⚫︎栗が甘くなくてたれが甘辛で調和がとれていた

⚫︎お餅の味が美味しくモチモチしていてよくのびる

⚫︎小粒な栗の甘露煮が厚い餅にくるまれており、栗の甘味が強めで餅は甘くない

鳴子峡レストハウス

栗だんごは紅葉シーズンのみ販売です。

住所: 宮城県大崎市鳴子温泉星沼13-5-1
営業時間: 午前8:30〜午後5:00頃
定休日: 冬期休業(11月下旬~4月上旬)
電話:0229-87-2050

美しい紅葉で有名な鳴子の峡遊歩道(中山平側入口)にあるレストハウスです。

鳴子は雪深いため、こちらのレストハウスは11月下旬から4月上旬まで冬季休業に入りますが、紅葉シーズンはこのレストハウスからも絶景が楽しめるため、大変、混雑します。

 

鳴子峡レストハウスさんの口コミ

*こちらでは、先にご紹介した「餅処 深瀬さん」の栗だんごを取り扱っているようなので、口コミは「餅処 深瀬さん」を参考にしてください。

鳴子の宿泊施設

前日までに予約が必要ですが、鳴子の宿泊施設でも栗だんごを買うことができます。

⚫︎鳴子ホテル
⚫︎鳴子観光ホテル
⚫︎幸雲閣
⚫︎ますや
⚫︎亀谷
⚫︎吉祥

など

鳴子「栗だんご」の値段目安

栗だんごを販売しているお店によって、値段は違いますが

栗だんご1個あたり130円〜200円程度です。

 

2個入り・5個入り・6個入りで販売されているお店が多いのですが、土日・祝日限定で、1個のみもしくは4個入りの販売をしているお店もあります。

鳴子名物「栗だんご」まとめ

栗の甘露煮をお餅で包んで、たっぷりのみたらし餡をかけて食べる鳴子名物「栗だんご」は、普通のお団子とはちょっと違うということで話題になり

テレビ番組「秘密のケンミンSHOW」でも取り上げられました。

 

⚫︎添加物不使用
⚫︎お餅やみたらし餡がかたくなる
⚫︎栗だんごの持つ美味しさが味わえない

という理由から賞味期限が当日中となっているため、本場の鳴子で美味しい栗だんごを味わうのがおすすめです。

 

もし、遠方に住んでいて鳴子まで足を運べないという方には、鳴子以外でも買えるお店を紹介しています↓↓↓

 

栗だんごを製造しているお店によって、栗・お餅・みたらし餡の味、値段に違いがありますので、ぜひ食べ比べてお気に入りを見つけてみてください。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント